中学受験を社会で成功させるためのスタディアップ教材はこちら

中学受験 算数の偏差値が低い生徒の特徴

中学受験算数の偏差値が低い生徒の特徴をいくつか紹介したいと思います。

中学受験算数の偏差値が低い生徒は、計算が雑な傾向があります。
式を書かずに頭の中で考え、筆算をなぐり書き、解答することが多いです。

その筆算も小さく余白のあちこちに書かれ、
筆算がズレて計算ミスをしている子も多いです。

汚いメモでは自分が見ても分からなくなるため、
その所為でケアレスミスを特に行いやすい算数では
そのミスをなくしていくことが点数底上げの近道となります。

また中学受験算数の偏差値が低い生徒は、公式を丸暗記していることが多いです。

公式を丸暗記するのは一見良い事のように思えます。
実際、一昔前の学校でも公式を覚えるために
ひたすらノートに書き写しする反復練習を行っている学校は多くありました。

しかし、いくら公式の表面をなぞっても、
なぜ公式が成り立っているのかが分からないため、
どんな時にどの公式を使えば解答出来るかが分かりません。

特に偏差値の高い中学校の算数の受験になるほど複雑な応用問題が出て、
どの公式を使えばいいのか悩む傾向にあります。

パターンが似ている問題しか解けず、
パターンが変わると簡単な問題でも解けない子が多いです。

俗にいうマニュアル人間とも言うべき存在で、
普段算数が得意で、問題集で満点を取っていても
自信のない問題になると途端に勢いを失って何をしたらいいのか分からず
何もできなくなります。

特に子供はこの傾向が強く、普段学校の成績がいいからと対策を怠ると
実際の中学受験で全く点数が取れない場合があるため気を付けましょう。

中学受験算数で偏差値が低い生徒は、裏技に頼り過ぎる傾向もあります。
公式や裏技ばかりを覚えているため、応用に弱いとおもいきや、
基礎が出来ていないのに応用問題を正解しているということもあります。

中学受験算数では、公式や裏技を使えない地道な作業が必要となる問題もあります。

公式や裏技の裏付けは大切です。

裏技も有効ではありますが、
基礎があっての裏技や公式であることを覚えておきましょう。

応用力を身に付けるには地力をつける必要があり、
計算式を解くだけではなく、この公式は実際にどのような状況で使われるか?
を念頭に置いて、問題を解いていきましょう。

この応用力は身に付けておくと、理科など他の教科でも応用がついてくるため
意外なところで役立つ場合があります。

実際に偏差値が低い生徒は一教科に拘り、苦手科目は避ける傾向にありますが
どの教科も多かれ少なかれ他の教科に影響を与えているため、
一つの教科にこだわらず、万遍なく勉強するようにしましょう。

ABOUT US
『中学受験において社会こそがまず最初に固めるべき教科であり、いかに社会を早めに仕上げることこそが合格につながる戦略か。』その理念のもと、野村恵祐が立ち上げ、代表を務める日本で唯一の中学受験 社会科専門塾。 授業形式のライブ講義や、家庭学習で効率良く社会の成績をアップさせるような講義CD・テキストなどの教材の通販も行っている。現在は創業13年で、その実績はNHKなどのTVや、講談社・小学館などのメディアでも多数紹介されている。