中学受験を社会で成功させるためのスタディアップ教材はこちら

中学受験 算数で出題される計算問題とは?

中学受験算数で出題される単元「計算問題」。
正しく早く計算できるかどうかが求められます。

中学受験算数の計算問題の配点は低いですが、確実に点を取っておきたい単元です。

ただし計算問題はその性質からケアレスミスをする人が多い所でもあり、
可能な限り間違わずに且つ見直しができるように時間配分にも気を付けておきたい所です。

どれだけ間違いを少なくしても、些細な計算ミスや数字の書き間違いは
起きうるため見直しをする癖をつけることが、まずはじめの計算対策となります。

また整数、小数、分数、そして応用の計算ができるようになっておきましょう。

中学受験算数で正しく確実に計算問題が解けるようになるには、
計算の順序をしっかり身につけておくことが大事です。
分かっているつもりが計算ミスに繋がります。

先に計算する部分に( )をつけたり、下線を引いたりして確実性を高めましょう。

特に掛け算、割り算と足し算、引き算を組み合わせた式は
引っかけ問題として出題されやすく、計算ミスをしやすい部分です。
優先順位をしっかり把握し、ミスなく解けるように気を付けておきましょう。

中学受験算数で計算ミスが多い子は、
問題用紙の余白を上手に使うことができません。

字が汚かったり、無駄に大きく書いていたりして、
答えを求めるのを急ぐあまり筆算を書きなぐっていては
ミスをしても不思議ではありません。

整った筆算と分かりやすい余白の使い方で計算力がグッとアップします。
見直しの際にも分かりやすく計算を書いていれば見直しに掛かる手間が大分省けます。

また計算式に関しては中学以降の数学では計算式もきっちり書けるかが
点数に大きな影響を当てる為、なるべく早めにキレイに計算を書ける練習を
始めておきましょう。

中学受験算数の計算問題の応用では、工夫できるかどうかがポイントです。

普通に計算すると面倒な計算が出題されます。
たいてい倍数になっており、分配の法則で簡単に解けるようになっています。

この手の応用問題は難関校になればなるほど出題する傾向にあり、
一種の中学受験におけるふるいのような役割を持っているため、
なるべく過去問を調べるなどして対策を取り、解答できるようにしましょう。

分配の法則で計算出来ればミスも減り時間短縮にもなるため、
この手の問題に慣れさせておくといいでしょう。

また計算問題にはグラフや図を活用して、答えを求める問題もあります。

これらの問題ではどれだけ文章やグラフからヒントを拾えるかが
重要となるため、見慣れない問題が出たからと言って慌てずに
落ち着いてヒントを探すようにしましょう。

また算数で培った計算を解く能力は理科の科目でも生きてくるため
一つの科目に拘らず、万遍なく学習するようにしましょう。

ABOUT US
『中学受験において社会こそがまず最初に固めるべき教科であり、いかに社会を早めに仕上げることこそが合格につながる戦略か。』その理念のもと、野村恵祐が立ち上げ、代表を務める日本で唯一の中学受験 社会科専門塾。 授業形式のライブ講義や、家庭学習で効率良く社会の成績をアップさせるような講義CD・テキストなどの教材の通販も行っている。現在は創業13年で、その実績はNHKなどのTVや、講談社・小学館などのメディアでも多数紹介されている。