中学受験を社会で成功させるためのスタディアップ教材はこちら

中学受験 日本地理 四国地方について

中学受験での日本地理の四国地方について触れてみたいと思います。

まず、都道府県、県庁所在地を覚えることは必須です。
白地図に、都道府県のほか、平野、山地山脈なども書き込んでみましょう。
高知平野、四国山地、讃岐山脈などがあります。

農業については、その地域の気候や地形などに合わせて、
どのような農業が行われているのかなど特徴をおさえておきましょう。
愛媛県のだんだん畑などは有名ですね。

また社会科ということで工業についてもしっかり把握しておく必要があります。

瀬戸内海沿岸にひろがる工業地域、瀬戸内工業地域は大事なポイントとなるので
よく理解しておくようにしましょう。
日本の重化学工業の発達についても理解しておくといいでしょう。
石油化学コンビナートの発達も大事なポイントです。

また広島県には世界遺産にも登録されている「厳島神社」があります。
「安芸の宮島」として日本三景の一つにもなっているので覚えておくといいでしょう。

地理の分野は覚えることが多いので、繰り返し学習していくことが何より大切です。
地域ごとにまとめて、整理していくとわかりやすいと思います。

ABOUT US

スタディアップ代表
群馬県生まれ、広島県育ち。愛光高校、慶應義塾大学商学部卒業。中学受験 社会科専門塾「スタディアップ」代表。集団授業の社会ライブ講義や、家庭学習で社会の成績を効率良くアップさせる講義CDなどの教材開発、通販を行い、年間2,000名以上の受験生と関わる。

主な著書に『中学受験は社会で合格が決まる』(講談社)、『中学受験“社会”合格への家庭内戦略 』(小学館) などがある。現在創業13年で、その実績はNHKなどのTVや、プレジデントFamilyなどの雑誌等でも多数紹介されている。