中学受験を社会で成功させるためのスタディアップ教材はこちら

中学受験 地理 日本の工業について

工業地帯

地理の分野の中には日本の工業についても含まれます。
日本の工業について勉強するときは、まず工業地帯や工業地域をしっかり覚えましょう。

特に四大工業地帯ともいわれる、中京工業地帯、京浜工業地帯、阪神工業地帯、
北九州工業地帯は日本の工業の基礎ともいうべきポイントです。
それぞれの特色、生産量や出荷量など、細かいところまで学習するようにしましょう。

日本の工業は金属工業・機械工業・化学工業などの重化学工業が中心といわれています。
この重化学工業と四大工業地帯を関連付けながら、日本の工業の特色を
整理していくといいかもしれません。

またこの重化学工業以外を軽工業といいます。
このあたりも含めて学習しておくといいでしょう。

中学受験の社会では、この地理の分野からの出題の割合が多くなっています。

覚えることが多いので非常に大変ですが、その地域と特色を地図などを用いながら
覚えていくようにしてみてください。

非常に重要な分野になってくるので、重点的に学習することをオススメします。

ABOUT US

スタディアップ代表
群馬県生まれ、広島県育ち。愛光高校、慶應義塾大学商学部卒業。中学受験 社会科専門塾「スタディアップ」代表。集団授業の社会ライブ講義や、家庭学習で社会の成績を効率良くアップさせる講義CDなどの教材開発、通販を行い、年間2,000名以上の受験生と関わる。

主な著書に『中学受験は社会で合格が決まる』(講談社)、『中学受験“社会”合格への家庭内戦略 』(小学館) などがある。現在創業13年で、その実績はNHKなどのTVや、プレジデントFamilyなどの雑誌等でも多数紹介されている。