中学受験を社会で成功させるためのスタディアップ教材はこちら

中学受験 日能研

中学受験に備えて、小学生の頃から塾に通うという事は珍しくありません。特に、日能研は小学1年生から通う事が出来るとあって、早い段階から中学受験を考えている親にとっては、とても嬉しい塾と呼べるでしょう。そんな日能研は一体どのような塾なのかを、今回はご紹介します。

 

【授業料・費用】
日能研に通う場合、まず入会金が必要になります。小学6年生を例にとって見てみると、入会金は21,000円となっています。授業料は、コースによって異なりますが、およそ2万から4万円です。「実力判定テスト」にかかる費用は、全6回で4科目の場合22,470円、2科目の場合は16,050円です。この他にも、教材費も発生しますので、決して安いとは言えません。

 

【カリキュラム】
中学受験を控えた小学6年生は、前期と後期によって学習テーマが異なります。前期では、自分自身の考え方や学び方を深めていくのがテーマとなりますが、後期では、徹底的に合格力を鍛える事がテーマとなるのが特徴です。後期の頃には、日能研入試問題研究特別講座も開講されます。日特と呼ばれるこの講義では、志望校を研究し、テスト対策を練ります。また、本番さながらのシュミレーションを行う事もあります。その為、中学受験に対する戦略を身につけられると言えるでしょう。

 

また、カリキュラムで使用されるテキストは、全て独自のものです。大手ならではの豊富なデータに加え、論理的に仕上げられたテキストは中学受験を控える子供にとっては、とても役立ちます。さらに、授業用と自宅用の2種類のテキストが用意されているので、授業で学んだ事を自宅でもしっかりと復習する事ができます。

 

【講師】
授業を担当する講師は、その科目の専任の講師です。その為、科目ごとに講師が異なる事になります。大学生のアルバイトが講師を行うというケースも、塾ではよく見られます。しかし日能研では、大学生のアルバイトが授業を担当する事はありません。きちんとしたプロが、科目ごとの授業を担当してくれるので、親としても安心して子供を任せる事が出来るでしょう。

 

【評判】
子供に合う・合わないによって、評判は大きく異なります。成績がグングン伸びたという声もあれば、成績が下がってしまったので他の塾に転校させたという声もあります。特に、元々やる気のある、モチベーションの高い子供にとっては、良い環境となるので、成績が伸びやすいと言われています。

 

中でも「全国公開模試」はモチベーションを上げるのに最適です。「全国公開模試」は、小学4年生から受験する事ができます。小学4年生の場合は「実力判定テスト」のみしか受験できませんが、小学5年生になると「PRE合格判定テスト」も受験可能になります。

 

そして小学6年生になると「合格判定テスト」、「合格力完成テストファイナル256」、「合格力育成テスト」、「志望校判定テスト」、「志望校選定テスト」も受験できます。これだけ豊富な模試を受験できるのは、日能研だけです。

ABOUT US
『中学受験において社会こそがまず最初に固めるべき教科であり、いかに社会を早めに仕上げることこそが合格につながる戦略か。』その理念のもと、野村恵祐が立ち上げ、代表を務める日本で唯一の中学受験 社会科専門塾。 授業形式のライブ講義や、家庭学習で効率良く社会の成績をアップさせるような講義CD・テキストなどの教材の通販も行っている。現在は創業13年で、その実績はNHKなどのTVや、講談社・小学館などのメディアでも多数紹介されている。