中学受験を社会で成功させるためのスタディアップ教材はこちら

中学受験 公民 国際連盟と国際連合について

中学受験の社会では、国際連盟と国際連合についても理解しておきましょう。
公民の分野に入ってきますが、とても大事な分野なので、
きちんと整理して覚えることが大切です。

まず、国際連盟と国際連合の違いを整理してみましょう。

第一次世界大戦をきっかけでつくられた国際組織が国際連盟といい、
第二次世界大戦がきっかけでつくられた国際組織を国際連合といいます。

成立過程や加盟国、その役割や機能など、間違いやすいのできちんち違いを
整理しておくといいでしょう。

特に国際連合については、その機関や組織について詳しく覚えておく必要があります。
日本語名とアルファベットの略称名で覚えておくといいでしょう。

非常に難しい分野になるので、自分で表などを作って勉強するのもいいかもしれません。
国際連盟と国際連合を対比しながら覚えていくことで、
より違いがわかりやすいと思います。

今後の影響力も含めて、非常に大切な事項になりますので、
しっかりまとめて把握しておくようにしましょう。

ABOUT US

スタディアップ代表
群馬県生まれ、広島県育ち。愛光高校、慶應義塾大学商学部卒業。中学受験 社会科専門塾「スタディアップ」代表。集団授業の社会ライブ講義や、家庭学習で社会の成績を効率良くアップさせる講義CDなどの教材開発、通販を行い、年間2,000名以上の受験生と関わる。

主な著書に『中学受験は社会で合格が決まる』(講談社)、『中学受験“社会”合格への家庭内戦略 』(小学館) などがある。現在創業13年で、その実績はNHKなどのTVや、プレジデントFamilyなどの雑誌等でも多数紹介されている。