【中学受験】塾の宿題が終わらない!宿題が多すぎる場合の対策を徹底解説

中学受験をするとなると、ほとんどの家庭では子どもたちを塾に通わせます。『塾に通えば受験対策ができる』と思う人も多いでしょう。しかし実際には『すべて塾にお任せ』という状況にはなかなかなりません。

塾に通うと多くの子たちが苦戦するのが宿題の多さです。学校に通いながら、子どもによっては他の習い事もある中で宿題を進めていかなければなりません。今まで学校の宿題は一人で進められていた、という子でも塾の宿題になると思うように進められないというケースはよく見受けられます。

とはいえ、宿題をやらなければ学力は身に付きません。そこで、ここでは塾の宿題ができるようになるためにどのような取り組みをすればよいのかを紹介していきます。

目次

中学受験で塾の宿題が終わらない原因

塾の宿題が終わらない理由は一つではありません。原因によって対処法も変わります。そこで、まずは何が原因かを確認することから始めましょう。

宿題が何かを正しく把握できていない

多くの塾では毎週の宿題が複数のテキストから出題されていたり、テスト勉強といったものが含まれていたりします。小学校の宿題の場合には『漢字5回書き』といった簡単に覚えられるものが一般的ですが、塾の場合には正しくメモを取ることが必要です。

また、宿題のゴールも答え合わせと解きなおしが必要であったり、語句や漢字の暗記が必要であったりと様々なパターンがあります。そこで、宿題が何か、どこまでをゴールとしているのかということを子どもが正しく理解することが大切です。

テキストを解くだけでなく間違えたものは解きなおしが必要なこと、漢字や小テストの勉強の場合にはただ目を通したり書いたりするだけでなく、覚えるまで何度も復習が必要なこと、宿題となるテキストは複数あることなど、正しく取り組む内容を理解しないとなかなかすべてを正しく終わらせることはできません。宿題として何をどこまでやらなければならないかを正しく把握できれば、すべてがきちんと取り組めるようになる子も多いです。

宿題の量が多い

塾の宿題の悩みとして大きなものの一つが『宿題が多い』ということです。受験勉強として理解しなければならない内容は膨大であり、その内容を頭に入れていくためにはどうしても演習量の確保が必要になります。そのため、どの塾でも宿題は多めに設定されているのです。

もしも塾の宿題が多くて終わらない場合、塾の先生にそのことを相談するようにしましょう。終わらない理由といて量が多くてできていないことを伝え、宿題の優先順位を確認して取り組むようにしていきます。また、宿題が多いのには必ず理由があるので、先生の意図や狙いについても確認しておくと親子ともに宿題の量に納得がしやすいです。

塾によってはあらかじめ宿題が多いことで『理想としてはすべて解くこと。難しい場合にはここまでは確実に終わらせてほしい』といった指示を授業や保護者会でしているケースもあります。はじめから塾の提示する宿題をすべてこなすことは難しかったとしても、最終的にはすべてをこなせるようにならなければなりません。毎週の宿題を通して集中力や学力を身につけて対応できるようになるのを目指しましょう。

時間が上手に使えていない

子どもの集中力は15分だといわれています。そのため、宿題をしようと思って机に向かったのに全く進まず宿題が終わらないというケースも少なくありません。さらに、塾や学校があると家にいる時間が限られてしまいます。そのためテキパキ動いて勉強時間を確保しなければならないのに、ダラダラしてしまうこともよくあることです。こういった時間がうまく使えていないことで宿題が終わっていないというケースもよく見受けられます。

そこで、時間が上手に使えていない場合には親子でしっかりとスケジュールを組むことから始めてみましょう。子どもたちも学校の時間割のようにいつ何に取り組むかが明確になったほうが机に向かいやすいですし、集中力も維持しやすいです。また、集中力が維持できなくてなかなか宿題が進んでいないという場合にはリビング学習を取り入れるのもおすすめします。保護者も協力をしながら、子どもたちが『こうすれば集中できるのか』と思える瞬間をできるだけ早く作ることが大切です。

中学受験で宿題ができるようになるために通塾前に取り組んでおくべきこと

塾に通い始めたからといってすぐに宿題ができるようになるわけではありません。上記のような原因を生み出さないためにも、まずは宿題を子どもたちが取り組めるようになるための下地を塾に通うまでに作っておきましょう。

基礎的な学力は身につけておく

何も知識がないよりは、少しでも知識があるほうが問題を解くスピードを上げることができます。問題を解くスピードが上がれば、その分宿題を解くのにかかる時間の短縮が可能です。そこで、基礎的な漢字や計算、都道府県といったものは身につけておくようにしましょう。

机に向かう習慣をつけておく

基礎学力を身につければ自然と毎日机に向かう時間の確保ができます。机に向かってエンジンがかかるまでに時間がかかってしまうことも、宿題を解くのに時間がかかったり集中できなかったりして進まなくなる要因です。そこで、毎日机に向かう習慣をつけておき、自然と集中力と机に向かうと同時に取り組み始める習慣を身につけておきましょう。

とはいえ、最初のうちは机に向かってすぐに勉強に取り組むというのは難しいです。そこで、最初のうちはパズルや読書といったものからで構いません。毎日必ず決まった時間に机に向かって何かに取り組む習慣を身につけること、さらに机で集中できるようにすることを目指しましょう。

中学受験への意識を高めておく

塾に通うとか受験をするということを子どもたちは理解できているようで理解できていないものです。そのため、塾に通い始めて『宿題が多くていやだ』『こんなに勉強するものとは思っていなかった』といったことを言い始めるケースもあります。

中途半端な状態で受験勉強を続けるのは誰にとっても良いことではありません。そこで、ある程度覚悟を決めて受験勉強に子どもたちが臨めるよう、事前に受験がどういうものなのかということをしっかりと伝えておきましょう。

もちろん保護者が大変なものであることをどれだけ伝えても子どもたちは完全に受験がどのようなものかを理解することはできないです。しかし、受験勉強をしている間は他の習い事を休んだり、友達と遊ぶことができなかったり、家族での外出も大幅に減ったりと、ほとんどの時間を受験に充てなければならないことはしっかりと伝えておく必要があります。ただネガティブな情報を伝えるだけでなく、受験勉強を通して得られるものや私立中学の魅力も伝えれば、子どもたちも頑張ってみようという気持ちが持てます。

中学受験 社会の偏差値を短時間で伸ばすならスタディアップ教材

中学受験の勉強をしていて成績が上がらないと子どもたちもモチベーションの維持ができません。そこで早く子どもたちがやる気を出せるようにするためにも、社会の勉強は早めに計画的に取り組むことが大切です。

なぜ社会の勉強なのか

社会の勉強にはコツがあります。宿題がなかなか終わらない状況を解決するためにも、早いうちに偏差値をあげて社会の勉強が楽しいと思えることが大切です。コツをつかむことができれば、社会の成績が上がるのはもちろんですが、授業の内容をその日のうちに頭の中に整理して入れることができるようになります。

社会は4教科の中でももっともコツをつかみやすい教科です。算数や国語、理科よりも早いうちに子どもたちも取り組み方が理解でき、同じような方法を他の教科でも行えばよいのだと理解ができます。こういったことから社会こそ早めに対応して成績アップに努めるのが望ましいのです。

社会の勉強におすすめのスタディアップ

スタディアップの教材は日本で唯一の中学受験 社会専門塾が制作しています。毎年すべての中学受験の社会の問題を解き、その内容を反映させた改訂も行っており、トレンドにあった対策が可能です。

どの教材もコンパクトに知識がまとまっており、まず何を身につければよいかということが明確になっています。そのため子どもたちは知識の核を身につけ、そこに新たな知識を肉付けする形で知識が増やせ、覚えたものが記憶にも残りやすいです。

スタディアップでは、様々なレベルに対応した教材の設定がされており、基礎から難関校対策まで子どもたちのニーズに合った教材を選ぶことができます。土台作りとしては『コンプリートマスター』と『プラチナインプット』を合わせて活用するのが人気です。コンプリートマスターはCD教材となっており、授業内容の復習や流れの理解、プラチナインプットはすべて入試問題から構成された一問一答形式になっており暗記の補強に活用できます。どちらも入試で頻出な内容を扱っており、中学受験の直前まで活用できる内容となっています。

まとめ

今回は中学受験において宿題が終わらないときの対処法について紹介をしました。ただ宿題が終わらないという事象に対しても理由は一つではありません。お子さんが宿題をできずにいる理由が何なのか、しっかりと見極めて対策をするようにしましょう。また、受験勉強を始める前にある程度基礎学力や机に向かう習慣は身につけておくことが大切です。

社会は勉強方法にコツがあります。コツを理解すれば早いうちに成績を上げることが可能です。子どものやる気を伸ばすためにも、勉強の方法を正しく理解するためにも早いうちから取り組むようにしましょう。勉強の方法がわからない場合にはスタディアップの教材を活用することがおすすめです。

目次