中学受験を社会で成功させるためのスタディアップ教材はこちら

中学受験対策 国語の勉強法

中学受験の国語の勉強をしていて、
勉強法に関して正しい勉強法で学習出来ていない生徒を良くみます。

中学受験で国語が苦手だという生徒さんは、
ほぼ間違いなくこの勉強法がしっかりと確立できていません。

中学受験の国語対策の勉強方法については、
塾の先生や、復習の方法、問題集・参考書の選び方など
ありとあらゆることが重要になってきます。

また、国語では、とにかく漢字やことわざ、
慣用句などの10点程度の出題問題を満点で通過することが合格への土台となります。

中学受験の国語を優位に進められるレベルの知識を早めに身につけて、
暗記すれば得点できる漢字やことわざ、慣用句などの部分をガッチリ固めつつ、
説明文や物語文などの読解問題をこなしていく、
これが中学受験の国語の勉強方針となってきます。

国語が苦手な子が小学5年生までのうちにやっておくべきことは、
漢字の読み書きや基本的な読解力を身につけておくことです。

漢字に関しては正しい書き順や読み方を教えてくれる参考書などを参考に
書き取り練習をする他、最近では漢字を教えてくれるアプリも存在します。

アプリはプリンターと併用すれば書き取りプリントとして使える為、
何度でも使える漢字の練習プリントとして役立つため、
漢字が苦手な方は積極的に活用するといいでしょう。

読解力は一朝一夕で身に付かず、参考書で勉強しても身に付きにくい部分です。

このため中学受験を視野に入れている生徒は早めに本を読む習慣を作るなど
読解力を身に付ける勉強法を組み立てて実践するようにするといいでしょう。

最近は電子書籍が普通に本を買うよりも格安で買うことができるため、
昔の名作文学や児童文学などを読んで、読解力を鍛えるといいでしょう。

そうした国語読解力が最も重要になってくるのは、
6年生で応用問題などのときです。

国語が得意になっていくのは、国語のセンスがあるからだとか、
応用力が身についたからだと思いがちですが、本当はそうではありません。
4年生、5年生の時に習う基礎的な下積みが正確でしかも、
苦手意識をもたないというところから、国語が得意になっていくのです。

国語の能力はある意味全ての学問の基礎となり、
コミュニケーション能力の基本部分となるため勉強と考えずに
自分の能力を上げると思い、読解力を身に付ける勉強をするといいでしょう。

小学生の学力の成長期はさまざまです。
小学5年生のときに大きく伸びる子もいれば、
過去問を解き始める小学6年生の9月からで伸びる受験生もいます。

大切なのは焦らずにテストの点数が伸びないからと
国語に苦手意識を持たず、本を読んで文章を読み解く経験を積むことです。

また、中学受験の間は国語が苦手でも、
将来の学力の伸長に備えて基本的な内容だけはしっかりつけておきましょう。

国語に関する能力は中学、高校、大学とずっと必要になり、
社会に出てからも読み解く能力と文章を作る能力は重要となってきます。

単なる勉強の幅に留まらないスキルアップにもなるため
向上心を刺激し、興味を引くように意識を誘導するのもいいでしょう。

ABOUT US
『中学受験において社会こそがまず最初に固めるべき教科であり、いかに社会を早めに仕上げることこそが合格につながる戦略か。』その理念のもと、野村恵祐が立ち上げ、代表を務める日本で唯一の中学受験 社会科専門塾。 授業形式のライブ講義や、家庭学習で効率良く社会の成績をアップさせるような講義CD・テキストなどの教材の通販も行っている。現在は創業13年で、その実績はNHKなどのTVや、講談社・小学館などのメディアでも多数紹介されている。