中学受験 理科で出題される動物の問題

中学受験の理科で出題される動物に関する問題は、
生物学において最も基礎的な部分を担っています。

中学受験だけではなく、中学、高校で習う生物学の基礎にもなるため
深い理解が求められる部分とも言えます。

しかし、基礎的な部分だからこそ暗記する内容は多く、
理科は多くの生徒たちの頭を悩ませる部分となっています。

ここでは受験に挑む生徒のために中学受験の理科の科目で出る動物の問題が
どんなものか説明したいと思います。

中学受験で出題される動物の問題は以下のような問題があります。

・気温が変わっても体温を一定に保つことができる生物を□と言います。
・気温の変化によって体温が変わる生物を□と言います。
・ペンギン、カエル、馬、ダチョウ、このうち鳥類に分類されるものを選びなさい。
・背骨がある生物を□と言います。
・無せきつい動物の内、昆虫など最も多く占めるのは□と言います。

このように暗記する部分が多く、基本は穴埋めや分類式の選択問題がメインとなります。

基本は暗記である程度点数を獲得できますが、
分類では膨大な数の生物が出題される可能性があるため注意しましょう。

生物学で分類されている生物の数は膨大にのぼるため
全てを暗記するのは中学受験では不可能です。

そのためどの分類がどういう法則でされているのか理解し、
効率的に覚えられるようにするといいでしょう。

覚えるポイントは上記にもある恒温動物、変温動物の他、セキツイ動物、
無セキツイ動物、魚類、両生類、爬虫類、鳥類、ほにゅう類、節足動物あたりを
よくチェックし、暗記するようにしましょう。

目次