中学受験 社会(歴史)のまとめノートの作り方を徹底解説

中学受験 歴史 まとめノート

中学入試で成功するためには、どんな勉強をすればよいのかというのは誰もが悩むものです。特に社会は知識として身につけなければならないものが豊富にあります。一つひとつを正しく理解して頭にインプットするためには、どうすればよいのでしょう。

効率よく覚えるべきものを身につける方法の一つが、まとめノートを作成することです。とはいえ、まとめノートという言葉だけでは、何をどうまとめていけばよいのかということがなかなかイメージできません。

そこで、今回は社会のまとめノートを作成するにあたり、どのような方法で作成していけばよいのかを紹介していきます。合わせてまとめノートがなぜ必要かを理解することで、ノートの作成方法や詰め込むべき内容が明確になるでしょう。

目次

中学受験 社会(歴史)まとめノートは必要!

中学受験の社会を勉強するにあたり、まとめノートは必要なものです。もちろん、中には作らなくても十分に社会や歴史のテストでよい点が取れるという人もいるでしょう。しかし、一般的には「作らないよりも作ったほうが成績が上がりやすい」です。

では、なぜ社会や歴史でまとめノートが必要なのでしょうか。それは、覚えるべき知識が豊富にあるということが理由です。塾に通っていれば教科書が配布されますし、独学で勉強していても参考書は購入します。しかし、それらは受験に向けて覚えるべき知識がすべて盛り込まれているため、出てくる情報が膨大です。まとめノートには自分が苦手なものや覚えられないものだけを集めています。そのため自分の弱点だけが詰まったオリジナルの世界に一つだけの参考書を作ることができます。苦手な部分だけを反復できるので効率的に勉強することができるため、まとめノートは作っておくほうが望ましいのです。

中学受験 歴史まとめノートを作成する際の注意点

では、具体的に歴史のまとめノートを作成するにあたって注意すべきことは何でしょうか。

最初から頑張りすぎないようにする

歴史のまとめノートは塾で歴史を習っている期間はもちろんのこと、それ以降も受験までずっと使うものです。最初からこだわってレイアウトや色使いなど細かいところまで頑張って書こうとすると長続きしません。そこで、最低限のルールは決めて気を付けて書くようにしながらも、頑張りすぎずに続けることを目指しましょう。

歴史年表をそのまま書き写してしまう

歴史の年表というのは覚えるべきものも多く、年号もなかなか頭に入らず苦戦する人が多いです。そのため、歴史のまとめノートを作るにあたって、年表をそのまますべて書いてしまうという人もいます。年表をそのまま写すのはかなり手間もかかり大変です。さらに、覚えられていないものが何かが一目でわからないため、あまり意味がありません。まとめノートは覚えていないものをピックアップして書くことに意味があります。年表に限らず、ただの丸写し担ってしまうような作業は避けましょう。

デザイン重視で作って満足してしまう

ノートにまとめる際にわかりやすく書こうと図表にまとめることは大切です。しかし、例後にばかりこだわっていると一つのことを書くのにも膨大な時間をかけることになります。それ以外にも大事な部分を囲んだり色を付けたりといったことをし過ぎると無駄な作業が増えてしまいますし、かえってポイントがわかりにくくなってしまいます。デザインにこだわってしまうと書いたことだけで満足して燃え尽きてしまいがちなので、あくまでも見返すノートを作ることを意識しましょう。

中学受験 歴史まとめノートで本当に効果のあるまとめ方

では、効果の出る歴史のまとめノートというのはどういうものなのでしょう。3つのポイントを紹介します。

歴史的背景の知識も書く

ノートにまとめる際、用語を書いているだけになってしまうことがあります。しかし、大事なのは用語を書くことではなく、用語の説明や用語と用語のつながりの部分です。とはいえ、事細かに書いていると書く情報が増えて作業も大変になってしまいます。そこで、メモ程度で構わないので、背景や予備知識といったことも書き加えておきましょう。教科書の言葉を写すのではなく、自分の言葉に噛み砕いて書くと、頭の整理もしながらノートに書き残すことができます。

マーカーを使い分ける

デザインに凝りすぎるのは良くないですが、ある程度色を付けてわかりやすくすることは必要です。そこで、使う色は3色ほどにして使い分けをするようにしましょう。

  • 赤ペンː重要語句(赤シートで消えるペンで書くと便利)
  • 知識ː黄色マーカー
  • 背景ː青マーカー

こういった色分けをしていくと、ノートを見ただけで何がどういう知識化という情報が理解できて便利です。

ゴロ合わせを書き込む

歴史のノートには年表が必ず出てきます。ただ年号の数字と出来事を書いていても頭には入りません。そこで、覚えるためにもマメ知識として語呂合わせも書き込んでおきましょう。一度書くだけでも頭に入りやすくなります。

h2 中学受験のおすすめ社会(歴史)まとめノート!

中学受験をする頃はまだ子どもたちも精神的に幼く、ノート作成も不慣れで思うように作業できず書くのに手間取ってしまうということも少なくありません。どうすれば歴史ノートを効率よく作ることができるのでしょうか。

中学受験の入試本番前はノートにまとめる時間も惜しい

中学受験本番前になるととても忙しく、ゆっくりとノートをまとめるような時間もありません。一度書くことによって頭に入るものもあるので、ノートに書き出す作業はしたいものですが、その時間も惜しいと感じるくらい忙しいです。そこで、ノートを作成する時間がない、その時間もかけられないくらい他のことに忙しいという場合には、ノートを作成しない方法を考えるようにしましょう。

プラチナインプットなら時間短縮&最速で偏差値を伸ばせる

ノートを書く時間がないというときにお勧めしたいのが、スタディアップのプラチナインプットです。この教材は、社会の地理・歴史・公民の覚えておくべきキーワードを777問に厳選。さらに、すべての問題が前年の入試問題から選ばれているという優れた教材です。

テキストに掲載されている問題は一問一答形式になっており、さらに入試問題から覚えやすい形に整文もされています。まとめノートを作らなくても、ノートを作った状態の問題集が手元に入手できるので、作業時間の大幅な削減が可能です。すでにまとめノートがあることで、わからないもののチェックをすることや、追加の書き込みをするだけで、自分に合ったまとめノートに仕上げることができます。

中学受験 歴史まとめノートに関するQ&A

まとめノートを作るにあたって気になる項目を以下にまとめましたのでぜひ参考にしてみてください。

イラストを描くのは止めた方がいいですか?

イラストを描いていると、だんだんとノートをまとめることよりもイラストを描くことに気持ちが向いてしまいますし、作業にも時間がかかります。なのでイラストを描くのはやめたほうがいいでしょう。

もしもイラストが必要な場面があるなら、自分で描こうとせずにテキストや資料集からのコピーで対応するのがおすすめです。最近では自宅にコピー機がある家庭が増えていますし、コンビニでも簡単に印刷ができます。コピーを使ったほうが自分で描くよりも大幅に作業時間も短縮でき、仕上がりもきれいです。学校や塾に行っている間に保護者に印刷を頼めば作業の手間もかかりません。

罫線のあるノートの方がいいですか?

文字を書きやすく、整った仕上がりになるのでやはり罫線のあるノートを使う方がよいです。ただし、受験する学校に記述問題が出題される学校を受けるという場合には、無地のノートを使うのも効果的です。罫線のない場所に何行も文章を書くとなるとまっすぐきれいに書く練習が必要になります。記述問題がない学校を受けるようなら必要のない作業なので、罫線のあるノートを使いましょう。

小学6年生ですが歴史まとめノートを作った方がいいですか?

時期と状況によるため、作ったほうがいいかは人によります。短時間で覚えるべきことを書き出すことができる人なら、小学校6年生からでも歴史のまとめノートを作っても問題ありません。しかし、歴史が苦手であり、なおかつノートにまとめることも苦手であったり、他の科目の負担も大きくノートを書くような時間が取れないという場合には、無理をしてまとめノートを作るべきではありません。できれば歴史の授業を受けている5年生のうちから始め、6年生以降は模試の解きなおし等で必要があればまとめノートに間違えた問題の知識などを追記していくようにするのが望ましいです。

まとめ

今回は歴史のまとめノートについて紹介をしました。歴史は覚えるべきこともたくさんありますし、つながりを理解することが大切です。覚えていない部分、苦手な部分を書き出してまとめる作業をすることで、効率よく復習をすることができる教材を作ることができます。

まとめノートは自分の苦手だけが詰まっているため、自分に合った最高の問題集になる反面、作るのには作業時間がかかります。そこで、もしもノートにまとめるのが苦手だったり、作成する時間が取れなかったりする場合にはスタディアップのプラチナインプットのようなまとめ教材を利用してまとめノートを作成するのがおすすめです。

目次