中学受験 親子面接の母親・父親の服装は?

中学受験 母親・父親の格好

中学受験において親の協力は必要不可欠です。普段の学習から受験当日まで様々な場面で支えていく必要があります。そんな中で親子面接は親の印象を学校伝える大切な機会です。

面接官と対峙する際にその場の雰囲気に服装があっていなければ居心地も悪くなりますし、応答もうまくいきません。自信を持って面接に挑むためにはどのような服装がいいのでしょうか。

今回は中学受験における親子面接での服装について解説していきます。

目次

服装選びは、与えたい印象から考える

中学受験において学校側に与えたい印象はなんでしょうか。まずは自分自身が与えたい印象について考えてみてください。与えたい印象によって服装を選びましょう。余程のことがない限り落ち着いた清潔感ある印象を与えるべきだと思います。なぜなら中学受験の主役は子どもであり、親の評価はそこまで対象とされないためです。

親が目立ちすぎる服装で行くと、面接官の目を引くことができますが、あまり良い印象を持たれないことが多いです。親子面接においては一か八かの賭けに出るよりも、無難な服装で乗り切ることが大切です。

母親(ママ)の服装

パンツスーツの場合

親子面接で一番多い服装はパンツスーツです。パンツスーツは多くの方が採用している格好であり、周りに溶け込みやすいです。余程のことがない限りはパンツスーツのスタイルをオススメします。

しかしスーツといってもリクルート調やビジネススーツのように堅苦しくなってしまうと、母親らしさに欠けます。かと言って逆に色合いの強い物だと派手になり過ぎてしまいます。そのため紺色やグレーなどの暗めの色を選択するのが無難です。

ジャケットスカートの場合

パンツスーツは引き締まった母親の印象を与える一方で、ジャケットスカートの場合は柔らかな上品さを印象づけることができます。派手な物を選ばない限りパンツ、スカートどちらを選んでも問題ありませんが、普段スカートに履き慣れてない人はパンツスタイルにしましょう。普段と違うだけで緊張してしまうこともあります。自分が一番落ち着ける服装を選択しましょう。

ワンピースの場合

ワンピースとジャケットの組み合わせは王道ですが、ワンピースとジャケットのバランスが悪いと、ちぐはぐな印象を与えてしまいます。ワンピースの場合は体のラインがでないシンプルなデザインを選ぶようにしてください。色は紺色がベストです。

ワンピースのスタイルは他のスタイルと比べて合わせるのが難しいので、余程のこだわりがない限りやめておいた方が無難かと思います。

足元はベージュのストッキングと黒の靴

服装も大切ですが、足元にもこだわりましょう。服装に合わせたデザインが大切ですが、やはり王道のベージュのストッキングと黒の靴がオススメです。足元に抜けの色を入れてお洒落に見せることもできますが、面接はお洒落を披露する場ではないので無難に行く方がいいです。

メイクはナチュラルメイクを心がける

親子面接になるといつも以上に気合いを入れてお化粧をしてしまうことがあります。しかし親子面接ではナチュラルメイクがベストです。ナチュラルメイクにすることで、清潔感を感じますが、厚化粧だと品のなさを感じることがあるかもしれません。またメイクの色合いにも気をつけましょう。寒色系の色合いだと不健康で元気がない印象を与えてしまうことがあるので、暖色系の色を使い健康的で元気な印象を目指しましょう。

ナチュラルメイクをする上でのポイントはアイシャドウの色は出来るだけ肌色に近いものを使う、全体的に2トーンほど落としてメイクをすることです。

バッグや時計はあからさまな高級ブランドを避ける

つい気合を入れてしまい、普段持たないブランド物のバッグや時計を持っていくことがあります。しかしあからさまなブランド品はあまり良い印象を与えません。シャネルやルイヴィトンなどひと目見てわかるインパクトのあるデザインは控えましょう。ロゴ入りのものはなるべく避ける方が無難です。

父親(パパ)の服装

基本はスーツスタイル

男性は基本的にスーツスタイルで問題ありません。スーツの色は黒色か紺色がいいと思います。また靴下も黒色か紺色にしましょう。派手な靴下を履いているとスリッパになった時に目を引きます。

スーツの素材も気をつける

スーツの素材にも気をつけてください。これは母親の場合も言えますが、素材によってはシワになりやすい物があります。親子面接では待ち時間があり、長時間椅子に座っていなければいけない場合があります。その時シワになってしまい面接時にシワが残ったまま受けなければいけなくなります。

スーツ素材の品質にはこだわって選ぶようにしましょう。ウール素材はシワになりにくいのでオススメです。

サイズはジャストサイズのものを

スーツのサイズ選びは重要です。いくら良いスーツを着ていても、肩のサイズが合っていなかったり、ズボンが大きすぎると、だらしない印象を与えてしまいます。事前にスーツのサイズがあっているのか確認をしてジャストサイズのスーツを選びましょう。

夫婦・親子で統一感を持つことがポイント

親子面接では子どもと二人で並んで受けることが多いです。そのため夫婦、親子での統一感を持つことが大切です。両親がスーツスタイルなのに子どもはTシャツ、父親だけがカジュアルな服装、このように統一感のない格好だとちぐはぐな家族という印象を与えてしましいます。ですので一人ひとりの服装も大切ですが、家族で統一感のある服装を目指しましょう。

母親・父親の両方が注意すべき髪型

母親、父親ともに派手な髪色はやめましょう。金髪は厳禁です。黒色か茶色など落ち着いた髪色にいましょう。また長髪で顔の輪郭が見えないと暗い印象を与えてしまうので、母親の場合は髪を結ぶ、父親の場合は整髪剤をつけて髪をかきあげるようにすると良いでしょう。

出かける前には夫婦でお互いに確認を

自分では大丈夫だと思っていても客観的に見ると、派手すぎたり、服のサイズがあっていなかったり、ボタンが取れかかっていたりする場合があります。そのため夫婦でお互いに服装を確認し合い、服装に違和感がないか確かめてから受験会場にいくようにしましょう。受験当日になって確認するのではなく、前々からお互いの服装を確認し合うことが大切です。

親子面接に持って行くと便利なもの

マスクや喉飴

面接までの待機時間、暖房が強くかかっている場合があり喉が乾燥しやすいです。そのためマスクや喉飴を持って行くと、喉の乾燥を防ぐことができ、面接時に声が出にくいといったアクシデントを防ぐことができます。ただし、学校によっては喉飴を舐めることはマナー違反にあたる場合があるので、その場合は飲み物を持って行くようにしましょう。

手鏡、ブラシ

手鏡やブラシを持って行くことで面接前に化粧を直したり、髪の毛を整えることができます。崩れたまま面接を受けるとせっかく準備してきた格好が台無しです。小さめの手鏡とブラシを持って行くことをオススメします。

まとめ

いかがだったでしょうか。中学受験における親子面接ではその場に合わせた服装で行くことが大切です。服装によって面接官に与える印象は変わってきます。今回お伝えした内容を踏まえて、自分にベストな服装を選択して面接に挑んでもらえたら嬉しいです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

目次
閉じる