中学受験 計算問題の練習方法とおすすめ問題集10選

中学受験の算数が苦手な人の大半は、算数で一番重要なポイントである計算問題が苦手な傾向が強いです。逆に計算問題が得意な子は、算数が得意で得点が高い人が多いです。

特に中学受験においては計算力がかなり問われます。文章題や図形の解法がひらめいても、計算の速さ、正確さがないと得点につながりません。

そもそも、計算力というのは、素早く正確に計算問題を解く力のことを指します。計算を早く解くことができると時間内に解ける問題、見直しの時間が増えます。また、問題を解く時間が増えることによる心理的負担を減らすことができます。しかも、正確に解くことができると、ケアレスミスによる失点を防ぐことができます。

このように計算力をみがいていくことで、得点となるプラスの要素がどんどん増えていき、得点アップに繋がります。しかし、「計算力をみがいて行くにはどうしたらいいのか?」と疑問に思っている人が多いのではないでしょうか。ただ闇雲に計算問題を解いているだけでは計算力は身に付きません。

そこで今回は、計算問題の練習方法とおすすめの問題集をご紹介します。なお、計算問題に取り組んでおり、計算ミスが多い場合の対処法は、下記のページも参考にして下さい。

では、計算問題の練習方法とおすすめ問題集というテーマで本題に入っていきます。

目次

中学受験の計算問題で大切なことは習慣化すること

中学受験の基礎学力の最重要な計算力を磨く上で最も大切なことは、計算することを習慣化することです。計算問題が苦手な人は圧倒的に計算することに慣れていません。

逆に、計算問題が得意な人は毎日計算問題に取り組んでいます。計算問題は数をこなして慣れて行くことが大切です。そのため、計算することを習慣化して、日頃から計算問題に向き合う時間を増やしていきましょう。


1日5分でも大丈夫です。計算問題を解く時間を決めると良いですね。例えば、寝る5分前、起きてから5分、勉強を始める前に必ず計算問題に取り組むなどルールを決めます。低学年の場合は、親が計算問題を口頭で出題する方法も良いです。口頭で行うことで勉強している感じが薄れ、クイズ感覚で学ぶことができるのでおすすめです。

自信のない子は、一学年下の計算問題に取り組む

計算することを習慣化することが大切であることをお伝えしましたが、計算が苦手な人がいきなり毎日計算問題に取り組むことは難しいです。そういった場合は、一学年下の計算問題に取り組むことをおすすめします。一学年下の計算問題だと苦手な人でも比較的簡単に解くことができると思います。

まずは一学年下の計算問題に取り組んで、計算に対するモチベーションをあげて行くことが大切です。一学年下の計算問題でも意外と間違えることが多いです。良い復習にもなるので算数が苦手な人は必ずそのようにしましょう。なお、一学年下の計算問題でもスラスラ解けない場合はもう一学年下げてください。

一学年下の計算問題を解くことに不安を感じる方も多いと思いますが、計算力は一年生からの積み重ねなので、一学年下の計算問題でも日々積み重ねて行くことで確実に計算力は向上していきます。

計算問題は必ず途中式を書くようにする

計算問題を練習していく上で一番初めは正確さを重視してください。スピードはそこまで意識しなくて大丈夫です。計算を正確に解くためには計算の途中式を毎回丁寧に書くことが大切です。一ケタ同士の計算は関係ありませんが、二ケタ以上の計算では必ず途中式を書くようにしましょう。

計算でよく間違える人ほど途中式を省いて、頭の中で計算しようとします。もちろん頭の中で計算して問題を解くことは大切なことですが、頭の中で考えると自分がどこで間違えているのか、どの考え方がおかしいのか分からなくなります。

間違えた原因がわからないままだといつまで経っても計算力は身に付きません。日々の学習で自分の間違えやすい原因を突き止め、それを意識できるようになると計算に対する苦手意識が少しは軽減していくと思います。

計算スピードを上げるための練習方法

計算問題を練習していく中で間違えることが少なくなってきたら、スピードを意識して問題に取り組んでいきます。スピードを意識する上で大切なことは時間制限を作ることです。時間制限がないといくらスピードを意識しろと言われてもどこかで気が抜けてしまいます。そのため、時間制限を設けて問題を解くようにしましょう。タイマーで目標時間を設定して、計算問題に取り組む方法がおすすめです。

また、時間制限を作らずに解き始めてから解き終わるまでの時間を測る方法もおすすめです。毎回1秒でも早く解き終えるようにゲーム感覚で計算問題に取り組むことができます。解き終えた後は問題の丸付けを行い正答数と時間を記録しておくようにしましょう。計算問題を積み重ねていくことで必ず計算時間は短縮できます。

中学受験の計算問題対策におすすめの問題集10選

「中学入試計算名人免許皆伝―計算問題が速く確実に解けるようになる本(東京出版)」

こちらの問題集はある程度の計算の基礎学習が終わっている人におすすめの問題集です。中学受験に必要な計算問題をスピーディーに解くコツも掲載されています。また、レベル順に分かれているので段階を踏んだ学習が可能です。さらに、1セット10問の練習問題が4セット用意されているので時間を計る学習が行い易く、自分の計算スピードが上がっているかどうか客観的にわかります。

「中学入試 でる順過去問 計算 合格への920問  四訂版 (中学入試でる順) (旺文社)」

こちらの問題集は受験学年の人におすすめの問題集です。近年の入試問題を分析して出題されやすい順番に問題が掲載されているので効率よく計算問題の練習を行うことができます。掲載されている問題数も多いのでこの問題集だけで計算問題は完結できます。徹底的にやり込むことで着実に計算力を伸ばしていけると思います。また、巻頭には、最新の入試傾向とその対策がわかる分析記事がついているので入試を意識しながら問題に取り組むことができます。

「中学入試チャレンジ問題 算数 計算問題 (絶対合格プロジェクト) (増進堂・受験研究社)」

こちらの問題集は難関校の入試問題から分析し、厳選された問題が掲載されています。そのため難関校を目指している受験生は是非とも取り組んでいただきたい問題集です。難しい問題でもくわしい解説が別冊でついています。そこでは、入試本番で役立つ解き方のコツやミスに注意のアドバイスも載っているのでわからないまま進むことはありません。


しかし、単純な計算問題ではなく少しアクセントの効いた難問が多いので、計算力に自信がない人は基礎の問題集を一冊仕上げてから取り組んだ方がいいです。

「中学入試 実力突破 算数 計算と一行問題 基本編: 偏差値55を超える! (中学入試絶対合格プロジェクト)(増進堂・受験研究社)」

こちらの問題集は「中学入試チャレンジ問題 算数 計算問題」の基礎編です。基礎がまだ固まっていない人におすすめの問題集です。毎朝10~15分、ランダムに配列された問題を少しずつ解くことをコンセプトに作られています。ですので、勉強の習慣化ができていない人はこちらの問題集で学習するといいでしょう。

しかし、こちらの問題集は計算問題以外に図形問題、一行問題が掲載されているので計算問題のみを学習したいと言う人にはおすすめできません。

「中学受験 すらすら解ける魔法ワザ 算数・計算問題 (実務教育出版)」

こちらの問題集は計算する時に何を書きながら、どんな順番に計算すればいいのかわからないという人におすすめの問題集です。説明を読み、見本を見て、自分でやってみる、そして、解説や答えを見て修正するという学習サイクルで構成されているので、効率よく計算問題を学ぶことができます。またYouTubeで本書の解説動画を見ることができ、動画の解説でさらに理解を深めることができます。

「中学入試基礎ドリ 算数[計算問題](文英堂)」

こちらの問題集は中学入試によく出る最重要計算を4回くり返し解くことをコンセプトとした問題集です。類似問題を繰り返し解くことで本当の計算力を身につけることができます。また、別冊解答の後に、本冊の縮刷りを掲載しています。コピーして何度でも取り組むことで、苦手な単元の克服にもつながります。計算力を磨く上で繰り返すことは非常に大切です。徹底的に一冊を仕上げたい人には非常におすすめできる問題集です。

「マスター1095題 一行計算問題集 4年 (マスター1095題一行計算問題集シリーズ) (みくに出版)」

こちらの問題集は計算問題が苦手な4年生以上対象の問題集です。基礎的な問題が1095題と多く、1日5分、毎日3題解くように掲載されているので勉強の習慣化にも繋がります。1間ごとにチェック欄があり、間違えたところや、やり残した問題はチェックしておき、早いうちにもう一度解き直すことができます。算数がとにかく苦手な人はこの一冊から始めることをおすすめします。

「チューリッヒ先生の計算問題中学入試対策ゼミ (朝日小学生新聞の学習シリーズ) (朝日学生新聞社)」

こちらの問題集は5、6年生対象とした問題集です。基礎の内容を中心として、多くの小学生が弱点とする部分を徹底的に鍛えることを目的とした問題集です。そのためケアレスミスを抑えながら学習することができます。また類題として、実際の中学入試問題も多数掲載しているので実践を意識して取り組むことができます。

「<教育技術MOOK>陰山メソッド 徹底反復「百ます計算」(小学館)」

こちらの問題集はたし算、ひき算、かけ算、わり算と基本的な計算力を身につける低学年向けの問題集です。算数の偏差値が50以下の人は基礎の基礎が抜けている可能性があるのでこちらの問題集で四則計算を素早く解けるようにしましょう。同じ問題を繰り返し解く構成になっており、問題数もそこまで多くないので短期集中で仕上げるのにピッタリです。

「一生使える! 「本当の計算力」が身につく問題集[小学生版] (大和出版)

こちらの問題集は受験を考えている人全員におすすめできる問題集です。四則計算のアルゴリズムを詳しく解説しています。計算のルールや法則に基づいて基礎から理解できるので納得して問題に取り組むことができます。また、保護者や教師の方がアドバイスしやすい工夫も掲載されているので親も参考になります。親子で取り組んでもらいたい問題集です。

まとめ

  • 計算力を磨くにはまず計算を習慣化する
  • 苦手な場合は一学年下げた問題集を使う
  • 途中式を書きまずは正確さを重視する
  • タイマーを使って問題を解く

いかがだったでしょうか。今回お伝えした内容を踏まえた上で計算問題に取り組んでもらえばきっと計算力が向上し算数が得意教科になります。最後までご覧いただきありがとうございました。

目次