中学受験 国語の長文読解のコツとおすすめ問題集を徹底解説!

中学受験の国語が苦手、点数が伸びない、と悩んでいる子は多くいます。国語にも様々な分野がありますが、中でも苦戦するのが長文読解ができないことです。長文読解はどの学校でも必ず出題されるものなので避けることができません。配点も高いところなので、どうにかして得意にしたい、点数を伸ばしていきたいと思うでしょう。

しかし、長文読解を得意にするにはなかなか時間がかかります。また、算数の解き方のような明確な方法がないので、子どもたちに伝えるのも難しいですし、子どもたち自身も手ごたえをつかみにくいです。そこで問題集を通しての反復練習が最も効果が出やすいと考えられます。

そこで、今回は国語の長文読解を解けるようにするためのコツと、コツを身につけるのに役立つ問題集を紹介していきます。ぜひ参考にしてお子さんに合った方法で長文読解のコツをつかんでいきましょう。

目次

中学受験の長文読解の苦手を克服するために知っておきたいこと

長文読解が苦手な子は、どこから取り組んでいくとよいのでしょう。親子で知っておきたい克服のために知っておきたいことを紹介していきます。これを知ると、保護者も子どもたちへの声掛けを改善することができます。

本を読むことで長文読解ができるようになるとは限らない

国語の長文読解が苦手な子に対し、本を読みなさいと言う保護者はとても多いです。本を読むことが文章読解の力をつけたり、国語が好きになったりするきっかけにならないわけではありません。しかし、必ずしも本を読んだら長文が読めるようになるというわけでもないのです。そのため、本を読むことを無理強いすることは避けるようにしましょう。

子ども自身が文章に触れたいという気持ちがあるのなら読ませても問題ありません。しかし「本を読んでいるのに国語ができないのはなぜか」とか「国語の成績が悪いのは本の読み方が悪いのではないか」といったネガティブな声掛けはしないようにします。あくまでも読書と国語の長文読解は別のものととらえることが大切です。

また、長文読解が苦手で、なおかつ日ごろから本を読まない子に対して読書を無理強いするようなこともやめましょう。無理強いすることで余計に国語嫌い、文章嫌いを助長する可能性があります。また、無理をして本を読ませたからといって成績が上がる保証もありません。長文読解をできるようにするために本を読ませようと考えるのであれば、ほかの対策を考えたほうが効果が期待できます。

文章読解はテクニックで乗り越えられることを理解する

国語の長文読解が苦手な子の中には「才能がないから無理だ」とあきらめている子も少なくありません。保護者も同じように長文読解が苦手だから国語は点数が伸びないとあきらめていることもあります。しかし、国語の文章読解は解き方のテクニックを身につけることで点数が取れるようになります。

そこで、子どもたちへも「練習すれば国語はできるようになるものだ」ということを積極的に伝えていくようにしましょう。もちろんテクニックが身につくまではなかなか点数が伸びず苦しいこともあります。しかし、算数の計算問題や理科社会の知識の問題と同じように、反復していけば点数に反映されると知ると、子どもたちも頑張ろうと思えます。

中学受験 国語の長文読解を解けるようにするためのテクニック

では、国語の長文読解を解けるようにするためにはどのようなテクニックを身につければよいのでしょうか。2つのポイントを紹介します。

問題演習の際に時間を区切る

国語の文章題は文章中に答えがあるため、大人は時間をかけて取り組ませて正解を自分の力で出すように促しがちです。しかし、だらだらと時間をかけて取り組むことはあまり良い方法ではありません。

文章内に書かれている内容を理解し、問題に取り組んでいくためにも20分から30分ほどの時間制限を設けて取り組ませるようにしましょう。時間を設けることによって、制限時間内に解こうという気持ちから集中して文章を読むことができるようになります。長文読解が苦手な子の中には、集中して文章が読めないことで内容が頭の中に入らないために問題が解けないという子も多いです。そのため時間を区切るようにするだけでも十分効果が出る子もいます。

制限時間を設けることにより、少しでも正解するために最初に文章全体に目を通した後、問題全体に目を通し、解ける問題から解くようになります。順番に解かずに解けるものから解くようにするだけでも正解数が増えて点も伸びるようになるのです。

物語は場面の変化をとらえる

物語を読むときには「いつ」「どこで」「誰が」「何をした」というのを確認する必要があります。これらを読み取ることで、心情が理解でき問題を解くことができるのです。場面の変化をとらえると、これらのことが理解しやすくなります。

物語文では時間軸が変わることが多いです。過去にもどったり、未来の予測であったり、そしてそこに誰がいるのか、ということを確認していくと問題の答えを見つけやすくなるのです。話の転換部分をきちんと見つけることが正確な文章理解に役立ち、問題を解くときのヒントをつかむコツとなります。

中学受験 国語の長文読解を練習するのにおすすめの問題集3選

では、具体的に長文読解のコツをつかむために、どのような問題集を使って練習するとよいのでしょうか。おすすめの3冊を紹介します。

「中学入試国語 読解力いらずの解き方講座」エール出版

タイトルの通り、読解力なしに問題の答えを導くための解き方を解説した問題集です。文章を読むときに身につけておきたいテクニックがコンパクトにまとめられているので、苦手な子でも理解して取り組みやすくなっています。システマティックに問題を解くことができるようになるので、解き方のコツを身につけるだけでなく、問題を解くスピードを上げることにも役立つ一冊です。

「国語の読みテクトレーニング」文芸社

物語文の内容を正確に理解するための方法を解説している一冊です。点数に結び付けるために役立つテクニックが紹介されています。物語文に書かれている情報を処理していくためのノウハウが身につくので、場面をとらえることが苦手な子の参考になる一冊です。

「田代式 中学受験国語の「神業」」講談社

文章読解の問題でも記述問題がうまく書けないという子におすすめの一冊です。記述問題に答えるための練習ができるだけでなく、文章を読むスピードを上げたり、文章に書かれている内容を正確に理解するための技術など、文章問題を解くのに必要なスキルも身につけられます。初歩的な部分から難関校受験まで対応できるノウハウが紹介されています。

中学受験の長文読解と並行して社会にも取り組んでみる

国語の長文読解は取り組んだからといってすぐに効果の出るものではありません。テクニックを知り、身につけて使いこなせるようになるまでにはけっこうな時間がかかります。そのため成績に反映されるまでには早くても半年ほどは見ておくほうがよいでしょう。

成果が出るまでに時間がかかると、子どものモチベーション維持が難しくなります。そこで、国語の長文読解対策に取り組む中で、子どものモチベーションを維持するためにも努力が成績に反映されやすい社会の勉強も並行してみましょう。

中学受験の社会があまり得意ではない子は基礎固めから

社会の授業では膨大な量の情報を得るので、授業と宿題だけでは理解できないこと、ポイントがおさえられないことが多くあります。そのような子は知識の取りこぼしも多く、基礎の部分でも理解できていない内容が多いです。そこで、授業内容で理解できていなかった内容を抑えていくのに役立つ教材が「コンプリートマスターCD」です。地理、歴史、公民の授業内容が13時間36分にまとめられているので、家庭学習を利用して復習ができます。

CDを聴くだけだと授業同様に理解できないところが出てこないか不安になるものですが、オリジナルテキストが用意されているので効率よく復習が可能です。受験で出題される内容を厳選しており、確実に抑えなければならない内容を短時間で頭に入れることができます。

社会が得意な子は記述対策でさらなる得点アップを

近年、中学受験の社会では記述問題の割合が高まっています。社会が得意な子でも、記述となると意外と書けなかったり部分点しかもらえなかったりすることも少なくありません。そこで、記述問題の性質から理解して、具体的にどのようなことを書けばよいのかを理解することができる「記述の戦場」はとても良い練習ができます。

このテキストでは記述問題を3つのタイプに分けており、それぞれの解法を紹介しています。まずは各パターンの特徴と書き方のコツをマスターしたら、志望校の過去問に合ったタイプの問題を中心に取り組むことで効率的に過去問対策を行うことも可能です。

まとめ

今回は中学受験の国語の長文読解が苦手な子が、どのような対策をしていくとよいのかを紹介しました。本を読むことでは直接的にすぐ成果は出ません。テクニックを身につけるために、時間を設けること、場面の変化をとらえることを意識することから始めてみましょう。問題集を活用して反復すると、自然と習慣づけができます。

また、長文読解のスキルは簡単に身につくものではありません。成績に反映されるまでには時間がかかります。そこで、長文読解よりも取り組んでからすぐに成果が出やすい社会に目を向けてみるのも一つの方法です。早めに成果が出ると子どもたちも「努力すれば結果が出る」「もう少し続けよう」という気持ちが持て、しっかりと取り組むことができます。取り組み方次第で社会が苦手な子だけでなく、得意な子にも効果的な方法です。

目次