中学受験を社会で成功させるためのスタディアップ教材はこちら

中学受験 理科で出てくる電流とは?

中学受験の理科の電流は、最頻出単元のひとつです。
直列つなぎ、並列つなぎ、豆電球の個数による明るさの比較など
中学受験の理科の中でも、非常に高度な問題も出題されやすいものとなっています。

このため単に教科書を覚えていれば解けると言う訳ではなく、
電流とは何か?と言う理解が求められます。

ただし、基本的な部分は、暗記から始まりますので、
そこはきっちりと押さえましょう。

例えば、中学受験の理科の電流の問題には、以下のような問題があります。
※□の部分が空欄できかれます。

直列つなぎの場合、ワット数の□い電球の方が明るい。
また、並列つなぎの場合、ワット数の□い電球の方が明るい。

このような問題の場合、単純に電流のメカニズムが問われ、
知っていれば簡単に解くことができます。

しかし例えば、以下のような問題の場合、単純な暗記では解くことができません。

同じ数の電池を使い直列、並列、直列と並列合わせた3種類の豆電球の回路を
作った、この回路を豆電球の明るい順番に並べよ。

このような問題の場合、使っている電池の数によって順番は変わって来るため
ただの暗記では解くことができず、
問題内容もその都度変わるため電流とは何なのか正しい理解が求められます。

このため中学受験の理科の問題ではただ暗器するだけではなく、
基礎知識を応用した様々な計算式に対応できる応用力を身に着けるようにしましょう。

それには電流とはどんなメカニズムなのか基礎知識を学び、
この知識で具体的に何ができるかを考えるといいでしょう。

それには参考書を勉強するだけではなく、
実際に電流を使った実験映像を見ると効果的です。

理科で教える実験のメカニズムは実際に
どのような現象なのか文章で説明するよりも
映像で説明した方が効率的なものが多いため積極的に活用しましょう。

特に小学生は単純な勉強よりも映像の方がインパクトに残りやすく、
上手く子供の集中力を引き出せば大人では真似できない驚異的な集中力を
発揮する場合があります。

中学受験ではたくさんの内容を限られた時間で覚えなければいけないため
上手な勉強法を心がけましょう。

ABOUT US

『中学受験において社会こそがまず最初に固めるべき教科であり、いかに社会を早めに仕上げることこそが合格につながる戦略か。』その理念のもと、野村恵祐が代表を務める日本で唯一の中学受験 社会科専門塾。集団授業形式のライブ講義や、家庭学習で効率良く社会の成績をアップさせるような講義CD・テキストなどの教材通販も行い、年間に2,000名以上の受験生と関わっている。

なお、スタディアップの長年の実績に裏付けられた効果的な社会の学習法は、全国の受験生・保護者様から支持され、『中学受験は社会で合格が決まる』(講談社)、『中学受験“社会”合格への家庭内戦略 』(小学館) などの本が出版されたり、NHKなどのテレビや雑誌などのメディアなどにも数多く取り上げられ、注目を集めている。