中学受験 理科のてこの原理とは?

中学受験の理科のてこは、最頻出単元のひとつです。

少ない力で大きなものを動かすのに必要なてこの原理ですが、
身近な生活にも深い関わり合いのある原理であるため
物理の基本として中学受験の理科でも重要な基礎部分を占めます。

この単元は、特にてこの原理が必要になります。

てこの原理となるメカニズムは以下にようになります。
1 棒をてことして使ったときの働き(支点・力点・作用点)がわかる。
2 左右の重さが等しいとき、てんびんが釣り合う。
3 おもりの重さ×支点からの距離の積が等しいときに、てんびんが釣り合う。

また、このてことは、根本に重たいものを楽に持つポイントは
何だろうということを意識しながら学習することです。

このてこは運搬、建築、産業とあらゆる分野の営みに何らかの形で関わって
いるためあらゆる場所に学ぶ場所があるとも言えます。

また身近な生活でも使われており、
人間の肉体を動かすのにも重要な役割を持っています。

身近な例題を見ながら勉強することで、印象に残りやすく
メカニズムへの理解も深まります。

その上で、支点、力点、作用点について学んだり、
身の回りにもてこを使った道具があることを知ることも重要です。

・釘抜き …支点と作用点が固定されている場合
・はさみ …支点と力点が固定されている場合
・つめ切り…支点と作用点が固定されている場合

またスポーツや格闘技でもてこの原理は活用されており、スポーツが趣味の方などは
この作用を理解することで実力が上がると言う思わぬ収穫もあります。
また自分の興味のあることと結びつけることで印象に残りやすく、
てこへの理解も深まるためオススメの勉強法と言えます。

さらに、一番大切なことは、
◆左右の重さが等しいとき、てんびんが釣り合う
◆おもりの重さ×支点からの距離の積が等しいときに、てんびんが釣り合う

この基本をしっかりと理解しておきましょう。
中学受験の理科の問題では学校によっては応用問題としてわざと
複雑な図で出題してくるケースがあります。

生徒の中には複雑な問題になった場合、混乱して実力を発揮できず、
応用問題に手も足も出ないと言う場合があります。

しかし初めて見るタイプの問題でも基礎さえ押さえておけば
ある程度点数が取れる為、この基本を忘れないようにしましょう。

また応用問題に引っかからないためには志望校の過去問を調べ、
予め問題への対応した思考力を身に着けるため、
練習問題を解いて分からない部分を復習するようにするといいでしょう。

目次