中学受験を社会で成功させるためのスタディアップ教材はこちら

中学受験 社会の年表の覚え方

中学受験の歴史年表

中学受験は、学力試験がメインになりますが、学力試験で出題される問題は、
公立小学校の授業で習う範囲の勉強だけでは足りないほど、出題範囲が広いです。

そのため、小学校で習った勉強を完璧にするだけでは、
到底太刀打ちできるものではありません。

中学受験の社会の学力試験に関しても、効率小学校の授業で習う、
社会の勉強だけでは足りず、さらに上のレベルの学力を持っていることが、
受験生に対して求められるので、子供は大変です。

社会の中でも特に、歴史の年表の部分を苦手としている子供も多いです。
年表の覚え方としては、「語呂合わせで覚える」という方法が一般的ですし、
中には「好きな歌の歌詞に当てはめる」といった方法もあります。
ですから、本人が覚えやすい方法で覚えていくのが一番です。

しかし、中学受験では、ただ単に「年表を暗記していれば良い」というわけではなく、
歴史の流れを掴んでいなければ解けない問題が出題されます。

ですからまずは、年表を覚えるより、歴史の流れを掴むようにします。
歴史の流れの中に入ってくる年表を覚えたほうが、
意外とすんなり覚えられる可能性もあります。

また、年表を含めた歴史の受験勉強に有効なのは、「テレビ」と「マンガ」です。
子供というのは、勉強は苦手でも、テレビとマンガは大好きですから、
歴史を扱ったテレビやマンガを受験勉強の中に取り入れ、夢中にさせる作戦です。

歴史を扱ったテレビ番組は、NHKで放送されていることが多いです。
子供向けの番組ばかりではないため、最初はもちろん難しくて、
なかなか馴染めないかもしれません。

ですが、親御さんも一緒に番組を見て、子供でも理解できるように、
時々解説を入れてあげると、徐々に理解できるようになっていくはずです。

また、歴史を扱ったマンガに関しては、子供向けにわかりやすく、
歴史の流れを解説したものが売られています。

実際、歴史を扱ったマンガを読んだことで「歴史の勉強に興味が持てるようになった」
というケースも多いですし、マンガであれば、苦痛を感じることもなく、
リラックスした状態でも読むことができるので、勉強を苦痛に感じやすい子供には、
尚更向いていると思います。

ABOUT US
『中学受験において社会こそがまず最初に固めるべき教科であり、いかに社会を早めに仕上げることこそが合格につながる戦略か。』その理念のもと、野村恵祐が立ち上げ、代表を務める日本で唯一の中学受験 社会科専門塾。 授業形式のライブ講義や、家庭学習で効率良く社会の成績をアップさせるような講義CD・テキストなどの教材の通販も行っている。現在は創業13年で、その実績はNHKなどのTVや、講談社・小学館などのメディアでも多数紹介されている。