四谷大塚 合不合判定テストの最新情報まとめ(2022年日程・範囲・偏差値・平均点・過去問など)

四谷大塚 合不合判定テストの最新情報まとめ

2022年7月6日更新

この記事では、日本三大模試と呼ばれる模試の一つである「四谷大塚」の実施する「合不合判定テスト」について詳しく解説していきます。ホームページを閲覧したり、他の情報サイトをご覧になっても情報は得られますが、この記事では、四谷大塚の合不合テストの全てを分かりやすくまとめてあります。

ここでテーマに挙げている「合不合判定テスト」は当初、四谷大塚に通う小学六年生を対象にしたテストとしてスタートしましたが、現在では全国各地で開催されるテストになっています。この四谷大塚の合不合判定テストは、中学受験を行う上で事前の力試しのテストとして有名で、日能研の全国統一模試や、首都圏模試センターの首都圏模試と合わせて「三大模試」と言われます。

そこで、ここでは表題にあるように2022年度の最新情報を満載して四谷大塚の合不合判定テストの日程、範囲、偏差値、平均点、過去問などについて総合的にご紹介します。日程については、コロナ禍により多少変更があるかもしれませんので、事前には公式サイトで情報をご確認いただくことをお勧めします。また、過去問については、別の記事でも公開していますので、そちらも参考にしてください。

目次

そもそも四谷大塚の合不合判定テストとは何?

そもそも四谷大塚の合不合判定テストとは何?

この四谷大塚の合不合判定テストは、その名の通り「このテスト結果では、この中学校に合格しますよ」という目安となるなテストであることに違いはありません。当然、小学六年生の児童を対象にした公開テストになります。中学受験を目指されているご父兄やお子様にとっては一度は耳にしたことがある模擬試験です。

この模擬試験は、四谷大塚のホームページに掲載されている内容から引用すると、「現在の学力で志望校に合格することができるのか?」という小学生や、「入試までに克服すべき弱点は何か?」を判断するため、全国の小学六年生の児童を対象に実施される全国テストになっています。

この四谷大塚の「合不合判定テスト」は、昭和の受験戦争と言われた時代から始まり、40年以上の長い歴史を持つ首都圏随一の公開テストとして有名です。したがって、過去に実施された膨大なテスト問題が蓄積されており、入試問題の傾向と対策によって選りすぐられた設問で構成されるに至っています。そのため、一般の中学受験を控えたお子様を持つご父兄やお子様から高い評価と信頼を得ているということです。

また、このテストは全国で80校以上の私立中学校が受験会場として用意されています。これは大きなアドバンテージを示す模擬試験になります。この試験を受験する児童数も数多く、こういうことが実施できるのでしょう。お子様にとっては、中学校の雰囲気や、もしその私立中学校を受験する場合、試験会場の下見だけではなく実際にテストを受ける雰囲気を感じてもらえます。他塾の模試についてもご紹介していますが、四谷大塚の合不合判定テストほど大規模なものは稀になります。

さらに、父兄の皆様への最新入試情報が提供されたり、あるいは試験会場になっている私立中学校の学校説明会が同じ日に開催されたりと中学受験の情報を得るには役立つテストになっています。

それでは、四谷大塚が訴求している合不合判定テストの五つの特徴点をご紹介しましょう。

  1.  中学受験における合格判定の精度が高い
  2.  志望を同じくする受験生との成績比較した貴重なデータを提供出来る
  3.  志望校がテスト会場で事前に受験の雰囲気を体感できる
  4.  全国主要な中学校の合格判定が可能で、併願対策にも活用できる
  5.  テスト後に自宅パソコンで解説授業を受講することができる

四谷大塚の合不合判定テストにおける「偏差値」

四谷大塚の合不合判定テストにおける「偏差値」

さて次に、この不合判定テストにおける偏差値についてご紹介したいと思います。偏差値は、そもそもご存知のように各試験の難易度、受験者数、受験者能力の偏りを無くした評価点数と言う側面を持っています。

つまり、各試験間の難易度や参加人数の多寡に関わらず、偏差値同士を単純に比較できるというメリットがあります。一方この偏差値のデメリットとししては、参加人数が少なければ正確な評点が出ないという正確を持った数値になります。

しかし、この四谷大塚の合不合判定テストの場合、受験者数は全国の小学六年生の多くが受験するテストのため、その信頼性は高いものになっていると言われています。合不合テストの場合、自信の偏差値は、事前に登録しておけばテストの日から約4日後程度で四谷大塚のホームページで閲覧が可能となります。

結果詳細の資料としては、さらに後日郵送されてきますので、いつでもご家族で受験に関する分析を実施することができるようになっています。ちなみに、毎回の過去の合不合判定テストごとに偏差値が公表されています。

偏差値の公表では、お子様の偏差値で80%合格圏内の学校一覧と50%合格圏内の学校一覧に分けられ、各々男女別に公表されています。また、ホームぺージでは、試験ごとの結果、学校名、エリアによる絞り込み、経営者区分(私立、国立、公立の別)、男子校、女子高、共学校の別等から検索抽出できるようになったいます。そのため、よりお子様に合った学校の絞り込みが可能です。まだまだどの学校を受験仕様かと迷われているご家庭にとっては良い参考になるでしょう。

このほか、偏差値の幅を指定して、その偏差値の80%の確率で合格できる中学校と50%の確率で合格できる学校を検索できるキーが設定されています。ちなみに、2022年1月と2月に実施された男子中学校で最高の偏差値は73の灘中学と筑波大学付属中学、女子中学では渋谷教育学園幕張校が72となっています。この偏差値以上であれば合格確率が最も高くなるという見方ができます。

四谷大塚の合不合判定テスト「内容」と「日程」(2022年最新版)

四谷大塚の合不合判定テスト「内容」と「日程」など

次に、合不合判定テストの内容についてご紹介しましょう。合不合判定テストは、対象が小学六年生の児童にのみ適応しますので、すべて小学六年生に対応しています。

内容 

試験の科目やそれに関係する内容を簡潔にまとめて以下にご紹介します。

受験科目 : 算数・国語・理科・社会
受験時間 : 算数(50分)、国語(50分)、理科(35分)、社会(35分)
満点点数 : 算数(150点)、国語(150点)、理科(100点)、社会(100点) 合計500点
受験できる受験科目 : 全教科4科目受験、3科目受験、2科目受験の中から選択可能です。

日程 (2022年)

2022年に実施される回数は全部で6回になります。例年と同じ回数になります。第1回目は2022年4月10日(日)となっており、すでに終了しておりますので、ここでは今から実施される日程をご紹介します。

  • 2022年7月10日(日)
  • 2022年9月11日(日)
  • 2022年10月9日(日)
  • 2022年11月6日(日)
  • 2022年12月11日(日) 

なお、実施日それぞれに受付開始日が設定されていますので、公式サイトで必ず情報をご確認下さい。

受験時間

受験する時間帯は、「午前の部」と「午後の部」のどちらかを選ぶことが出来ます。午前の部を受験す場合、集合時間は8時20分で、午後の部を受験する場合、集合時間は1時50分になります。午前の部に受験するか、午後の部に受験するかは申し込みの時に申請します。

中学受験本番と変わりなく行うためにはやはり午前の部で受験することをお奨めします。小学生の一日のリズムを考え、受験する時間帯に脳が最もよく働くようにするということも受験技術の一つになります。

テスト終了時刻は、2教科受験で2時間5分、3教科受験で2時間55分、4教科受験で3時間25分の所要時間がかかります。小学生にとってはやや長時間となりますが、事前にこうした長い試験時間に慣れておくことも重要な要素になってきます。この合不合判定テストだけではなく、日常生活でも同様に受験時間にピークを持ってくる生活を行う習慣をつけておきましょう。

また、合不合判定テストの日時にどうしても参加できなかったお子様の場合には、翌日の振替テストが準備されている会場もありますので安心してください。

受験料金

四谷大塚の合不合判定テストには、1回分として¥4,800(税別)の受験料が必要です。科目数が4教科の場合でも2教科の場合でも同額の費用になっています。実施される6回全てを受験すると、約32,000円の出費になりますが、多くの受験生では全回数受けられる方や少なくとも複数回を受験されるお子様も多くいます。そのことで前回と今回での偏差値比較を行い、学習進度を見るというご家庭も増えています。

四谷大塚の合不合判定テストにおける「過去問」

四谷大塚の合不合判定テストにおける「過去問」

四谷大塚の場合、日能研などとは異なり自塾のホームページ上で会員登録さえすれば閲覧できるサイト「四谷大塚.com」が運営されています。このページをご覧になれば、そのデータ数の多さがお分かり頂けると思います。

中学入試過去問データベース」となっており、目標とする受験中学ごとに問題と解答がPDFファイルの形で提供されます。PDFファイル形式ですので、それをダウンロードして紙に印刷して、家にいながら解いてみるのも良いかもしれません。

この過去問データベースについての詳細は、別のコラムで詳細にご紹介しますので、そちらの方をご覧ください。なお、四谷大塚のこのデータベースに登録する際は無料で登録することができます。

別コラムで他塾の模擬試験もご紹介しますが、過去問をこうして自ら公表している塾は少ないので受験生にとっては参考になると言えるでしょう。

四谷大塚の合不合判定テストにおける「出題範囲」

次に、合不合判定テストの出題範囲についてご紹介しましょう。明確な範囲というものは指定されていません。四谷大塚のホームページには、「全6回 のテストで受験に必要な領域全てを網羅して出題されます」としています。

しかし、一方では小学六年生の教育指導要領で「遅くともこの時期にはここまで学習していなければならないという範囲」を考え、そこまでを出題しています。そのため、全6回の各試験について、一度出題された単元の問題が同じように出題されることは稀であるとも言われます。

ちなみに、四谷大塚で実施される他学年の全国統一小学生テストは、マークシート方式での回答になりますが、小学六年生対象の受験を意識したこの合不合判定テストは、全科目記述式になります。しかし、この記述方式で書いた答案はすべて機械での読み取りで正解不正解が判定されます。正しく記述しなければ機械に読み取ってもらえないと言ことにもなりかねないので注意してください。

そのため、記述した回答が薄い文字色であったり、あまりにも判読不明な文字であったりした場合には、不正解になりますので事前に注意してあげてください。日頃から、筆圧の弱いお子様の場合や薄い色の鉛筆を使い慣れたお子様の場合には特に注意してあげてください。普段から文字は、決められた回答枠に「大きく」「はっきり」「丁寧に」記述するようにしておきましょう。このことは中学受験本番にも大切なことになりますので、日頃から心掛けるようにしておいてください。

四谷大塚の合不合判定テスト「難易度」と「結果通知」

四谷大塚の合不合判定テスト「難易度」と「結果通知」

四谷大塚で実施される合不合判定テストにおける難易度は中学受験という大目標のための実力判定ということもあり、一般の小学校内で行わるテストと比較すると当然難易度は上がります。中学受験のための代表的な模擬試験の中では、中レベルから高レベルの問題が出題され、出題内容もバランスが良いという評判があります。

また、結果通知は先にも言及しましたように、インターネットから受験に先立っての事前に登録を行っておくことで、テスト4日後には結果が分かる仕組みになっています。また、テスト結果の内容通知はそれに遅れて郵送されてきますので、ゆっくりと紙ベースで見ることも可能になります。

まとめ

今回、四谷大塚が主催し運営している小学六年生の児童に向けた中学受験のための「合不合判定テスト」についてご紹介しました。日能研と同じように自塾への入塾勧誘だけではなく、全国規模の中学受験を目指す子供たちを対象にしたテストになるため、中学受験を行う小学六年生の多くが受験するため、合不合の判定に関してはある程度信頼性が高くなると言えるでしょう。

しかし、一方ではお子様の学習状況を単に確認するためだけに利用されるご父兄やお子様がもいます。そのため、受験だけを意識した小学六年生だけではない子供たちも多く受験します。そのため、受験に特化した偏差値と言うわけではないので、そのことだけは十分意識しておいて下さい。その上で、お子様自身に自分の学習レベルを認識してもらい、目標中学校に対する合否の判定に活用できるものと思います。

つまり、目標とする中学校の受験では、同程度の偏差値を示す受験生同心戦いになるので、僅少な点数差で合否が逆転してしまうことも考えられます。そうした状況をご父兄から十分お子様にお伝えしていただくことが大切です。よく言われることですが、算数や国語の一点も、理科や社会の一点も同じ一点ですから、難しい算数で一点取ることと、覚えておけば簡単に取れる一点とは同じ合計され合不合が決まってしまいます。くれぐれも効率的な勉強方法で四谷大塚の合不合判定テストにも臨まれてみてはいかがでしょうか。

目次