中学受験で偏差値が50ということは?偏差値50の実態とその勉強法

中学受験で偏差値が50ということは?

保護者の方自身は中学受験をしたことがなく、親子揃ってはじめての中学受験という方も少なくないでしょう。中学受験をするという小学生は地域によって比率は異なってきますが、中学受験をするという子は一定数いらっしゃいます。

そして中学受験の模試を経験していく中で、お子様の偏差値が明らかになってくると思います。偏差値40、50、60、70と、お子さんそれぞれ偏差値が異なってくるでしょう。

模試をやっていく上で、「自分の子供が偏差値50だということが分かった」という方もいらっしゃると思います。中学受験において子供の偏差値が50ということは、実際はどのくらいのレベルだと言えるのでしょうか?偏差値は受験者全体に対しての、自分自信の順位を示すためのものです。偏差値が50ということは、全体におけるちょうど真ん中ということになります。

ここでは、中学受験における偏差値50の実態と、偏差値50からの偏差値を60にアップするための勉強法について見てきます。中学受験における偏差値50についての実態が分かれば、中学受験をしていく上での自分自身の立ち位置や、目標が明確になるのではないでしょうか。さらに、偏差値50から60に上がることで、お子さんの選択肢はグンと広がるでしょう。

目次

偏差値50とはすごいこと!中学受験における偏差値50の実態

まず中学受験の前提として、中学受験には全国的にハイレベルな子たちが受験生として集まるという傾向があります。中学受験する子が増えていると言っても、中学受験をするという小学生はまだまだとても多いとは言えません。その上、中学受験に対して意識の高い子たちが中学受験をすることが多いです。

そうなると、中学受験においての偏差値が50ということは、どういう意味になるのでしょうか?そのハイレベルな小学生の中において、ちょうど真ん中あたりの順位ということになります。これは、非常にすごいことだと言えるでしょう。

また、中学受験において偏差値40だとしても、全国的な小学生のレベルとしては高いと言えるのです。そのため、偏差値60、70の小学生のTOP層は相当ハイレベルな子たちだと断定できるでしょう。

中学受験においては偏差値が40~50だとしても、一般的な学力は低いとは言えないということがお分かりいただけたと思います。中学受験の偏差値は、そういう基準だとお考えください。

中学受験で偏差値50の子は、普段からこのくらい勉強している

基本的に、偏差値が50ある子は、ある程度の勉強時間を確保しています。その勉強に費やす時間の中で、偏差値が50以上の子はさらに効率的な勉強法が行えているため、成績アップができているのです。

効率的な勉強法とは、基本をしっかりと理解するということが挙げられます。やはり、基本からしっかり理解していると、応用問題なども解くことが可能となります。そのため、基本から理解するということは非常に大切なことです。

また、模試の見直しをしっかりと行うことによって、各問題の正答率が明確にしています。各問題の正答率が分かるようになれば、自分が得意なことや苦手な分野をしっかりと見えてくるでしょう。偏差値50の子は苦手な問題を復習することで、解き方を再度確認するようにしています。

偏差値が50以上の子は模試を受ける際にも、分かる問題と分からない問題をしっかりと見極めて、平均点を取るための問題の選別が上手くできています。そのため、試験時間内で問題の取捨選択がある程度はできているため、模試の得点も高く取れるのです。

偏差値を50に上げるためには、このように効果的な勉強法を取り入れるようにしましょう。

偏差値50からのさらに偏差値10アップのための7つの正しい勉強法

偏差値50に成績アップするためには、効果的な勉強法を取り入れていく必要があると書きました。それでは、偏差値50台から偏差値60までアップさせるためには、効果的な勉強の他に、どういった勉強法が必要になってくるでしょうか?

偏差値50からの偏差値を10アップするためには、

  1. 「問題の本質もしっかりと理解する」
  2. 「ちょっとした疑問でも先生に聞く」
  3. 「思い切って基礎から勉強する」
  4. 「苦手な分野絞って勉強する」
  5. 「時間管理を徹底する」
  6. 「分からない用語の意味を徹底的に調べる」
  7. 「正答率を上げること」

といった、7つの勉強法が挙げられます。これら7つの勉強法について、具体的に見てきましょう。

1. 問題の本質をしっかりと理解する

偏差値60突破を目指していく上では、「問題の本質をしっかりと理解する」という勉強法が非常に効果的です。問題の本質を理解するということは、問題の考え方や理屈を深く理解しているということになります。

偏差値60以下の受験生たちは、意外と丸覚えが多く、問題の本質を理解できていないことが多いです。一方、偏差値60の受験生は、問題の本質という深いところまで理解できています。

そのため、問題文の形式が変わっても、考え方や理屈を理解しているので問題なく解くことができるのです。問題の本質が理解できていないと、問題文の形式が変わったら問題を解くことができなくなってしまいます。また、基礎からの応用問題を解くことができません。

学力を高めるためにも、問題の本質までしっかりと理解するような勉強法を取り入れましょう。

2. ちょっとした疑問でも先生に聞く

偏差値40で成績が伸び悩んでいる方には、「ちょっとした疑問だけだと、先生に聞くことができない」「ちょっとした思いつきの疑問は別に質問しなくてもいいか」という方が多い傾向があります。

一方、偏差値60を超える成績を持つ子は「ちょっとした疑問だけでも先生に聞くことができる」という特徴があります。質問が特に多い科目として、算数の授業が挙げられるでしょう。

  • 「どうしてこの答えになるのか」
  • 「どうしてこの解き方になるのか」

このような疑問が算数では多く出てくることでしょう。疑問が湧いたとき、そのモヤモヤをひとつずつしっかりと晴らしていくことができるかどうかで、偏差値アップができるかどうかも左右されてくるということです。

ちょっとした疑問でも質問しても恥ずかしいことではないという気持ちでいることが大切だと言えるでしょう。

3. 思い切って基礎から勉強する

偏差値が50台で思うように伸びていかないときは、「思い切って基礎的な部分も再度勉強し直す」ということも大切です。基礎がしっかり理解できていないと、やはり応用問題を解くことは厳しいでしょう。

自分がどこからどこまでを理解できているのかをよく確認すると、偏差値アップにつなげることができます。大きな成果を出すためには、目の前のことをひとつずつこなしていった方が近道になることもあるのです。

偏差値50から60まで成績アップをするためには、ときに基礎に振り返るということも忘れないようすることが大切だと言えるでしょう。

4. 苦手な分野に絞って勉強する

偏差値が50から伸び悩んでいるという方には、得意なところばかりを繰り返し解いているという方が多くいらっしゃいます。得意なところばかり復習していても、偏差値50の壁を超えることはできません。

偏差値50台を抜け出すためには「苦手な分野に絞って勉強すること」も、非常に重要となってきます。苦手な範囲に絞って勉強するということは、勉強時間において無駄な時間を省くことができるため、非常に効率的な勉強を行うことが可能でしょう。苦手な分野を得意分野に変えることもできます。

また、苦手な分野に絞って勉強するということは、勉強する上で正しい方向性をしっかりと定めることにもつながります。そのため、正しい方向性で努力を積み重ねることが可能です。

成績アップをするためにはどういったことを勉強するかという計画を、自分自身で考えるということも非常に大切だと言えるでしょう。

5. 時間管理を徹底する

偏差値50からの勉強法として、「時間管理を徹底する」という勉強法も挙げることができます。時間を徹底するとは、どういったことでしょうか?

たとえば、問題文を理解するまでの時間を1分として、問題を解くことにかける時間を3分に設定するといった勉強法のことです。このように時間管理を徹底することは、偏差値をアップさせることにおいて非常に効果的です。模擬試験などの問題における時間配分を徹底することで、効率的に問題を解いていくことができるようになります。

また、こういった問題における時間管理を習慣化していくと、問題を見ただけで「この問題にはどれだけの時間配分をしていけばいいのか?」ということが分かるようになってきます。

偏差値50の壁を突破するためにも、時間管理を徹底してきましょう。

6. 分からない用語の意味を徹底的に調べる

問題文の本質を理解するためには、「分からない用語の意味を徹底的に調べていく」ということが重要です。

問題文を読み解いていく上で、「この単語の意味が分からない・・・」「単語の意味が分からないけど、なんとなくニュアンスを感じ取って問題を解いていこう」というような勉強を進めていってしまうと、本質的なことを理解することは難しいでしょう。

そのため、分からない単語が見つかったら基礎的な内容がまとまっている参考書【弊社でいうコンプリートマスターや暗記の極意777シリーズ】で、すぐ調べるということを習慣化させることがとても大切です。

分からない言葉をそのままにしてしまうというお子さんの場合は今からでも、分からない言葉を検索する習慣をつけさせましょう。

分からない用語の意味を調べる癖をつければ、基礎的な知識をつけることにもつながり、結果的に学力アップにつながります。

7. 正答率を上げること

繰り返しになりますが、「分かる問題と分からない問題を見極める」ということで、「正答率を上げること」につながります。自分自身が解ける問題とそうでない問題に分類していくことで、効率的に得点を稼いでいくことが可能です。

試験内における時間管理について徹底していく上で、時間内に解けそうもないという問題は意地にならず後回しにするか、思い切ってパスするという勇気も必要になるでしょう。

すなわち、分かる問題と分からない問題を見極めるようになるということは、時間管理ができるようになるということにもつながるというワケです。

何分経っても解けそうにない問題に、多くの時間をかけることは絶対に避けましょう。1つの問題に固執するよりも、解くことができる他の問題を多く解いたほうが、はるかに成績アップにつながりやすいでしょう。

まとめ

ここまで、中学受験における偏差値50の実態や偏差値50から偏差値60を目指す勉強法など、さまざまなことついてご紹介してきました。いかがだったでしょうか?中学受験における、偏差値アップのポイントを掴むことができたと思います。

中学受験における偏差値が50だということは、全国的な小学生のレベルとしては高いほうだと言えます。中学受験はただでさえ、ハイレベルな集団の集まりの中で順位を争っていかなければならないため、非常に厳しい世界でしょう。

熾烈な中学受験において途中で中学受験を諦めてしまったり、強いストレスで悩む小学生もいる中で、最終的に中学受験を乗り切ることは素晴らしい経験にもなります。

そして、中学受験は親子のチーム戦です。ぜひ、お子様の状況を見ながら、ご家庭ごとの中学受験の理想系に向かって最適化していきましょう。

目次