中学受験の面接時に適した服装・髪型は?親子別にご紹介

中学受験の面接の服装

中学受験で面接のある学校を受験する際、多くの人が服装を気にするものです。募集要項で「普段着で良い」といった指定があったとしても、やはり普段とは少し違ったものを身につけたいと思うものでしょう。そこでここではどのような服を用意するのが望ましいのか紹介していきます。

目次

面接時の服装はどんなものが良い?

基本的には、変に乱れていなければ、よそ行きを意識した普段着で構いません。しかし、派手な服装やカジュアルな服装だと、見た目としても落ち着いていないので、面接時にはふさわしくありません。また、「正装をするのが一般的」と考えられているため、あまりにも普段着すぎても、浮いてしまって子供が動揺する可能性があります。

そこで、一般的には無難なフォーマルなスーツを身につけるケースが多いです。あまりにも目立ちすぎるものも浮いてしまい子どもが落ち着かなくなる原因になります。面接なのである程度きっちりした服装を選ぶのが良いでしょう。

面接時に適した服装を、男の子、女の子それぞれご紹介

フォーマルなスーツにも様々な種類があります。そこで男女別に具体的にどのようなものを身につけるのが良いのか紹介していきます。

男の子の場合

男子の場合には大人の男性と同じようなフォーマルなスーツを身につけます。ブレザーにシャツ、パンツのセットで、ネイビーや黒といった色が選ばれることが多いです。入試期間は寒い時期なので、中にセーターやカーディガン、ベストを身につけても良いでしょう。

ブレザーは普段なかなか着ないものなので、どうしても問題を解きにくいと感じる場合にはブレザーではなくシャツの上にセーターやベストを組み合わせても問題ありません。シャツは清潔感のある白や薄い青が人気ですが、他の服の色と合わせると良いでしょう。面接時にはブレザーを着るようにして、試験中はセーターやベストで過ごすのも一つの方法です。

足元は靴下にローファーが一般的です。もしも合うサイズのローファーが無い場合や履きにくいと感じる場合には黒のスニーカーを履いても構いません。ローファーは靴擦れを起こしやすいので事前に何度か履いて練習しておくのが望ましいです。試験当日は靴擦れ対策に絆創膏も持ち歩いておくようにします。

ブレザーと同様に試験中はスニーカーで面接時には履き替えるという方法もあります。ただし、試験と面接の間に親元に戻って履き替えるタイミングがないと難しいので試験スケジュールの確認をしておくようにしましょう。

ネクタイは身につけるべきかどうかで悩んでしまうことも多いでしょう。身につけると息苦しく感じる原因ですし、一般的には装飾はしなくてよいとされています。もしも購入したセットにネクタイが付いていたとしても、身につけなくて大丈夫です。

女の子の場合

女の子の場合にもフォーマルなセットで問題ないですが、落ち着いた雰囲気のシャツやスカートを持っているようなら普段着の中から選んでも問題ありません。白いブラウスやネイビーやグレーのスカート、カーディガンやベストがあれば十分です。

女子の場合にもシャツは白や薄い水色などが多く選ばれています。スカートやジャケットの色に合ったものであれば薄いピンクやベージュを選ぶケースもあります。あまり派手すぎず周囲と浮かないものであれば問題ありません。

襟にワンポイント等ついていても基本的には問題ないですが、気になる場合には無地のものを用意しましょう。ストライプやチェックなど柄のシャツは避けたほうが無難です。

カーディガンよりもジャケットやボレロを身につけた方がフォーマルな雰囲気になるので、ジャケットやボレロを用意してもよいでしょう。最近は洗練された清潔感のある印象になるノーカラーのものが人気です。

スカートは試験中にしわが付かないよう、型崩れしにくくしわが付かない素材のものを選ぶようにします。フリルが付いているものは避けるのが無難です。柄はチェックなど落ち通いたものを選び、派手なものは避けましょう。丈は膝が隠れる長さにして、寒さ対策としてタイツやハイソックスを履くのが人気の定番スタイルです。

靴はワンストラップのものやローファーが人気です。男子同様に靴擦れしやすいので黒のシンプルなスニーカーを履くのでもよいでしょう。靴擦れ対策の絆創膏も忘れずに。

面接時の服装選びのポイント

面接時の服装選びで男女ともに気を付けるべきポイントをまとめてみました。これから服選びをする人はこれを参考にしてみてください。

重ね着など体温調節ができる服装にする

中学入試の行われる季節は冬の寒い時期です。雨や雪が降れば格段に冷えるので寒さ対策として体温調整がしやすい服装を考えるようにしましょう。

寒く無いようにカイロをお腹や腰に貼る人もいますが、カイロは温まりすぎて汗をかいて逆に体を冷やしたり、眠くなったりすることもあるのであまり適切とはいえません。あくまでも洋服の着脱で体温調整をするようにします。

教室の中で暖房の位置によっては暑くなることもあります。暑すぎると体調を崩すこともありますし、何よりも集中できなくなる原因にもなります。試験中にカーディガンやセーター、ジャケットを脱いではいけないのではないかと不安がる子どももいるので、試験中は体温調節のために脱ぐことは問題ないということは念のため伝えておいてあげると安心です。

服のサイズ感も重要

子どもはすぐに大きくなるので、普段はジャストサイズのものよりも少し大きめのものを選びがちです。しかし入試や面接で着る服についてはすぐに着るものなのでジャストサイズか少しゆとりのあるものを選ぶようにしましょう。

サイズが合わないと、学力試験の時に「腕が動かしにくくなる」「首元が締めつけられて苦しくなる」などの不具合が生じる場合があるので、サイズが合うものを選んであげることも大切です。ただしぴっちりすぎると苦しくなることもあるので少し余裕がありながらも大きすぎないものが適切なサイズといえます。

服は事前の外出で慣れておこう

面接が試験と別日の場合にも、面接と試験が同じ日の場合でもいえることですが、普段あまり着慣れていないフォーマルな服装や革靴で過ごすのは意外と緊張するものです。緊張してしまうと思うように面接で話せなかったり試験に集中できなかったりすることがあります。そこで、事前に何度か外に着て出かけて、練習をしておきましょう。

おすすめは模試の会場に着て行ったり、過去問演習の際に着たりすることです。塾で面接練習をしてもらえる場合には面接練習に着ていくのも良いでしょう。服装も面接に適したものか塾の先生に見てもらえるので、当日安心して着ることができます。もしも実際に着て問題を解いたり移動をしたりして不具合がある場合にはほかの洋服との調整がしやすいよう、できるだけ早めに練習はしておくのをおすすめします。

髪型はどうすればいい?

見た目の印象を決める要素の一つに髪型もあります。服装を決めても髪型がきちんとしていないと印象は格段に悪くなってしまいもったいないです。そこで、具体的にどのような髪型にするとよいのか男女別に紹介していきます。

男の子の場合の髪型

男の子の場合には、後ろ髪が長すぎず、なおかつ前髪は目が隠れない長さが望ましいです。特別なヘアセットの必要はないですが、寝ぐせは直して整えておくようにしましょう。前髪は、サイドに流しても女の子のようにヘアピンで留めたりスプレーで固定したりすることができないので、目にかからない長さにカットしておくのが最適です。

女の子の場合の髪型

ショートヘアであればそのままの髪型でも大丈夫ですが、ロングヘアの場合は黒っぽいヘアゴムで結びましょう。ヘアゴムやヘアセットはあまり華美ではないものが望ましいです。顔がよく見えるように、前髪が長い場合はヘアピンで前髪を留めましょう。前髪を短くする場合には目にかからない長さにカットします。

保護者の服装はどうすればいい?

保護者の服装は基本的に子どもたちに合わせてフォーマルに近い服装を選ぶのが一般的です。具体的にどのような服装を選ぶと良いのでしょう。

基本的にシンプルなものを

あくまでも面接の主役は子どもです。そのため保護者はシンプルで落ち着いた色味の服装を選ぶのが定番です。男性はスーツスタイル、女性はスーツまたはワンピースが好まれます。色はネイビーや濃いグレーが選ばれることが多いです。女性は派手なネイルやメイクは控え、髪の毛が長い場合には束ねるのがよいでしょう。

面接が無ければオフィススタイルで十分

面接は子どものみの学校や、面接がない学校など、保護者が面接会場にはいる必要のない学校の場合には保護者の服装は特に問われません。そのためスーツでなくても良いのですが、普段着に近いカジュアルすぎる服装や派手な色合いなもの、シワの寄ったものなどは避ける方がよいでしょう。

基本的にはネイビーやグレーといった落ち着いた色合いのものを基本としたオフィススタイルを選ぶようにします。清潔感もあり、周囲の保護者との調和も取れて親子共に安心して過ごせるでしょう。

面接がある場合には知性や品を大切に

親子で面接がある場合、両親ともに知性や品を感じさせるものを選ぶようにしましょう。男性の場合にはスーツはもちろんですが、ネクタイや靴下に特に気を付けるのがポイントです。ネクタイはブランドのロゴのものや派手な色のものは避け、落ち着いた色味のものを選ぶようにします。会場によっては靴からスリッパに履き替えることもあるので、派手なものやカジュアルなものは避けるだけでなく、靴下に穴が空いていないかもきちんと確認しておきましょう。

意外と細かな部分にも目が行くものなので、ヘアスタイルや髪色、ヒゲの剃り残し、爪といった部分も事前に確認しておくようにします。社会人のマナーとしてハンカチもきちんとアイロンのあててあるものを持っておきましょう。

女性の場合にもスーツやワンピースとジャケットを選ぶのが定番ですが、ビジネス仕様の堅苦しいものよりは少し柔らかいものを選ぶのがベターです。柔らかな印象を与えるものが望ましいですが、ベージュや白は目立ちすぎるので色はネイビーやグレーを選びましょう。

アクセサリーや時計、バッグは落ち着いた色味のものを選ぶだけでなくあからさまにブランドのものだとわかるものは避けます。試験会場は寒いことも多いので、面接までの待機や子どもの試験終了を待つ間の防寒用にひざ掛けにもなるストールを用意しておくとよいでしょう。

中学入試・面接当日の持っていったほうが良い持ち物

服装と同じく早めに準備しておきたいのが入試や面接日の持ち物です。荷物がたくさんになりすぎると困りますが、以下のものは持っておくと便利なものばかりなので、できるだけ荷物に入れるよう心がけましょう。

風邪予防のためのアイテム

試験会場はたくさんの人が集まります。会場までの移動でも公共の交通機関を利用することが多く、感染症対策はしっかりと行っておく必要があります。入試期間に風邪を引いたりインフルエンザにかかったりしてしまっては、せっかくの努力も水の泡です。自分自身が風邪をひいていて周囲に移さないようにするためにも、他の人から菌をもらわないようにするためにも、風邪予防・感染予防のアイテムは持っておくようにしましょう。

ハンカチやティッシュはエチケットとして持っておくのが当然のアイテムですが、他にも使い捨てのマスクやのど飴、アルコール除菌ができるコンパクトサイズのウェットティッシュは持っておくと便利です。

防寒対策

試験のある期間は1年の中でも特に寒い時期です。天気が晴れていたとしてもとても冷たい風が吹くこともありますし、雨や雪の日には特に冷え込みます。そこで寒かった時のための防寒対策のグッズもいくつか持っておきましょう。

特に持っておくと役立つのがカイロと手袋です。試験の前に指先が冷えてしまうとかじかんで試験中に思うように鉛筆が進まなくなってしまいますし、面接前も緊張すると指先がとても冷えてきます。指先を温めるだけでも緊張緩和に効果的です。手袋は指先を動かしやすいように5本指のものを使うようにし、カイロも寒いときにすぐに冷えている場所を温められるよう貼らないタイプのものを持つようにしましょう。

雨具

首都圏の中学入試の場合には2月1日から1週間ほど続きますが、ほとんどの場合1日は雨か雪が降ります。晴れていても急に天気が悪くなったり、公共の乗り物に影響が出るくらい雪が降ったりすることも意外と多いです。そこで、万が一の時のために雨具は用意しておきましょう。

雨や雪で寒いときの防寒具にもなるので、折り畳み傘以外にレインコートも持っておくと便利です。雨や雪の場合には靴下が濡れて冷えることが多いので、替えの靴下は準備しておくととても役立ちます。濡れた靴下や雨具を入れるためのビニール袋やジップバッグも持っておくと良いでしょう。

ノートや参考書、本などの暇つぶし道具

面接の待ち時間は意外と長いです。長時間の待機のあいだに何もせずに過ごすのはもったいないですし、暇な状態でぼーっと過ごしているのも、スマホを見ているのも印象が良くありません。そこで待ち時間に見ることの参考書やノート、本を持って行くようにしましょう。

何か集中して時間をつぶせるものを持っておくと緊張をほぐすのにも効果的です。鉛筆を使って問題を解かなければならないようなものや、難しいものは緊張をほぐすのに逆効果になってしまいます。慣れ親しんだ参考書や、暗記事項がまとめられているノート、本といったゆったりと目を通していくことのできるアイテムがおすすめです。

身だしなみを整えるグッズも持っておこう

多くの人は自宅を出る前に身だしなみを整えて試験会場に向かいます。しかし、ラッシュの中で移動をしたり、天候が悪い中で移動をしたりすると髪の毛が乱れてしまうこともあるものです。そこでハンカチやティッシュ以外にもくしや女の子の場合には髪の毛を整えるヘアゴムなどの身だしなみを整えるグッズは一通り持っておきましょう。面接の前や控室に入る前の休憩の際にトイレに行き、身だしなみをチェックし必要に応じて整えておくと気持ちも引き締まって面接に臨めます。

まとめ

今回は面接のある学校を受験する際の服装や持ち物について紹介しました。願書には普段の服装で良いとされていることも多いですが、やはり周囲と同じような服装で受験をした方が子どもも落ち着いて試験に臨むことができますし、受験での不安要素を消すこともできます。

新たに洋服を購入するとなると、手間も時間も費用もかかりますが、普段でも着やすいものを選んだり、卒業式などのフォーマルシーンで着たりできるものを選ぶと使いまわせてよいでしょう。

目次