中学受験を社会で成功させるためのスタディアップ教材はこちら

中学受験 算数の苦手克服

中学受験の科目で算数が嫌い・苦手と答える子どもは多いですね。

中学受験算数が嫌い・苦手と答える子どもの多くに、
計算ミスや応用ができない子が目立ちます。

算数は暗記科目でないものの公式を覚えるのには暗記が必要です。
また教科書の問題が解きやすいように単調な問題が多いのも
応用が利かない生徒が増える原因となっています。

中学受験算数が好き・得意と答える子どもの多くが、
その理由を「おもしろいから」「答えが一つだから」
「覚えることが少ないから」などと答えると思います。

必ずしもそうではありませんが、算数が好きな子の中には
応用問題も難なく解いてしまえる子が多いですね。

好きこそものの上手なれ、と言う言葉が表されているように、
計算な好きな子ほど、勉強を効率的に行っています。

問題が解けないのに好き・得意と答える子は稀でしょう。

中学受験算数は、パズルを解くようなもの、
あるいはミステリー小説で探偵が犯人を見つけるようなものです。

謎がありヒントをもとに一つの答えを導き出すのです。
公式や解法は、謎を解くカギで、
その先には論理によって導かれる答えが必ず存在します。

すんなり解けてしまってはおもしろくありません。
「あれでもない、これでもない」と悩み解くから計算のおもしろさが生まれます。

苦手意識は好奇心・探究心を欠きます。
実際、脳の働きを見ると好きな事に集中しているとストレス耐性が強くなり、
集中力も高まります。

どうすれば解けるのか、どの公式を使えばいいのか、
考えることをやめてしまうと答えにはたどり着けません。

まずは苦手意識を取り去り、解けなくても
模範解答を見て「そうだったのか」と楽しめる意識を持てるようにしましょう。

ただ公式を解くだけでは苦手意識を克服するのに繋がらないため、
実際にこの計算式がどのような場所で使われるか、実例を示して
どのような応用が利くのか教えてみるといいでしょう。

ある程度悩み、自力で解けるレベルの問題をどんどん解く楽しさを
味わうことも大切です。

中学受験算数を好きと言える子は少ないですが、
楽しむことこそ得意手に繋がるポイントとなるでしょう。

中学受験では確かに算数の入試は重要なポジションにあり、
合格するためには高得点を目指す必要があります。

高得点獲得のためには長時間学習の必要がありますが、
それによって苦手意識を持っては意味がありません。

算数の学習は受験が終わっても数学となって中学で習います。
また将来を見据えるならば算数で培われる論理的思考は
様々な職業で必要となる考え方です。

このように算数に興味を持ち、論理的な思考力を磨くのは
将来を見越したスキルアップとしても重要な意味を持つため、
まずは算数の雑学本などを読んで、算数が楽しいものだと意識を誘導して
みるといいでしょう。

ABOUT US
『中学受験において社会こそがまず最初に固めるべき教科であり、いかに社会を早めに仕上げることこそが合格につながる戦略か。』その理念のもと、野村恵祐が立ち上げ、代表を務める日本で唯一の中学受験 社会科専門塾。 授業形式のライブ講義や、家庭学習で効率良く社会の成績をアップさせるような講義CD・テキストなどの教材の通販も行っている。現在は創業13年で、その実績はNHKなどのTVや、講談社・小学館などのメディアでも多数紹介されている。