中学受験 理科に出てくる水溶液の覚え方

中学受験の理科の問題として出てくる水溶液は10種類あり、
それぞれの性質や溶質の名前など暗記と理解が求められるため
難易度の高い問題として生徒たちを苦しめます。

実際に10種類のそれぞれの内容を全て暗記するのは難しく、
後一つが解けないと言う点数の伸び悩みにも繋がります。

ここでは中学受験の理科の水溶液の問題で苦しんでいる方のために
10種類の水溶液の覚え方を説明したいと思います。

水溶液の覚えるべきポイントは「溶質の名前」、「溶質の状態」、
「液性」にそれぞれ電気を通すか通さないかと臭いの有無です。

しかし名前とそれぞれの特徴を一致させて覚えるのは丸暗記では難しく、
ただ教科書を眺めて解いていくだけでは不十分です。

そこでオススメするのが語呂合わせや替え歌を利用した覚え方です。
「酸かなと(水酸化ナトリウム) 思うけれど アルカリ性」
と言うように耳に残りやすいフレーズは印象に残りやすく、
入試のような緊張状態でも自然と頭に残ります。

また自分の好きな曲に合わせて
自分でフレーズを考えて覚えると更に効果的です。

人間、特に子供は自分の好きなものに対しては驚異的な集中力を発揮し、
記憶力を高めてくれます。

自分の好きな曲に語呂合わせで歌詞を付け替え歌を作る
と言うのは印象に残りリズムに合わせて勉強することで、
効果的に水溶液の特徴を覚える事ができます。

中学受験で理科の点数が伸び悩んでいる方は
一度この覚え方を実践してみるといいでしょう。

目次