中学受験を社会で成功させるためのスタディアップ教材はこちら

中学受験 地理 日本の農業について

日本の農業について考えてみたいと思います。
日本の農家は、販売農家(主業農家、準主業農家、副業的農家)と
自給的農家に分類されます。

それぞれの特色について、きちんと把握しておくようにしましょう。

中学受験では社会の地理の分野になりますが、
日本の農業についても出題範囲になるので、しっかり整理しておきましょう。
日本国内の農産地とその特色、自給率や国内消費の関係などについても
まとめておくといいでしょう。

各地域で行われている農業の特色や、そこに関連する農業の統計などを
地域ごとに把握しておくことも大切です。

その地域での気候を上手に利用して農業をおこなっていたり、
気候に合わせた農業の特色があるので、地域ごとに覚えるようにしましょう。

地理での勉強の基本はまずは地図です。

基本をしっかりおさえてから、地図で地名や場所をしっかり把握してみましょう。
地名や場所が把握できたら、その地域での農業の特色を関連付けて
覚えていくとわかりやすいかもしれません。

ABOUT US

スタディアップ代表
群馬県生まれ、広島県育ち。愛光高校、慶應義塾大学商学部卒業。中学受験 社会科専門塾「スタディアップ」代表。集団授業の社会ライブ講義や、家庭学習で社会の成績を効率良くアップさせる講義CDなどの教材開発、通販を行い、年間2,000名以上の受験生と関わる。

主な著書に『中学受験は社会で合格が決まる』(講談社)、『中学受験“社会”合格への家庭内戦略 』(小学館) などがある。現在創業13年で、その実績はNHKなどのTVや、プレジデントFamilyなどの雑誌等でも多数紹介されている。