中学受験を社会で成功させるためのスタディアップ教材はこちら

中学受験の面接 質問への態度や答え方

中学受験面接質問への態度や答え方

中学受験は筆記試験だけではく、面接も重要になってきます。最近では、面接も重視されていまして、この結果が合格に繋がる可能性も大いにあります。それだけ中学受験の面接には、それぞれの学校は力を入れていますので、しっかりと質問に答えられるように準備しておかないといけないでしょう。

 

中学受験の面接の場合は、質問の回答よりも態度を見ている事が多いです。ですから、どのような答え方やしぐさといった点を見ているのです。もちろん質問の回答に答えられなかったり、詰まったりすると減点対象になりますから、その辺の対策も必要になります。

 

では、どのような答え方や態度を取れば良いのでしょうか。答えから言いますと、少し大きめな声で、ハキハキとテンポ良く、聞き取りやすい口調がベストになります。そして、面接官の目を見て、動揺しないように話しましょう。当然ですが、話し方は丁寧語になりますし、言葉遣いも気を付けて下さい。

 

逆にダメな例で言いますと、声が聞き取り辛かったり、始めは声が大きくても徐々に小さくなったり、相手に言いたい事が伝わらないのは、良くありません。このような点を注意して、面接に臨めば良いでしょう。

 

しかし、いきなり面接で緊張せずに答えられる人は少ないでしょう。面接に慣れて緊張しないために、面接に向けて練習する必要があります。一人だけだと面接の練習になりませんので、親子で本番を想定しながら何回も練習をして下さい。

 

塾の方でも練習をする場合もありますので、家庭で練習してから、そちらでも練習をした方が良いと思います。何故なら、親子だとあまり緊張しませんが、他人になると緊張しますし、甘い目で見られる事もないですから、客観的なアドバイスもあるでしょう。

 

このようにして、面接の練習をしていく訳ですが。本番である中学受験の面接は一度きりになります。ですからそこで、失敗しないように、試験勉強に支障が出ないようにして、しっかりとした入念な練習が必要なのです。向こうの学校の面接官に少しでも良い印象を持って貰うために、子供だけではなく周囲の人達と工夫や努力をして、本番に臨みましょう。

ABOUT US

スタディアップ代表
群馬県生まれ、広島県育ち。愛光高校、慶應義塾大学商学部卒業。中学受験 社会科専門塾「スタディアップ」代表。集団授業の社会ライブ講義や、家庭学習で社会の成績を効率良くアップさせる講義CDなどの教材開発、通販を行い、年間2,000名以上の受験生と関わる。

主な著書に『中学受験は社会で合格が決まる』(講談社)、『中学受験“社会”合格への家庭内戦略 』(小学館) などがある。現在創業13年で、その実績はNHKなどのTVや、プレジデントFamilyなどの雑誌等でも多数紹介されている。