中学受験を社会で成功させるためのスタディアップ教材はこちら

中学受験 算数で出る公式の勉強の仕方

中学受験算数は4科の中で最も大切な科目というのを聞いたことがありますか。

最も大切だからといって、他科目をおろそかにしても
良いというわけではありませんよ。

よく中学受験算数に力を入れ過ぎて、国語を後回しにした結果、
国語で足を引っ張っているという子が多いです。

国語だけでなく社会や理科で足を引っ張っているということもあるでしょう。

他教科は算数と違って年号や漢字、植物名や分類名など
暗記する部分が多いためどうしても学習時間がかかり、
算数のように公式を覚えたら後はひたすら練習問題を解くというような
やり方ができません。

中学受験で習う各教科の内容は受験だけではなく中学以降の授業で
重要な意味を持つため、時間を掛けても語句の意味を理解し、
しっかりと身に付けるのが望ましいです。

極端な話、中学受験算数で全員が100点をとったら、
合否を決めるのは他科目なため、他の教科もしっかり点を取る必要があるのです。

では、どのように大切なのか・・・。

中学受験算数は、志望校の偏差値によって問題の難易度があります。
難易度を★に表した時、自分が★3のレベルである場合、
★5の問題を出す志望校では点数をとることが難しくなります。

つまり中学受験算数の偏差値で志望校が決まるというわけです。
行きたい中学校の入試問題が解けるように
偏差値を上げなくてはいけないため、もっとも大切と言われるのですね。

このため中学受験の算数対策では単に公式を勉強するだけではなく、
過去問対策を行い、実際に試験で点を取れるようにしましょう。

また算数は計算ミスなどちょっとした間違いで点数を逃す人が多いため、
最後の見直しが点数獲得にとって重要となってきます。

実際の試験でも問題の見直しができるように時間配分できるように、
過去問を時間制限ありで解くなどし、試験の予行練習を行うといいでしょう。
時間に余裕ができればその分難問に集中でき、点数の底上げをすることができます。

また実際の試験ではグラフや図など偏差値上位の学校になればなる程、
複雑な応用問題を出してくるため、実際にやってどんな問題がでるのか
確かめておくことが重要となってきます。

このように算数では単に公式を勉強するだけではなく、
それを使いこなす思考能力が求められるため、同じ問題を解くだけではなく
様々な問題に対応できる能力を身に付けましょう。

また算数にばかり力を入れるのではなく、他の教科も万遍なく勉強する
のが重要なため、他の教科の勉強も疎かにしないようにしましょう。

ABOUT US
『中学受験において社会こそがまず最初に固めるべき教科であり、いかに社会を早めに仕上げることこそが合格につながる戦略か。』その理念のもと、野村恵祐が立ち上げ、代表を務める日本で唯一の中学受験 社会科専門塾。 授業形式のライブ講義や、家庭学習で効率良く社会の成績をアップさせるような講義CD・テキストなどの教材の通販も行っている。現在は創業13年で、その実績はNHKなどのTVや、講談社・小学館などのメディアでも多数紹介されている。