中学受験を社会で成功させるためのスタディアップ教材はこちら

中学受験を成功させるには復習のやり方が鍵

中学受験をする子供にとっては、復習こそが一番大事な勉強かもしれません。何故そうなるかと言いますと、復習と言えば反復練習になります。それを繰り返すうちに頭の中に取り込まれ、自然と覚えていきます。

 

塾だけではなく、普段の授業だって復習は大事ですし、記憶の定着に必要な事です。復習は日にちが経過してから行なっても意味がありませんから、必ずその日のうちに行なう事が大事になり、繰り返し学ぶ事で頭にインプットしていくのです。

 

特に中学受験の勉強になると授業よりも難しい内容になります。この時、復習をする時に注意したい事がありまして、ただ習った所をなぞって勉強するのではなく、一から自分で考えるのが大事な要素になります。普段の授業の場合だと宿題が出て、作業のように流れで復習をする事が多く、あまり記憶に定着しないので、自分で考える必要があります。何でこうなったのか、しないといけないのかを理解するためには、自分で解く事が重要となる訳です。

 

特に復習をしないといけない教科は算数になっています。算数は暗記科目ではないですし、公式を覚えるだけではいけません。それに、算数に触れれば触れる程深く知れる教科でもありますので、復習するだけ、自分の知識としてかえってくるでしょう。

 

また復習を繰り返すと問題を理解するスピードが速くなりますので、解く時間も早くなり、試験の時間の短さにも対応できるようになります。このように上手く行くと、自分の自信にも繋がっていきますから、中学受験の勉強では、復習が成功の鍵と言えるでしょう。

 

中学受験で復習が大事と言っても、時間は限られていますから、どの教科や問題から復習するのかも大事で、自分が弱点の所、強化したい所、繰り返して覚えたい所たくさんありますけど、大切な順番で良いでしょう。そうした方が無駄な時間を作る事なく、良い勉強ができるでしょう。

 

予習や学校や学習塾の授業の勉強も大事ですけど、その後で行なう復習こそが受験成功の鍵とも言えますので、できるだけ、その日のうちに復習するようにして下さい。

ABOUT US

スタディアップ代表
群馬県生まれ、広島県育ち。愛光高校、慶應義塾大学商学部卒業。中学受験 社会科専門塾「スタディアップ」代表。集団授業の社会ライブ講義や、家庭学習で社会の成績を効率良くアップさせる講義CDなどの教材開発、通販を行い、年間2,000名以上の受験生と関わる。

主な著書に『中学受験は社会で合格が決まる』(講談社)、『中学受験“社会”合格への家庭内戦略 』(小学館) などがある。現在創業13年で、その実績はNHKなどのTVや、プレジデントFamilyなどの雑誌等でも多数紹介されている。