中学受験を乗り越えるための塾の大量プリントの整理術

中学受験を乗り越えるための塾の大量プリントの整理術

塾に通い始めるとさまざまなことで壁にぶつかることがあります。学校とは違う授業のスタイルや、自分で管理することが多く、子どもだけではやりきれないことも多いです。

中でもうまくいかず親子共に悩むことの一つに塾で配られるプリントの管理があります。塾によってはプリント学習をするところもありますし、そうでなくてもこまめにテストが行われるため、さまざまなプリントを子どもたちは手にすることになります。もらってきたプリントをきちんと管理することができないと、提出し忘れが出たり、見直そうと思ってもどこにあるかわからなくなったり、といったトラブルになることも少なくありません。

プリンとの管理ができないと、提出物に影響するだけでなく、机をきれいに保つこともできなくなります。勉強するスペース最終的には自分でプリントの管理をしていくことができるようになるためにも、初めのうちは親子で取り組んでルールを決めていくことが大切です。そこで今回はプリントの管理の方法や整理のコツについて紹介します。

目次

中学受験でプリントの整理が上手にできない理由

プリントを整理していくためには、なぜプリントの整理ができないのかを考えてみましょう。今現在うまくできていない理由がわかると対策をしやすいです。

塾が忙しくてプリント整理まで手が回らない

子どもたちが塾に通うようになると帰宅も遅く、翌日のことを考えると家に帰るとお風呂や軽い食事をとったらすぐに寝る支度をして…とバタバタ過ごすことが多いです。翌日以降も塾があれば急いで支度して行くことになりますし、塾が無い日もやることが多くてプリントを整理することは後回しになりがちです。そうしていくうちに、プリントがどんどん溜まり、整理しようと手を付けると何がどこにあるかわからず、どうしていいかわからないという状態が生まれてしまいます。

プリンとの分類をしてファイルに入れたり穴をあけて綴じたり、というのは意外と手間のかかる作業です。そのため作業をし始めてもなかなか終わらずあきらめてしまうことも少なくありません。小学生はまだまだプリントの整理のために分類したり作業をしたり、という経験が少なく一人でやろうとするとかなりの負担がかかります。

どのプリントを残しておけば良いのかわからない

プリント整理に保護者が加わり一緒に作業し始めると出てくる問題です。塾で配布されるプリントには、授業で解いたものや宿題、小テストや模試などたくさんの種類があるために、どれが必要なものなのかわからなくなってしまうことが多いです。すべてを残しておいた方が安心ですが、プリントの量が膨大であることを考えると、処分できるものは処分したほうが管理もしやすくなります。実際、小テストやちょっとしたプリントは二度と見直すことがないものも多く、処分して困りません。どこまで残すかの線引きをすることが整理をスムーズに進めるためには欠かせません。

子どもたちが片付ける必要性が理解できない

プリントを解いたらそのまま解きっぱなしにしてしまう子どもは多いです。しかしプリントを解いたあとの解き直しをしないとせっかく勉強しても効果が上がりません。解き直しをするためにもプリントは整理しておくことが必要です。ポイントがまとまったものなどは時間のあるときに見返すと役立つものもあります。見直しのためにも、暗記すべきものを見返すためにもプリントの整理は必要なことです。

しかし、解き直しの必要性やプリントを管理しておく大切さが理解できていないと、子どもたちは整理しようという気持ちも出てきません。そもそもなぜ整理をしておく必要があるのか、ということから説明しなければならないケースも意外と多いです。

中学受験でプリントをうまく整理するためのコツ

子どもたちがプリントを整理できない理由が明確になれば、具体的にどうすれば整理ができるのかがわかってきます。子どもの状況や塾のプリントの内容を確認し、必要な対策を講じていきましょう。

すべてを整理する必要はない

「塾で配られるプリント=すべて大切」という考えは捨ててしまいましょう。長く整理を続けるためには簡単で自分が続けやすい整理方法ができること、整理の目的がはっきりしていることが大切です。何もかもを整理して保管しておこうとすると、整理の手間がかかりますし、目的もブレてきてしまいます。

そこで、まずは一度面倒でもすべてのプリントを並べ、これからも見直すもの、もう見直す必要のないもの、手元に残しておいて確認したいもの、ということを考えながら分類していきましょう。分類するというよりは、必要で置いておくべきものだけを選別するという考え方が適切です。

プリントの選別の方法

塾で配られるプリントの中で、残しておくべきものは以下の2種類です。

・暗記するためのプリント
・解き直しが必要なプリント

まずは、暗記するためのプリントです。これは、塾の先生が暗記すべき内容をまとめてくれているプリントなど、覚えるべきことがまとめられているものです。持ち運びやすく、手軽に見直すことができるので、手元に置いておくべきプリントといえます。もちろん、完全に覚えて必要なくなれば捨てても構いません。しかし、大切な内容のものであれば暗記をしていても手元に置いておく方が安心できます。暗記すべき内容が書かれたプリントをまとめておくリングファイルを用意しておくとわかりやすいです。

次に解き直しが必要なものです。簡単な漢字テストから模試まで、間違えたものには解き直しが必要になります。捨てる前に解き直しをして、理解をしたら捨てるようにしましょう。「解き直しがまだ終わっていないから」ということで手元に残していたらいつまでもプリントは無くなりません。そこで祝日など月に数日ある普段よりも時間に余裕のある非を活用して解き直しを終わらせる日を作るとよいでしょう。学校や塾、家族のスケジュールを加味して毎月月末の土曜日など、曜日をあらかじめ決めておくとルーティン化しやすいです。

プリントの選別を子ども自身にさせて残すべきプリントを覚える

手元に残すべきプリントがどういうものかわかっても、自分で仕分けることができない子どもも多いです。配られてその場で解き直したりファイリングしたりということができれば理想ですが、自分で管理し始めたころはうまくこなせない子がほとんどです。そこで、最初のうちは月に数日プリント整理の日を設け、子どもたちにプリントの分類をさせて感覚をつかませていきましょう。

ただ、分類しているだけでは、そのプリントが必要かどうかにかかわらず、ただ種類別に分けるだけの作業になってしまいます。そこで、作業の内容を「選別」に切り替えて伝えてみましょう。はじめは「もう二度と見返すことがないもの」「手元に置いておく必要がないもの」など、いらないものをどんどんと選んでいきます。残しておくべきものは悩み始めると手が止まりやすいので、まずは効率よく作業が進む、いらないものを選んでいくようにするのです。

いらないものが選び終わったら、必要なものとして手元に残したプリントを確認していきます。一度捨てていらないものがどういうものかが理解できていると、もう一度見直し作業をすると必要ないと判断できるプリントが出てくるはずです。一度捨てては見返して、というのを何度か繰り返していくと、必要なプリントがどういうものなのか、残しておきたいプリントはどういうものなのか、ということが子どもたち自身もわかってくるようになります。

子どもでも管理しやすいプリント整理の方法

子どもたちが自分でプリントを仕分けて管理できるようになれば、部屋が汚れることもないですし、必要なものがすぐに取り出せるようになります。提出物の未提出の心配もなくなります。しかし、分類する方法や必要なプリントを選別することができるだけでは完璧に流れが作れるわけではありません。プリント整理の方法を考え、家庭に合った方法で取り入れていきましょう。

塾から帰ったら仕分けまでは必ず取り組む

一番理想的な形は、塾から帰ってきたら、荷物の片付けついでにそのままプリントの分類をしてしまうことです。その日のうちに済ませてしまえば作業するプリントの数も少なく、すぐに片づけることができます。溜めてしまうから作業に時間がかかるし、必要かどうかがわからなくなってしまいます。

仕分けをしてファイリングをするまでは大変、という場合には、プリントを仕分けてそれぞれのファイルの中に入れておくだけでも十分です。時間のあるときに穴をあけて綴じるようにすれば良いですし、ファイリングだけは保護者に任せてしまうというのもひとつの方法としてあります。

一時保管場所を作る

プリント管理がうまくできない子に多いのが「何がどこにあるかわからない」ということです。いろいろな場所にプリントを置いているために、欲しいプリントが見つからない、番号順に並べようとしたら足りなかった、といった状態が起こってしまいます。そこで、プリントはすべてここに置く、という一時保管用の場所を用意してみましょう。

ただし、一時保管場所を作ると、ここに置いておけばプリントが無くならないとか、管理できていると勘違いしたりすることで安心してしまう子もいます。そのままどんどんとプリントを置いていけば一時保管場所もすぐにいっぱいになり溢れてしまいます。そこで一時保管場所がいっぱいになったら整理をする、一定期間放置が続いたらすべてのプリントを処分するというルールを設けるとよいでしょう。

プリントが処分されると困るという場合には、ある程度の時期が来たらプリントを整理するようになります。ただ、一時保管場所に置いたままで困らなかったという場合には、一時保管場所に置いているプリントは必要ないものだったという考え方もできます。ただ、解き直していないままのプリントを放置している可能性もあるので、できたら強制的に捨ててしまうよりは、一度整理して一時置き場を空にする習慣をつけることが望ましいです。

プリントの収納場所を決める

単純なことですが、ものを片付ける場所がわかっていれば、出したものをそこに片づけるだけで部屋はきれいになります。子どもたちがプリントを管理できない理由の一つが、どこに置けばよいかがわからなくなっていることです。そこで、プリントをどこに置くかということを明確にしておきましょう。

プリントの一時置き場だけでなく、手元に残しておくプリントのファイルにも名前を付けるようにしたり、置き場所を固定したりするだけで管理がしやすくなります。保護者もプリントが落ちていたらどこに置けばよいかがわかるので、確認する手間が省け、きれいな状態が維持しやすいです。

親子でストレスフリーに管理できる環境が大切

プリント管理は、受験中はもちろんのこと、受験が終わってからも続くものです。そこで、きちんと管理ができないと長く親子にとってストレスの原因となることがあります。プリントが見つからないストレス、なかなか部屋が片付かないストレスといったものが続くのは気持ちが良いことではありません。

そこで、親子でストレスフリーに過ごせるよう、どうやって何を管理するかということを明確にしていきましょう。子どもたちだけでなく保護者も仕組みが理解できていれば手伝いやすいですし、きれいな状態が維持しやすくなります。

まとめ

今回は塾でたくさんもらうプリントの管理方法について紹介しました。「塾からもらうプリント=大切なもの」というイメージがあると、なかなか捨てることができません。しかし解き終わって理解ができたプリントは手元に残しておく必要ないです。そこで、コンスタントにプリントの見直しをして捨てることを心がけましょう。

慣れるまではどんなプリントを捨てて良いのか、残しておくべきなのか、ということが理解できず苦しむこともあります。面倒で時間のかかる作業ですが、一度子どもと一緒にプリントの分類をして、必要なプリントがどれなのか、どうやって保管するのか、というシステムを作るようにしましょう。わかりやすい行動動線ができれば子どもたちも取り組みやすく、毎週のルーティン化ができるようになります。

目次