中学受験で成績や偏差値が伸びる子の特徴と伸びない子との違い

一般的な小学校教育であれば、「他の子と比べるべきではない」といったことが近年よく言われますが、中学受験においては周囲の子との差が気になるものです。実際、周りの子よりも抜け出ない限り志望校に合格することができません。そのため、他の子の出来やテストの点数といったものは気になって当然のことです。周りの子の成績が伸びているのを見ると焦るのは当然ですし、何が違うのだろうと感じるものでもあります。

やはり、中学受験では成績が伸びる子とそうでない子には違いがあるものです。その子のポテンシャルだけではありません。取り組み方や保護者のかかわり方など、様々な要素がかかわりあって成績の伸び方は決まります。そのため、早いうちに子どもたちに合った関わり方や勉強の方法を知ることが大切です。

今回は、中学受験において成績が伸びる子とそうでない子の違いを紹介していきます。ぜひ、参考にして子どもたちへのかかわり方や勉強の仕方の提案をしてみましょう。

目次

中学受験において成績や偏差値が伸びやすい子


中学受験で成績が伸びやすい子にはどのような特徴があるのでしょうか。3つ紹介をしていきます。

楽しんで取り組むことができる子

これは子どもだけでなく保護者にも共通して言えることですが、中学受験を楽しみながら取り組める子は成績が伸びやすいです。受験というと「大変」とか「辛いもの」というイメージがあります。たしかに勉強するべきことは多いですし、成績が上がらないスランプの時期は誰でもあるので、ずっと楽しいものとは言い切れません。しかし、大変なものでも楽しみながら取り組むことができるようになれば、頑張って努力をすることができるようになります。

中学受験を少しでも楽しみながら取り組めるようにするには、保護者のかかわり方がとても大切です。保護者から「勉強しなさい」とか「なんでこんな成績が上がらないの」といったネガティブな声掛けばかりされていると、子どもたちも受験勉強が楽しめないですし、どんどんと苦痛に感じるようになります。そこで、少しでも楽しむことができるようにするためにも、ポジティブな声掛けを心がけましょう。

テストの点数が悪かったときにも、叱るのではなく何が原因なのか一緒に考えることが大切です。「次のテストはもっと良い点が取れるよう、一緒に考えて取り組もう」と声をかけ、一緒に問題を解いたり暗記を手伝ったりすれば、子どもたちも楽しみながら取り組めるようになります。そうやって一緒に取り組み、成果につながり、親子で喜びを分かち合うことができれば、勉強が楽しいと思えてさらに頑張ろうという気持ちが持てるのです。

小さい頃にスポーツなどの習い事をしている子

小学校低学年のうちにスポーツなどの習い事をしている子は、成績が伸びやすいです。これは、ラストスパートの時期に特に当てはまります。スポーツなどの習い事をしていることで、体力があるため、塾と学校の両立がしやすくなるのです。

また、習い事をしていることによって体力がつく以外にも、努力をすることができたり、集中力が持続したりといったことも身につけられます。

スポーツの大会に出るために練習をしたり、ピアノの発表会のための練習をしたり、という経験は受験でもとても役立つものです。ゴールに向かって努力をするという経験をしているため、受験当日までに勉強が必要なことが子どもたちもイメージしやすく、努力を継続することができます。他の子と切磋琢磨したり、他の子よりも強くなりたい、うまくなりたい、という気持ちが持てたりする経験ができることも、習い事をすることによるメリットです。

毎週のルーティングがきちんとできている

塾に通っていると、宿題がたくさん出されます。毎週の宿題をきちんとこなせるようになることが、受験の合否に大きく影響します。宿題を解くことで初めて授業の内容がきちんと頭に入るようになるため、逆に宿題をこなせないと知識は身についていきません。宿題の量と毎週のスケジュールを把握して毎週自分から取り組めるようになると、自然と成績は上がっていきます。

成績も上がりやすい環境が整うだけでなく、きちんと子どもたちが自分から机に向かうようになれば、保護者が「宿題やったの?」と確認したり、「早く勉強しなさい!」叱ったりする必要もありません。子どもたちにネガティブな声掛けをする場面が減ると、子どもも保護者も笑顔で過ごせる場面が増えます。こうして受験勉強を楽しく進めやすくなる仕組みが作れるのです。

逆にルーティンが身につかなければいつまでも叱らなければならない状況が続きますし、子どもたちは授業内容が定着しないので成績が上がりません。ずっとよくない状況が続かないようにするためにも、早くルーティンは身につける必要があります。

中学受験において成績や偏差値が伸びない子

中学受験をするにあたって、なかなか偏差値が伸びない事は度々あります。そういう状況に陥ると「勉強しているのに何で?」と言う風に悩んでしまう子供や親は、とてもたくさんいます。

偏差値が伸びない時は、単純に学力や勉強時間が足りないのではなく、それなりの理由が存在します。勉強しているのにも関わらず成績や偏差値が伸びないと、焦ってしまいます。特に親の立場だと、もどかしい気持ちにもなりますし、焦って子供に急かしてしまうと親と子供の信頼関係にも影響してきます。こういった状況になると、どうしても不安になってしまうでしょう。

成績が伸びない最大の理由

偏差値があまり伸びない子供には、特徴があります。その最大の特徴が、やる気や集中力が非常に低いということです。中学受験は長い道のりのため、やる気、集中力はとても重要な事であり、これが欠けていると、偏差値が伸びない決定的な原因にもなっています。それ以外にも、勉強時間が少ななどはあると思いますが、そもそもモチベーション自体に問題があるのです。

モチベーションは低くなくても成績が上がらない場合

モチベーションは低くないのに、偏差値があまり伸びていない子供は、勉強のやり方が悪い可能性が高いです。だらだらと無駄に勉強時間を過ごしているケースも多く、勉強をやったつもりになっているだけで、中身が伴っていないのです。

少しでも偏差値をアップさせるには、絶対に得点しないといけない部分を確実に正解していく事が大切であり、難しい問題を得点する必要はありません。基本、基礎をしっかりと意識して勉強をした方が良いでしょう。

偏差値が伸びないと悩んでいる親御さんや子供は、勉強をする姿勢や考え方をもう一度見直してみて、改める所が始めても遅くはありません。基本を忠実にする事が偏差値を伸ばし、中学受験を上手に進めていけますので、変に悩まずに、しっかりと足元を見ながら勉強して下さい。

中学受験で成績の伸びる子にするために保護者がすべきこと


では、子どもたちが成績の伸びる子になるために、保護者は具体的に何をすればよいのでしょうか。積極的に取り組みたいことを3つ紹介します。

たくさん会話をする

中学受験で志望校に合格する子の家庭は、家族での会話の時間を設けている家庭が多いです。会話の内容はどのようなものでも構いません。塾の授業でどのようなことを勉強したのかということだけでなく、友達の話や、学校の話、どんなものでも良いです。とにかくたくさんの会話をすることが大切です。

子どもたちと会話をすることは、様々な効果があります。例えば、何を勉強しているかを話すことで、子どもたちの学習状況や苦手を早いうちに把握して対策ができます。また、子どもたちと日頃から会話をしておくことで、プレッシャーを感じていたり、少し落ち込んでいたり、友達とのトラブルがあったり、という変化にもすぐに気付きやすいです。日頃から話をする習慣があれば、子どもたちも保護者に対して辛いときにサインを出しやすくなります。

勉強のしやすい仕組みづくりをする

受験生はとても忙しいです。塾の勉強もやることが多いですし、模試や学校見学など、予定もたくさんあります。さらに、小学校でも行事があれば下校時間が遅くなることもあり、家で落ち着いて過ごせる時間はどんどん減っていくものです。

子どもたちが限られた時間で少しでも勉強時間を確保できるようにするためには、勉強しやすい仕組みづくりをすることが大切になってきます。例えば、日曜日は子どもの勉強の予定に合わせて食事の用意をするようにしたり、お風呂の順番を調整したり、といったことで、子どもたちは勉強時間が確保しやすくなります。他にも、部屋でも勉強に集中しやすくするために、余計なものを置かないようにしたり、ゲームやスマホを扱える時間を設定したりすることも効果的です。

はじめから保護者が勝手にルールを決めたり、環境を整えたりするのではなく、子どもと話し合いながら整えていくことを心がけましょう。一緒に取り組むことで子どもたちも納得したうえでルールを守ろうとするようになりますし、自分で考えて行動できるようになります。自分で考えることができるようになれば、空き時間ができた時にも自分で何をすればよいか考えて行動できるようになります。

保護者も頑張っている姿を見せる

子どもたちが受験勉強をしている間、保護者も何か頑張っているという様子を見せることはとても効果的です。両親が共働きの場合、両親ともに仕事をしている、仕事を頑張っている、というのは子どもたちも何となく想像はできます。しかし、子どもたちにとって仕事がどのような内容なのか、どういったことを頑張っているのかというのはなかなか想像ができません。そのため、親子での会話の中で、どんな仕事をしているのか、どういうことが大変なのか、といったことを話す機会を設けてみましょう。
子どもたちに仕事が大変なこと、辛いこと、失敗したことなどを話すのはよくないことと思われがちです。しかし、子どもたちも保護者も頑張っていることがあるとわかれば、仲間意識も芽生えますし、失敗談を聞けばうれしいものです。大人として扱われている、という気持ちも成長を促します。

可能であれば、子どもたちが勉強するときに、隣で一緒に本を読んだり、パソコンで仕事をしたり、資格取得の勉強をしたり、という時間を作るのもおすすめです。同じことに取り組まなくても、お互いやるべきことをそれぞれ進めるだけでも、一緒に頑張る仲間がいるというのは、子どもにとってもやる気につながります。また、保護者も子どもの勉強の様子を把握できるというメリットもあります。

短期間に成績が伸びやすい社会は優先的に取り組むべき


中学受験において、得意科目を作るというのはとても大切なことです。点数を確実にとることができるものを作ることはもちろんのこと、子どもたちのモチベーションアップにもつながります。自信のあるものができれば、子どもたちは他の科目にも頑張ろうという気持ちが持てるようになります。

そこで、中学受験で得意科目を作るのにおすすめしたいのが社会です。社会は知識の覚え方を身につけることができること、誰もが努力をすればすぐに力がつくこと、比較的早い段階で努力の結果が点数に反映されやすい科目であるため、子どもたちのモチベーションアップが期待できます。

とはいえ、中学受験の社会もやみくもに取り組めばいいわけではありません。成績を上げる最短コースとしておすすめしたいのが弊社「スタディアップ」の教材です。10年以上にわたってロングセラー教材であり、社会で身につけるべき知識をコンパクトにまとめているコンプリートマスターは、CD教材も付いており、目からと耳からと双方向から知識を身につけることができ、効率よく学ぶことができるため、受験生に大人気の教材です。塾の授業の復習や、苦手単元の克服にも活用できます。他にもレベルや分野に応じて様々なタイプの教材が用意されているので、そのとき必要な知識を適切に身につけることができるでしょう。

まとめ

今回は中学受験において、成績が伸びる子とそうでないこの違いを紹介しました。子どもによってさまざまなタイプがいますが、早いうちからルーティンをこなせるようになる子、家庭での会話が多い子は、受験勉強も楽しみながら取り組むことができるため比較的成績が伸びやすいです。習い事をしていた子も、努力が実る経験や体力が身についていることから、成績は伸びやすいといわれています。

もし、子供の成績が伸びないことで悩んでいる場合には、社会の勉強に注力することがおすすめです。誰でも努力すればすぐに結果が出やすく、子どもたちのやる気を引き出すことができ成績向上が期待できます。スタディアップの教材は、どんな子が聞いてもわかりやすい解説と内容がまとまっているため、成果が出やすく構成されています。社会が思うように成績が伸びず悩んでいたり、新しい教材を探していたりする人は早めに取り組んで、社会を武器にするようにしましょう。

目次