中学受験偏差値一覧!各学校の特長・教育方針まとめ2022

中学校偏差値一覧&偏差値ごとの学校の特長・教育方針

ここでは、「中学受験の偏差値ごとの学校一覧と、その学校の分かりやすくまとめてある特長や教育方針が知りたい!」というような方に向けて、中学校受験の人気中学校を、偏差値70台、60台、50台、40台のグループに分けてご紹介していきます。

現代において、中学受験を行うという小学生は増加している傾向があります。あなたのお子さんも、もしかしたら中学受験にチャレンジするのではないでしょうか?

中学受験における偏差値ごとの学校を知ることで、お子さんの学校選びの参考になるでしょう。そして、「うちの子はこのレベルの学校に行けるのか」ということが分かれば、これからの学校選びをスムーズに行えるようになるのではないでしょうか。あなたのお子さんが通うことになるであろう中学校の候補として、中学校選びの参考として是非ご覧下さい。

目次

中学受験の偏差値が70台の学校の特長・教育方針

それではまず、中学受験において偏差値が70台の学校について見ていきましょう。中学受験において偏差値が70台の学校は、かなりハイレベルな受験戦争となります。入学試験においても、高い正答率を必要とするでしょう。

中学受験は高校受験とは違い、まだまだ受験者は多いとは言えません。その上、中学受験を受けるという小学生は優秀な子が多いという事実があります。そのため、ハイレベルな小学生で中学受験は構成されているとも言えるのです。

そういったレベルが高い中学受験で、偏差値を70に維持していくのはかなり難しいでしょう。合格の難易度が高い偏差値70の学校には、いったいどういった学校があるでしょうか?

筑波大学附属駒場中学校

偏差値70台の学校の中でも「筑波大学附属駒場中学校」は、かなりハイレベルだと言えます。現在の筑波大学附属駒場中学校は偏差値79と、トップレベルの偏差値となっています。

筑波大学附属駒場中学校は、東京都世田谷区に設立する国立の男子校です。「自由・闊達の校風のもと、挑戦し、創造し、貢献する生き方をめざす」というのが、筑波大学附属駒場中学校の学校目標となっています。

そのため、筑波大学附属駒場中学校は自由な校風としてよく知られています。さらに、東京大学への進学者を、数多く輩出しているという進学実績を持つ超名門校とも言えるでしょう。

開成中学校

筑波大学附属駒場中学校につぎ、東京都荒川区に設立する「開成中学校」も、全国的にトップクラスの超名門校だと言えるでしょう。開成中学校は偏差値77を誇る私立の男子校です。

開成中学校は「たくましい大人として生きる」ということを教育方針としています。そのため、開成中学校では社会人として社会に貢献できる基礎を学んでいくことが可能です。

また、開成中学校は東京大学合格者を多く輩出しています。その東京大学の合格者数は、日本において31年連続で第1位だと言われているほどです。

開成中学校は日本を代表する名門私立校で、かなり硬派な学校だと言えるのではないでしょうか。

桜蔭中学校

東京都文京区に設立する私立の女子校である「桜蔭中学校」。桜蔭中学校は偏差値は72と非常に高い偏差値を誇っています。また、東京大学などの名門への進学実績も豊富で、女子生徒の間では「憧れの学校第1位」に輝いてるほどです。

「勤勉・温雅・聡明であれ。」「責任を重んじ、礼儀を厚くし、よき社会人であれ。」といった校訓を、桜蔭中学校では掲げています。そのため、社会人として必要な礼節を学ぶ授業を取り入れています。桜蔭中学校では、礼節を重んじた日本人にとって理想の女性として成長することができるでしょう。

渋谷教育学園渋谷中学校

「渋谷教育学園渋谷中学校」は、東京都渋谷区に設立されている男女共学制の私立中学校です。偏差値72の高偏差値を誇る超名門校の渋谷教育学園渋谷中学校。

渋谷教育学園渋谷中学校は、与えられた知識を自分なりに深化させて次の知識につなげていくという「自調自考」という考え方を重視しています。自調自考という教育基盤は、現代の情報社会において必要となる考え方のため、取り入れられているようです。

上述した学校と同様に、東京大学や医学部医学科への合格者が多いという進学実績を持つ渋谷教育学園渋谷中学校は、名門校だと言えるでしょう。

慶應義塾中等部

「慶應義塾大学」は全国的に見てもご存知の方がほぼ全てでしょう。有名な慶應義塾大学まで、エスカレーター式(無試験で上級学校に進学できるということ)で進学できるというメリットがある「慶應義塾中等部」。

東京都港区に設立されている慶應義塾中等部は、男女共学制の私立の中学校です。慶應義塾中等部は、偏差値72と高偏差値を誇る名門校だとも言えるでしょう。

慶應義塾中等部は自由な校風でもあり、のびのびとした教育を受けながら社会で活躍できる立派な社会人としての成長ができるでしょう。

麻布中学校

さらに偏差値72の学校が続きます。東京都港区にある私立男子校である「麻布中学校」です。

麻生中学校は、生徒自身の主体的な学びや未来を切り拓くたくましさや知性などを、生徒への教育方針として定めています。麻生中学校での学習内容は中学生においてトップレベルの内容であり、さまざまな分野において高い知識力を養うことができるでしょう。

受験勉強に偏っていないということにも定評があるハイレベルな授業を、麻生中学校で経験することが可能です。

早稲田中学校

こちらも偏差値が72である「早稲田中学校」。早稲田中学校は、東京新宿区にある私立の男子校です。慶應義塾中等部が慶應義塾大学へエスカレータ式に入学できるのと同じように早稲田中学校も、かの有名な「早稲田大学」へ推薦入学(生徒全員ではない)することが可能です。

早稲田中学校は生徒の個性を重宝するという教育方針があり、個性を伸ばして社会に貢献する人材を育てることを目標としています。そして、早稲田中学校は文武両道の生徒像を理想としているため、部活動も盛んに行われている学校です。

早稲田中学校は奨学金制度も充実しているようです。

筑波大学附属中学校

東京都文京区に設立されている「筑波大学附属中学校」。筑波大学附属中学校は偏差値71を誇る国立の男女共学制を取り入れた学校です。

筑波大学附属中学校は「自分自身で考えて行動していく力」の育成に注力した学校でもあり、教育方針としてはかなり硬派な学校だと言えるでしょう。さらに、設立されてから120年以上という長い歴史を持ちます。伝統ある筑波大学附属中学校は、進学実績も豊富です。

女子学院中学校

東京都千代田区に設立されている「女子学院中学校」はその名のとおり、私立の女子校です。女子学院中学校は偏差値71という高い偏差値を誇ります。

女子学院中学校は創立以来、キリスト教の精神をもとに教育を行っています。生徒の有名大学への進学という目的だけに偏っておらず、「生徒の学び」に重きを置いている学校です。一方、授業の内容もハイレベルとなっており、高い知識力をつけられるでしょう。

女子学院中学には制服や厳しい校則もなく、生徒の個性を尊重し、のびのびと学業に取り組めるような校風となっています。

豊島岡女子学園中学校

「豊島岡女子学園中学校」は、東京都豊島区に設立されている私立の女子校です。偏差値は71を誇っており、創立から120年以上の伝統校となっています。

豊島岡女子学園中学校は「道徳」など、精神的な部分を重視しています。物事に取り組む際の取り組む姿勢や努力の積み重ねの大切さを、生徒に教育するという方針があるのです。

また、礼儀作法についても豊島岡女子学園中学校は重視しています。そのため礼儀作法を学ぶための講座を開き、在学中の生徒に指導を行っています。

中学受験の偏差値が60台の学校の特長・教育方針

ここまで、偏差値70台の学校についてご紹介してきました。中学受験におけるハイレベルな学校にはどういった学校があるのか、よくお分かりいただけたかと思います。

次は、一般的な模試における偏差値60台の学校について見ていきます。ちなみに、偏差値60台というのはレベルの高い中学受験においては相当高い偏差値です。では、偏差値が60台の学校には、どういった学校があるのでしょうか?

お茶の水女子大学附属中学校

偏差値60台の学校として、東京都文京区の「お茶の水女子大学附属中学校」があります。お茶の水女子大学附属中学校は、偏差値69を誇る男女共学の国立中学校です。

「自主自律の精神をもち、広い視野に立って行動する生徒を育成する。」という教育目標を、お茶の水女子大学附属中学校は掲げています。その教育目標をもとに、「学習指導」「生活指導」「進路指導」などに重点を置いています。

また、男女共学となっていますが男子生徒より女子生徒の方が割合的には多いです。その対比は男女1:2となっています。

雙葉中学校

東京都千代田区に設立されている「雙葉中学校」は、私立の女子校です。雙葉中学校は生徒ひとりひとりを大切にするという「全人教育」を取り入れています。そのため、生徒の個性が尊重される校風となっています。生徒同士を争わせたりすることもありません。

偏差値も69と高い数値を誇っており、女子生徒が憧れる名門校だと言えるでしょう。世間からお嬢様学校と呼ばれている雙葉中学校は、エリート集団であるという事実もあるのです。

東京都立両国高等学校附属中学校

東京都墨田区に設立されている「東京都立両国高等学校附属中学校」は、男女共学制の公立中学校です。東京都立両国高等学校附属中学校では、自分自身で積極的に学んでいくという「自律自修」を教育指針としています。そして自らの将来を切り拓いていけるようなリーダーの育成を目標としているのです。

東京都立両国高等学校附属中学校は授業の内容も大切にしており、偏差値も67と高水準の中学校となっています。また、教育活動も「言語の育成」「英語によるコミュニケーション」などといった特色のあるものとなっています。東京都立両国高等学校附属中学校は、「言語の育成」を主に力を入れていることがお分かりいただけるでしょう。

攻玉社中学校

「攻玉社中学校」は、東京都品川区に設立された私立の男子校です。偏差値は66となっており、完全型中高一貫校となっています。完全型中高一貫校のため、高校募集は2012年から休止しています。

攻玉社中学校は、「誠意」「礼譲」「質実剛健」という3つの精神を教育理念として掲げています。こういった教育理念をもとに教育を行っているため、高い知性や責任感、粘り強さを兼ねた生徒に成長していくでしょう。

本校の生徒は「攻玉社男子」と呼ばれ、社会人として芯が強い人間へと成長していくように教育されていきます。

頌栄女子学院中学校

東京都港区に設立されている「頌栄女子学院中学校」は、私立の女子校です。頌栄女子学院中学校偏差値は65となっており、キリスト教をもとにした教育を行っています。

また、頌栄女子学院中学校では、英語教育に最も力を入れているという特色があります。さらに全体の生徒のうち2割が帰国生のため、一般の学生と帰国生が互いに刺激し合って言語能力を高めていくことができるでしょう。

そのため、外国語の教育に力を入れている頌栄女子学院中学校では、「帰国子女が受け入れやすい」という特長があります。

青山学院中等部

「青山学院中等部」は、東京都渋谷区に設立されている男女共学制の私立中学校です。偏差値64を誇っている私立一貫校となっています。

青山学院中等部は「生徒一人ひとりの人格を育て、バランスのとれた人格形成を目指す」という教育方針を持っています。キリストの教えにもとづいた人格教育を、重視しているのです。さらに、毎日礼拝の時間を取り入れているということが青山学院中等部の特長です。

また、「基礎学力の習得と併せて個性と自主性を伸ばす」という学校の目標を青山学院中等部は掲げています。

東京都立大泉高等学校附属中学校

東京都渋谷区に設立された「東京都立大泉高等学校附属中学校」は、男女共学の私立中学校です。偏差値は63を誇っており、私立中高一貫校でもあります。

私立中高一貫校というメリットを最大限に生かした特色ある教育活動をしていくことが、東京都立大泉高等学校附属中学が目指している目標です。創立は70年以上という長い歴史を持っています。

東京都立大泉高等学校附属中学校の特長として、豊富な蔵書を揃えている図書館があることや、都立校一の広さをもつグランドが設備として挙げられるということです。

東京都立白鴎高等学校附属中学校

東京都大東区の「東京都立白鴎高等学校附属中学校」は、偏差値62を誇る男女共学制の公立中学校です。

「開拓精神」という教育理念を掲げており、生徒自身の意思や努力をもって人生を切り拓いていくという精神に重点を置いています。開拓精神に磨きをかけ、将来は社会で活躍できるようなリーダーの育成を目指しているという学校です。

東京都立白鴎高等学校附属中学校は、夏季にオーストラリアへの短期海外留学(希望者のみ)なども行っています。海外留学に留学すれば、異文化の人々との交流を経て幅広い考え方の向上を図ることができるでしょう。

東京学芸大学附属世田谷中学校

東京都文京区に設立されている「東京学芸大学附属世田谷中学校」は、男女共学制の国立中学校です。偏差値62を誇っており、東京学芸大学に付随する学校です。

東京学芸大学附属世田谷中学校では、「個性的で人間性豊かな人格をつくる」「創造性豊かな人間を育てる」「敬愛の精神に溢れてた人間を育てる」という3つの教育目標を掲げています。生徒一人ひとりの個性を尊重しながら、社会人として立派な生徒の育成を目指しているのです。

また、東京学芸大学附属世田谷中学校では独自の教材を使った、質の高い授業を行っているという特長が挙げられます。

中央大学附属中学校

東京都小金井市に設立されている、男女共学制の私立中学校である「中央大学附属中学校」。偏差値は60を誇っており、私立中高大一貫校でもあります。

中央大学附属中学校では、「生徒自らが考え行動する」という教育方針を掲げています。教育制度も充実しており、法教育や海外の学校との交流など多種多様な学習プログラムを取り扱っているということが、中央大学附属中学校の特長だと言えるでしょう。

また、テーブルマナー講義といった「食育授業」や、課題図書などの「国語教育」といった他の学校とは一味異なる授業を、中央大学附属中学校では経験することができます。

中学受験の偏差値が50台の学校の特長・教育方針

偏差値70台、偏差値60台といった中学校について見てきました。中学受験においては、さまざまな学校が選択肢として入ってくることがよく分かりましたね。

それでは、中学受験における偏差値50の学校にはどういった学校が選択肢として入ってくるかについて、見ていきましょう。

東京学芸大学附属小金井中学校

まずは、「東京学芸大学附属小金井中学校」が、偏差値50台の学校として挙げられます。東京学芸大学附属小金井中学校は、東京都小金井市に設立されている男女共学の国立中学校です。

東京学芸大学附属小金井中学校では、「自ら考え実践する生徒」「こころとからだを鍛える生徒」「思いやりや奉仕の気持ちを持つ生徒」「創意を働かせ工夫する生徒」「考えや気持ちを的確に表現できる生徒」「他から学び自らを変革できる生徒」といった生徒の育成を学校の目標として掲げています。

東京学芸大学附属小金井中学校は、個性的な授業が多いことでも知られているようです。

三田国際学園中学校

東京都世田谷区に設立されている、男女共学性の私立中学校である「三田国際学園中学校」。三田国際学園中学校は偏差値は59を誇っており、完全型の私立中高一貫校でもあります。

三田国際学園中学校は2012年において、創立110年を迎えたという長い歴史を持つ学校でもあるのです。各教科において「相互通行型授業」という考えることを支援する授業を取り入れていることが、三田国際学園中学校の特長だといえるでしょう。

香蘭女学校中等科

東京都品川区に設立された「香蘭女学校中等科」は、私立の女子校です。偏差値は58を誇っており、完全型私立中高一貫校でもあります。

香蘭女学校中等科は、女子生徒の学業と人格の両面を高めるという教育が特長です。また、「礼儀作法」「英語教育」「国際理解」などの特色のある教育も取り入れています。

香蘭女学校中等科は「ガールスカウト(自己開発、人とのまじわり、自然とともにの3つに趣を置いた活動)」の発足の地としても有名です。

青稜中学校

東京都品川区に設立された「青陵中学校」は、男女共学制の私立中学校です。青陵中学校は偏差値57を誇り、私立中高一貫校でもあります。

青陵中学校は「社会に貢献できる人間の育成」を教育の方針としています。現代の情報社会で活躍するために、「変化を求め、楽しもうとするスタンス」「挑戦し、熱狂する精神」「社会貢献」といったことを実現できる生徒教育を目指しています。

淑徳中学校

「淑徳中学校」は、男女共学制の私立中学校で、東京都板橋区に設立されています。淑徳中学校は偏差値58を誇っており、私立中高一貫校でもあるのです。

淑徳中学校は「LIFE(生命:あらゆる命を尊ぶ心)」「LOVE(愛:自分と同じく他者を愛する)」「LIBERTY(自由:何者にも束縛されない自由な心)」という3つの教育理念を掲げています。「生徒一人ひとりの学力や能力をどう社会につなげるか」ということにも、重点を置いて教育を行っていきます。

淑徳中学校は難関大学合格者数を多く輩出しているという事実もあり、高い進学実績を持つのです。

明治大学付属中野八王子中学校

東京八王子市に設立されている「明治大学付属中野八王子中学校」は、男女共学制の私立中学校です。偏差値58を誇り、私立中高一貫校でもあります。

明治大学付属中野八王子中学校は、「質実剛毅」「協同自治」といった教育理念を掲げています。その教育理念をもとに、生徒の将来の基盤となる学力の向上を重視した教育を目指しているのです。

また、明治大学付属中野八王子中学校は、国語や英語などの言語教育に力を入れています。入学した生徒の8割が、6年間の教育を終えたあとは明治大学へ進学するという実績もあります。

田園調布学園中等部

東京都世田谷区にある「田園調布学園中等部」は、私立の女子校です。田園調布学園中等部は偏差値56を誇り、私立中高一貫校でもあります。

田園調布学園中等部は、「自分本位の我を捨て、目標に向かって努力を続けること、他人よかれと行動すること」という「捨我精進」を、建学の精神として掲げています。

また、田園調布学園中等部は「海外ホームステイ」「イングリッシュキャンプ」などの国際交流を教育に取り入れているようです。そのため外国人との交流を通して、海外の文化を学ぶこともできるでしょう。

さらに、電子黒板なども積極的に活用しているという特長もあります。

東京学芸大学附属国際中等教育学校

「東京学芸大学附属国際中等教育学校」は、東京都練馬区に設立された学校です。偏差値は54を誇り、男女共学制の国立中等教育学校です。

東京学芸大学附属国際中等教育学校では、「世界で生きる学力と教養を身に付けよう」「多様な表現やコミュニケーション能力を育もう」「知・心・身体のバランスを大切にして成長し続けよう」「多様性の意義を認識するとともに、寛容性・耐性(トレランス)を育もう」といった教育目標が掲げられています。

非営利教育財団法人である国際バカロレア機構が提供する教育プログラムである、IB教育を取り入れているという特色もあります。

明治学院中学校

東京都東村山市に設立されている「明治学院中学校」は、男女共学制の私立中学校です。偏差値は51で、私立中高一貫校でもあります。

明治学院中学校では、「キリスト教に基づく人格教育」を教育理念としています。「実力人(自らの能力を人々のために役立てる人」「道徳人(神や人を愛することができる人」「世界人(広い視野と行動力を持つ人)」という3つの人格の育成に力を入れていくという教育目標を掲げています。

明治学院中学校では、「ホームステイ」や「1年留学」などの国際交流にも力を入れているようです。明治学院中学校では、異文化の価値観を学ぶこともできるでしょう。

中学受験の偏差値が40台の学校の特長・教育方針

それでは、最後に偏差値40の学校にはどういったものがあるか見ていきましょう。あくまでも中学受験における偏差値という区切りで40台なだけで、特長豊かな学校も数多く存在します。

中学受験はもともとのレベルが高いため、「うちの子は偏差値50よりも下の学校なのか・・・」と考える必要はありません。むしろ、中学受験においての偏差値40の学校は全国的な中学校においては偏差値が高い学校だと言えるのです。

大妻中野中学校

それではまず、偏差値40台の学校として「大妻中野中学校」が挙げられます。大妻中野中学校は東京都中野区に設立されている、私立の女子校です。偏差値は49を誇る、私立中高一貫校でもあります。

大妻中野中学校では、「恥を知れ」という一風変わった校訓を掲げています。この校訓は、自分に向けて「恥ずかしい行為はするな」という意味を込めて掲げられた教訓です。

そして、大妻中野中学校は、「学力の向上」「躾の徹底」「豊かな情操の調和」という3つの要素を大切にした教育を行っています。社会に出ても活躍できるような女性の育成を目標に教育を行っているのです。

郁文館中学校

東京都文京区に設立された「郁文館中学校」は、男女共学制の私立中学校です。郁文館中学校は偏差値48を誇る、私立中高一貫校でもあります。

郁文館中学校は、「子どもたちの幸せのためだけに学校はある」という教育理念を掲げています。生徒一人ひとりの幸福に重点を置いた教育が、郁文館中学校の特長です。

郁文館中学校では、生徒自身が積極的に学ぶことができる授業である「アクティブラーニング」を取り入れています。そのため、「自ら積極的に知識を養う」「物事を深く考える」「社会との関わりを大切にする」ということが、郁文館中学校の最大の強みとなっているのです。

日本大学豊山中学校

東京都文京区に設立されている「日本大学豊山中学校」は、私立の男子校です。日本大学豊山中学校は偏差値46を誇り、私立中高一貫校でもあります。

日本大学豊山中学校では「自主創造」という教育理念を掲げており、「自ら学ぶ」「自ら考える」「自ら道をひらく」という3つの精神の育成を目指しています。

「校内英語スピーチコンテスト」「語学研修ホームステイ」「ケンブリッジ研修」などという、グローバルな教育にも力を入れているところも、日本大学豊山中学校の特長です。

玉川学園中学部

「玉川学園中学部」は、東京都世田谷区に設立されている私立の女子校です。玉川学園中学部は偏差値45を誇っており、併設型の私立中高一貫校でもあります。

玉川学園中学部では、「神と人とに愛される人に」という教育理念を掲げています。社会から必要とされるような、高い思考力と判断力を持った子の育成を目標としているのです。

学業はもちろんのこと、「カナダ研修」や「音楽祭」、「スキー学校」などといった多種多様な学校行事を行っているということが、玉川学園中学部の特長だと言えるでしょう。

麹町学園女子中学校

東京都千代田区に設立されている「麹町学園女子中学校」は、私立の女子校です。麹町学園女子中学校は偏差値44を誇っており、私立中高一貫校でもあります。

麹町学園女子中学校では、「自分の人生を自ら豊かなものにすることができる女性の育成」を教育目標として掲げています。

成長段階によってコース分けされている「コース制」を取り入れていることが、麹町学園女子中学校の特長です。コース制を取り入れることで、生徒それぞれの目標をスムーズに達成できるようになっています。

駿台学園中学校

「駿台学園中学校」は、東京都北区に設立されている男女共学制の私立中学校です。駿台学園中学校は偏差値42を誇り、併設型の私立中高一貫校でもあります。

駿台学園中学校では、「個性」「調和」「貢献」という3つの要素に重点を置いた教育を行っています。

駿台学園中学校は、海外研修といった国際教育にも力を入れていることが特長です。また、滞在地にはヨーロッパを選んでいるということも大きな特長のひとつだと言えます。ヨーロッパを選んでいる理由は、現代社会を作ったのはヨーロッパだと考えているからです。

そのため駿台学園中学校では、より本質的な国際教育を受けることができるでしょう。

東邦音楽大学附属東邦中学校

東京都文京区に設立された「東邦音楽大学附属東邦中学校」は、男女共学制の私立中学校です。東邦音楽大学附属東邦中学校は偏差値40を誇っており、私立中高一貫校でもあります。

東邦音楽大学附属東邦中学校では、生徒の調和の取れた人格の育成や基礎的な学力の向上を教育目標として掲げています。また、生徒の能力に合わせた音楽実技なども授業に取り入れていることが、東邦音楽大学附属東邦中学校の特長です。

「音楽芸術研鑽の一貫教育を通じ、情操豊かな人格形成を目途とする」という建学の精神を掲げている伝統的な音楽学校だとも言えるでしょう。

中学受験偏差値まとめ

いかがだったでしょうか。中学受験における偏差値ごとの学校について、ご紹介して参りました。お子様にぴったりな学校が、もしかしたら見つかったという方もいらっしゃるのではないでしょうか?

中学受験という壁を頑張って乗り越えることができれば、楽しい中学におけるキャンバスライフが待っています。お子さんの人生はまだまだ始まったばかり、お子さんの受験勉強を上手にサポートしていけたら良いですね。

目次