中学受験 理科で出題される月とは?

中学受験の理科の科目においては天体に関する問題も多く出題されます。
その代表格とも言われるのが月に関する問題で、
生徒たちには月への深い理解が求められます。

ここでは中学受験で理科を勉強しようと思っている方のために
月とはどんなものなのか説明したいと思います。

まず月とは何かを理解する必要があります。
月は地球の周りを公転運動する衛星で、地球の周りを反時計回りに回っています。

月の公転周期は27.3日で、自転周期も27.3日とぴったり同じとなっており、
このため月は常に地球に向けて同じ面を向けています。

また月に太陽の光が当たる事で反射光が地球から見ることができ、
月光として観測することができます。

太陽の光の当たり方によって月に満ち欠けがおき、
新月、上弦の月、満月、下弦の月、新月と満ち欠けが起きます。

満月の際には太陽、地球、月の順に天体は並び、
配置から太陽光は月へと届かないように見えますが、
実際には宇宙空間では三次元に配置されているため
太陽光は地球の隙間から月へと届き、満月の形に月は反射します。

この満月のとき、月が黄道付近ある場合、月が見えなくなる「月食」が起きます。
また太陽と月と地球が並んだ際に、地球の一部分だけ昼でも
太陽光が当たらなくなる「日食」が起きます。

このように月とは地球に多くの天体現象を引き起こす最も身近な天体であり、
中学受験の理科の問題にも多く取り上げられるため
しっかり要所を押さえておきましょう。

月の勉強には満月の部分など文章だけでは理解しづらいため、
動画などを利用することをオススメします。

目次