中学受験を社会で成功させるためのスタディアップ教材はこちら

中学受験 社会の漢字指定対策

中学受験では国語以上にある意味漢字に気を付けなければいけないのが社会の教科です。

中学受験の社会では歴史では人名や事件、地名。
公民では法律の名前が漢字指定されている場合があります。

漢字指定された問題はひらがなで書くと減点対象になり、
間違った漢字を書くと不正解で点数がもらえなくなる場合があります。

特に社会の歴史上の偉人や地名は特殊な読み方をする漢字を使っていたり、
「朗」や「郎」のように類似漢字があったりして大変難しくなっています。

中学受験で社会が伸び悩む原因もここにあり、
社会では漢字指定をクリアできるかで点数に大きな差が出てきます。

漢字対策は一朝一夕でできるものではないため
普段からなるべく漢字を使う事を心がけておきましょう。

また小説を読むなどして漢字慣れし、
気になった漢字は意味を調べて書き方などを確認すると無駄がありません。

これらは社会の勉強だけではなく国語の基礎力を養うことができるため
効率的にできる勉強法となっています。

また基本的に漢字は書かなければ覚える事ができないため1日10回など
回数を決めて普段から練習すると印象に残ります。

「足利尊氏」や「明治維新」、「真田幸村」のような特殊な読みや
複雑な漢字が必要なものの場合、声に出して読むことで読みと書きを
一緒に覚える事ができるためオススメです。

漢字指定問題は短時間では対策できないため、
いざとなった時に慌てないためにも普段から練習し、基礎力を養いましょう。

ABOUT US

スタディアップ代表
群馬県生まれ、広島県育ち。愛光高校、慶應義塾大学商学部卒業。中学受験 社会科専門塾「スタディアップ」代表。集団授業の社会ライブ講義や、家庭学習で社会の成績を効率良くアップさせる講義CDなどの教材開発、通販を行い、年間2,000名以上の受験生と関わる。

主な著書に『中学受験は社会で合格が決まる』(講談社)、『中学受験“社会”合格への家庭内戦略 』(小学館) などがある。現在創業13年で、その実績はNHKなどのTVや、プレジデントFamilyなどの雑誌等でも多数紹介されている。