中学受験を社会で成功させるためのスタディアップ教材はこちら

中学受験 理科で出てくる天体とは?

中学受験の理科の科目で出てくる天体の問題は、
星の名前や様々な天体のメカニズムが存在し覚える事がたくさんあります。

ここでは中学受験で理科が苦手と言う方のために、
中学受験で出てくる天体とはどんな問題なのか説明したいと思います。

基本的に中学受験で出てくる天体に関する問題は
穴埋め問題と選択式の問題となっています。

地球から観測できる天体とはどんなものかが特に中心となります。
太陽と月の働きは地球にも多大な影響を与える為、
天体とは何かを問う際に最も基本的な問題として出題されます。

中学受験の理科では太陽や月以外にも星座に関する問題も度々出題されています。

星座に関しては構成する星の名前が日本語ではないものも多いため
覚えるのに苦戦する生徒が多く、併せて星座の方角や季節などを
暗記しないといけないため難易度の高い部分となっています。

また学校によっては星座早見盤を利用した問題を出題してくる学校もあります。
星座早見盤に関する問題は暗記だけでは解くのが難しく
実際に使って覚えておくことをオススメします。

このように天体は覚える事が多いため自分の得手不得手を理解し、
反復練習をして用語や関連語句を暗記するようにしましょう。

また天体に関する問題は教科書や参考書を使うだけではなく、
動画や映像作品を利用して天体に関する理解を深めましょう。

天体の動きは三次元であるため教科書の図よりも動画などを見た方が
理解しやすい場合があります。

天体に関する理解を深め、中学受験に備えましょう。

ABOUT US

『中学受験において社会こそがまず最初に固めるべき教科であり、いかに社会を早めに仕上げることこそが合格につながる戦略か。』その理念のもと、野村恵祐が代表を務める日本で唯一の中学受験 社会科専門塾。集団授業形式のライブ講義や、家庭学習で効率良く社会の成績をアップさせるような講義CD・テキストなどの教材通販も行い、年間に2,000名以上の受験生と関わっている。

なお、スタディアップの長年の実績に裏付けられた効果的な社会の学習法は、全国の受験生・保護者様から支持され、『中学受験は社会で合格が決まる』(講談社)、『中学受験“社会”合格への家庭内戦略 』(小学館) などの本が出版されたり、NHKなどのテレビや雑誌などのメディアなどにも数多く取り上げられ、注目を集めている。