中学受験を社会で成功させるためのスタディアップ教材はこちら

中学受験 公民 日本国憲法について

中学受験での受験科目である社会、特に公民の分野においては
日本国憲法に関する出題も多く見られます。

日本国憲法を見ていくうえでの重要ポイントは、
まず日本国憲法の三大原則(国民主権・基本的人権の尊重・平和主義)を
しっかり理解しておきましょう。

日本国憲法がどのように機能しているか、
国家の仕組みがどのようになされているかなどをきちんと理解することが大切です。
国の政治の仕組みなどの知識をしっかりみにつけておくといいでしょう。

政治関連問題として、日本国憲法の出題の可能性が高くなっているので、合わせて
国会と内閣の関係、地方自治、国際連合などにつても学習しておくといいでしょう。

日本国憲法の第2章の第9条「戦争の放棄」に関する条文は非常に大事ですので、
しっかり覚えていく必要があります。

日本国憲法が公布された年月日。日本国憲法が施行された年月日。
現在の国民の休日についてなども大事です。

まずは基本的な部分をしっかり覚えて、重要ポイントを把握しましょう。

ABOUT US

スタディアップ代表
群馬県生まれ、広島県育ち。愛光高校、慶應義塾大学商学部卒業。中学受験 社会科専門塾「スタディアップ」代表。集団授業の社会ライブ講義や、家庭学習で社会の成績を効率良くアップさせる講義CDなどの教材開発、通販を行い、年間2,000名以上の受験生と関わる。

主な著書に『中学受験は社会で合格が決まる』(講談社)、『中学受験“社会”合格への家庭内戦略 』(小学館) などがある。現在創業13年で、その実績はNHKなどのTVや、プレジデントFamilyなどの雑誌等でも多数紹介されている。