中学受験で偏差値が40の受験生!その原因と解決のための正しい勉強法

中学受験で偏差値が40の受験生!その原因と解決のための正しい勉強法

「中学受験で偏差値40ってどうなんだろう?」というように思われている方もいらっしゃることでしょう。自分のお子さんが中学受験を控えていて、中学受験における偏差値が40だということが分かった方もいらっしゃると思います。

また、偏差値が40以下だということもありえるでしょう。一般的に偏差値が40だということは、中学受験をお考えの方にとってはそこまで喜ばしいことではないかもしれません。

「偏差値が40って低いほうだと思うけど、うちの子は中学受験をやっていけるのだろうか?」と心配になってしまう気持ちも分かります。しかし、中学受験をしている小学生が多いとは言えない世の中において、偏差値40は低い数値だと本当に言えるのでしょうか?

実は、高校受験や大学受験においての偏差値と、中学受験における偏差値には大きな違いがあるのです。

ここでは、中学受験における偏差値40の実態について見ていきます。また、偏差値が40の子における原因と偏差値40からの正しい勉強法についてご紹介していきます。最後までご覧いただければ、中学受験における大事なポイントを理解することができるはずです。

目次

そもそも中学受験における「偏差値40」は普通の小学生よりもはるかに上位

最初に、中学受験の偏差値40ということがどういう基準なのか解説していきます。

意外に思われる方も多くいらっしゃるかと思われますが、中学受験における偏差値が40ということは普通の小学生よりもはるかに優秀だということです。一般的に偏差値が低いほうだと思われていた偏差値40ですが、小学生の全体としてはかなり優秀だと言えます。これはどうしてなのでしょうか?

実は、高校受験をするという方は9割以上のほとんどの方がするのに対して、中学受験をするという方は全体のわずか1割程度しかしないという事実があります。

さらに、そういった中学受験をする方は教育に対する意識が高い方が非常に多いという傾向があるのです。ここがポイントだと言えるでしょう。

中学受験の場合、その母集団のレベルが全体的に高いということです。そのため、成績が普段良い方でも中学受験の模試においては偏差値が低くなってしまうことがあります。中学受験における偏差値とは、中学受験をする人だけの中の全体における自分の順位を示すものだからです。

改めて言うと、偏差値40であったとしても、全国の小学生全体の中では上位だということです。ただ、中学受験には優秀な受験生が集まる傾向があるため、偏差値が低くなってしまうということですね。

また、模擬試験の種類によっても偏差値が変わってくるため、偏差値の数値はあなたのお子さんを表す絶対的な数値ではありません。そのため、偏差値を上げようと努力すれば結果として偏差値アップすることは可能なのです。

ここからは、お子さんの偏差値を上げるための勉強法について見てきましょう!

中学受験で偏差値が40の場合に多い3つの原因

お子さんの偏差値を上げる勉強法をご紹介する前に、「うちの子はどうして偏差値が40で伸び悩んでしまうのか?」ということについて触れておきましょう。中学受験で偏差値が40で伸び悩んでしまうことには原因があります。

偏差値が伸び悩んでしまう原因を知ることができれば、それを改善することで偏差値をアップさせることが可能だと言えるでしょう。そのため、偏差値が伸び悩む原因について知ることは非常に重要なことなのです。

中学受験においてお子さんの偏差値が伸び悩んでしまう原因として考えられるのは、「復習をしない」「自分に自身がない」「授業の受け方が正しくない」ということが挙げられます。ひとつずつ見ていきましょう。

復習をしない

中学受験において偏差値が40で伸び悩んでしまう原因として、塾などで習った内容を「復習をしない」ということが挙げられます。学校生活において「復習は大事!」と言われた経験がある方も多くいらっしゃることでしょう。中学受験においても、復習は本当に大事なことなのです。

偏差値40の小学生は勉強ができないというわけではなく、授業の内容が理解できないというわけでもないということが多いです。実は、偏差値40の方は復習をしていないケースが非常に多いのです。

授業中で教えてもらったことを教室の中では理解できているのに、授業後に一切復習をしないため、教室で教えてもらったことをどんどん忘れていってしまいます。そのため、結果的には、授業の内容を理解できていない状態となり、模試でも「偏差値が低く」なってしまうのです。

その上、授業を受けて1~3週間後だったり、数ヶ月経ってからの模試では、復習をしない子はテストの点数がどんどん低くなってしまい、悪循環になってしまいます。

一方、塾で習った事を家庭学習の中で復習をしっかりと行う生徒は、教わったことを繰り返し勉強するため、先生が言っていたことやポイントが思い出され、頭に残りやすくなります。知識を繰り返しインプットしようとするため、教わったことを忘れにくくなるのです。そのため、偏差値が高い子は復習をしっかりと行うような子が多いのです。

自分に自信がない

「自分に自信が持てない」というお子さんも、偏差値が40で伸び悩んでしまいやすいと言えるでしょう。言い換えると、偏差値が40のお子さんは自分の学力が低いと自信を喪失してしまいやすいのです。

偏差値40は、小学生の中では決して低い学力ではないというように判断されにくいため、自分自身に自信が持てなくなってしまうのでしょう。親や塾の先生から「もっと頑張りなさい!」と言われることもきっとあると思います。

そして、頑張っているのに結果がでない自分に、さらに自信が持てなくなるという悪循環に陥ってしまうこともあるでしょう。その結果、勉強嫌いになってしまう恐れもあります。最悪の場合は、中学受験を途中でやめたいという場合も出てしまうでしょう。

中学受験だけではなく言えることですが、物事に取りかかる上で自分に自信が持てるということは非常に重要なことです。自分を信じていることで、いざというときでも踏ん張ることができます。新しい事業をスタートするときや、なにかにチャレンジするときも、自分自身に自信があるかどうかで今後が大きく左右されるでしょう。

まずは、お子さんに小さな自信をつけさせてあげることから始めると良いですね。

授業の受け方が正しくない

「授業の受け方が正しくない」と言うと語弊が生じるかもしれません。これは具体的に言うと、授業で「書くこと」「聞くこと」のうち、書くことにとらわれてしまっているということです。

授業に追いつくスピードは人それぞれだと思います。そのため、授業に追いついていけない方も出てきてしまうものです。そういった方は授業の書くことに必死で、聞くことができていないことが多いです。決して授業を真面目に受けていないということではありません。

偏差値が40で伸び悩んでしまっている小学生には、書くことしかできていないという方が多いと言えます。そのため、授業において「聞けるようになる」ということが重要です。

聞けるようになるには教員が生徒の学習ペースに合わせていったり、書くことと聞くことを明確に指示してあげるようにすると良いでしょう。

中学受験の学習塾では書くことと聞くことをしっかりと分けていることが多いです。それでも、先生の説明に追いつけない子が出てきてしまいます。そういった場合は、お子さんに正しい授業の受け方を指導してあげましょう。

お子さんに注意する際は、「書くときは書く、聞くときは聞く」というように、具体的に教えてあげると分かりやすいです。

偏差値40からの成績アップのための3つの正しい勉強法

正しい勉強法のポイントを少し抑えるだけで、偏差値40から成績アップにつなげることができます。偏差値40から50までには、大きな壁というものは存在しないからです。今までどおりの勉強法に、少しポイントを抑えて勉強を続けるだけで大丈夫でしょう。

ここまでご紹介してきた「偏差値40で伸び悩んでしまう原因」をしっかりと踏まえた上で、これからご紹介する勉強法を実践してみてください。これからご紹介する「偏差値40からの成績アップのための3つの正しい勉強法」では、勉強に取り組んでいく上での重要な3つのポイントについて触れていきます。

3つの勉強法としては、「やるべきことを絞り込む」「しっかりと復習すること」「モチベーションを維持させる」ということが挙げられます。これら3つの勉強法について、具体的に見ていきましょう。

やるべきことを絞り込む

まずは、「やるべきことを絞り込む」という勉強法です。お子さんの偏差値が思うように伸びない原因は、上述した原因の他にも「成績を伸ばすために効果的な勉強をしていないから」だとも言えます。どんなに長い時間をかけて勉強しても、効率の良い勉強ができていなければ偏差値がアップするとは限られないでしょう。

では、効率的な勉強とは具体的にはどういったことでしょうか?効率的な勉強とは、成績アップするためにはどこを勉強するか、そしてどれくらいの時間をかけて勉強をするかということを徹底して勉強に取り組むということです。

ダラダラと勉強をするのではなく、本当に必要なことだけを集中して勉強に取り組みます。やるべきことが明確なので集中力が継続しやすいでしょう。

やみくもに全ての範囲を勉強しようとしても成績アップすることは難しいため、成績アップの見込みがあるところを集中して取り組むことが大切です。

親子で作戦を立ててから中学受験に取り組んでいくという感覚になります。その上で、社会をまず最初に固めることは、4科の総合点を上げる戦略として非常に効果的です。偏差値が40台で悩まれている方は、スタディアップの学習戦略をぜひご検討ください。

関連記事:スタディアップの社会を固めて4科の総合点を上げる学習戦略

しっかりと復習をすること

偏差値40で伸び悩んでしまう原因でもご紹介したことで、「しっかりと復習をする」という勉強法です。塾の授業や、参考書などで学んだことを繰り返し勉強をすることで、知識が記憶として残りやすくなります。

偏差値アップをしやすい子は、復習することを欠かしません。授業などで理解できたことも忘れてしまったら意味はないため、しっかりと復習をして脳に知識を定着させましょう。

復習するという勉強方法が習慣化すれば、成績が伸びる仕組みが出来上がります。普段自分の子に復習するという習慣がない場合は、今からでも復習する習慣をつけるようにしましょう。

復習をしっかりと行うという勉強法は何度も理解し直したりすることがなくなるため、効率的な勉強だと言えるでしょう。

モチベーションを維持させる

あなたのお子さんが「勉強のモチベーションを維持できる」ということも、偏差値をアップさせるために効果的です。モチベーションを維持させるためには「自分にもできる」「成功できるだろう」という気持ちが重要になります。

そのようなポジティブな考えになるためには、自分自身に自信を持っていることが大切です。上述したとおり、自分自身に自信が持てない子は偏差値が上がりにくくなります。お子さんが自信を持ってもらうためには、保護者である親が子供にポジティブな言葉をかけることが効果的です。

「成績を上げないといけない!」というようにプレッシャーがかかってしまう言葉をかけてしまうと、成績アップすることは難しくなってしまいます。親は子供の背中をそっと押して上げるぐらいの言葉がけの方が。お子さんのためになるでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?偏差値40から成績アップするためのポイントについて、理解を深めることができたことでしょう。

上述したとおり、偏差値40から偏差値50まで成績アップをすることは戦略次第で全く難しいことではありません。今の勉強法が良くない可能性が高いのです。今回ご紹介した勉強法などを上手く取り入れていけば、お子さんの成績アップにつなげることは可能です。

中学受験をお考えの方は、出来る限り早めのうちから偏差値が上がる勉強法を実践し、自分に最適な形を見つけることができれば、お子さんの志望校選びの幅が広がること間違いありません。

関連記事:偏差値アップのスタディアップ教材 人気ランキング1位

目次