中学受験 理科で出題される星座の問題対策

中学受験の理科の問題において星座に関する出題は、
暗記はもちろん星の方角や動きなどに関しても理解が求められます。

ここでは実際に中学受験の理科で出題された星座の問題を
いくつか例を出して説明したいと思います。

まず最も多いのが星の名前や星座の位置、
月や太陽と言った天体のメカニズムに関する問題です。

夏の大三角形を構成する星の名前や冬の大三角形の位置、
日食の際の月の状態などが問われる問題で幅広い範囲での暗記が求められます。

特に星の名前はアルタイル、ヴェガなど日本語で記述されていないものが多いため
暗記するのに苦労する部分と言えます。

また学校によっては中学受験の理科において星座早見盤を利用した問題を出してきます。

星座早見盤はただ使い方を暗記するだけではなく、
きちんと使いこなした知識を求められるため中学受験の理科の難所として有名です。

可能ならば教科書を解くだけではなく、
実際に星座早見盤を持って夜の星空を眺めてみるなどして理解を深めておきましょう。

また学校によっては記述式で星座早見盤の使い方を問う他、
日本で使える盤はどこの国で使えるか?などの知識も問われるため、
星の動きの仕組みをきちんと把握しておきましょう。

このように天体への深い理解が問われる問題が多いため、
教科書だけではなく星の動きを説明した本や番組を見て理解を深めましょう。

特に星の仕組みは3次元の映像で見た方が分かりやすかったりするため
積極的に活用しましょう。

目次