中学受験を社会で成功させるためのスタディアップ教材はこちら

中学受験 願書の志望動機の書き方と例文をご紹介

中学受験願書の志望動機例文

中学受験を受ける場合に必ず必要になるのが「願書」です。願書の作成は、項目に従って記入していけば良いので難しくはありませんが、中には「志望動機」を記入する欄を設けている中学校もあります。

志望動機は他の項目と違って、ちょっとした文章を考えなければならないため、インターネットや本などに掲載されていた例文を参考にして、志望動機の文章を記入する親御さんも多いのが現実です。

インターネットや本に掲載されているような「例文を参考にする」ということ自体は、決して悪いことではないのですが、「たまたま目についた情報をそのまま鵜呑みにしてしまう」というのは、少し考えものです。

なぜかというと、志望動機の例文を参考にし過ぎてしまうと、枠に嵌った面白みのない文章になってしまう可能性があるからです。つまり、目立った個性がない志望動機、テンプレートのような志望動機になってしまうということです。これでは、願書を見る中学校の先生方としても、あなたのお子さんのことが、先生方の中で印象に残らない可能性があります。

この記事では、そうならないように、あくまでも願書の志望動機を書く上で、参考にできる情報はしっかりと掲載しつつ、ご覧になっていただいた方それぞれのオリジナリティーある志望動機に仕上げられるような内容にしてあります。

中学受験の入学願書には、大きく分けて一般的な事実だけを書く欄と、中学受験生自身の思いを書く欄の二種類の欄に分けられます。つまり、住所や氏名などは一般的事実の事項、志望動機や自己紹介などは、受験生の思いを書く欄になります。そこで、ここでは志望動機についてどのように書けばよいのかについてご紹介したいと思います。

多くの受験生にとって、受験の対象である中学校に、単に合格することだけを考えがちになりますが、この志望動機が明確になっていればこその中学受験だと言えます。お子様にとって長い人生の最初の節目に当たる中学受験です。今一度、その中学への志望動機を明確にしておくことが将来に役立ちます。

なぜその中学校に入学したいのかという大命題について、受験を前にして、再認識する良い機会にもなります。志望動機が漠然としすぎていると、上手く文章にできない場合や書けても意味が通らない散漫な文章になったりする場合が多いようです。

また、願書に書く文章ですので、ある程度のテクニックが必要になります。ここでは、中学受験の願書に書く志望動機にはどのような内容を書けば良いのかを例文を交えながらご紹介したいと思います。

志望動機の再認識

多くの受験生にとって、どうしてその中学校を受験するようになったのか。あるいは、どうして志望したのかについて再認識してもらう必要があります。

多くの場合、学力から逆算してランクやレベルに合わせて受験校を決めることになります。しかし、それだけでは無いはずです。簡単には、将来へのステップアップのためや校風が明るいと言った理由が志望動機になっているはずです。

また、そうした内容を願書の志望動機として文章にしてもうまく書けるものではありません。そのため、ご父兄が子様と一緒になって考えてあげる必要があります。

志望動機に先付け、後付けの区分はありません。自分の学力に見合った中学校で良いところや魅力を感じるところをピックアップし、志望動機としてみるのも一つの工夫になります。

入学願書の準備

中学受験では受験説明会がほぼ全ての学校で開催されます。その時に学校関係者である教職員の方々や校長先生又は理事長などの偉い先生方も登壇されるケースもあります。受験を希望するお子様をお持ちのご父兄であれば必ず参加されますので、この機会を外すことの無いようにして下さい。

また、この時に入学願書が配布されます。できれば二部頂いておくことをお勧めします。提出用と下書き用の二種類とするだけでなく、お子様用とご父兄用の二部という意味でも複数取り置きしておくことが大切です。

複数校を受験されるお子様の場合、それぞれの入学案内や願書が散逸しないように、バインダーやクリアファイルに整理しておくと良いでしょう。バラバラだと、どの学校の願書かが分からなくなってしまいますので注意してください。

多くの中学受験の受付は12月下旬頃から1月にかけて行われます。そのため、スケジュールを逆算しておくことも大切です。願書への記載は、できるだけ早く済ませておくようにします。受付期間は、そんなに長い期間設定されていません。慌てることなくじっくりと作成することで余裕をもって臨めます。

なお、入学願書はWeb上の中学校のホームページからも取り寄せできる学校が殆どですので、万一説明会に参加できなかった場合でも大丈夫です。

そのため、受験の有無にかかわらず気になる学校の願書も取り寄せてみるのも良いかもしれません。多くの学習塾や進学アドバイザーの方々の中には、「積極的に色々な学校の願書を取り寄せ、受験するかしないかに関わらず願書を書きましょうと勧める場合があります。

確かに、安心感という点や万一の事件、事故で入学できなくなる場合を考えれば、その方が良いと思います。しかし、以下に詳しくご紹介しますが、志望動機を書くという点に絞れば、無駄な作業になる可能性もあります。

また、数が多くなればなるほど、その魅力が錯綜してしまう可能性があり注意してください。結果、あまりに多くの学校から願書を取り寄せても、読まずに終りゴミが増えるだけになる場合なども漏れ聞きます。お子様やご家族にとって適度な数校に絞ってみて下さい。

志望動機・志望理由の書き方

次に、いよいよ願書の作成に入ります。特に上にも述べました一般的事実事項以外の箇所が重要になります。そこで、受験生の思いを受験校に伝える最大の要素である「志望動機」を上手に書く方法を具体的な例文を挙げて、ステップ1~4に分けてご紹介します。

ただし、この欄が非常によく出来ても合否判定にはほとんど影響しないのでご注意ください。

志望動機の書き方 ステップ1

まず、その学校を受験してみようと思った理由を箇条書きにします。取り寄せた入学案内のセットには必ずその学校の案内書が入っています。Web上でも公開されている場合が多くあります。

その中から自分にとって魅力ある部分を拾い出すのです。この「自分にとって」はあくまでも受験生にとってということになります。

中にはご父兄の方が魅力を感じてしまい、受験生ご本人の意向とは無関係に進めてしまうケースが散見されますの注意してください。

魅力部分の書き出し例

「A校:交通が便利、校庭が広い、〇〇のクラブ活動がある・・・」

「B校:教育方針に共感できる、校外学習が多い・・・」

このように、学校ごとに受験生である子供が魅力と感じるキーワードを列挙します。こうすることで、その学校のどこに魅力を感じたのかが一目瞭然になります。

ただし、よくここで時間をかけてしまうのが、悪い部分、つまりデメリットを挙げてしまうことです。あくまでもここでは願書の志望動機を書くための作業で、デメリットは不要です。

デメリットを書きだしてしまう例

「A校:学校まで遠い、運動場が狭い、自分の好きな〇〇クラブがない、・・・」

「B校:先生が厳しそう、高校受験に不熱心・・・」

これでは、志望動機が書けなくなってしまいます。受験生の子供にとってデメリットも検討することは大切なことですが、それは志望校を選定する際に行ってください。

志望動機の書き方 ステップ2

箇条書きに列挙した学校の魅力やお気に入りポイントを、それぞれに文章化して行きます。この時、他校と混同してしまい、矛盾した内容や誤った動機を作成してしまう可能性がありますので注意してください。

誤りやすい特色の一例

「A校には、化学クラブが無く、英語クラブがある」

「B校には、化学クラブがあり。英語クラブが無い」

これを文章化する場合、逆に書いてしまったりします。その学校のことを十分に理解しておくことが大切で、十分確認した後に記載するようにしましょう。

志望動機の書き方 ステップ3

では、いよいよ文章化になります。文章化には注意すべき点がいくつかあります。文書化では、書き出したメリットやお気に入りの点など全ての要素を書く必要はありません

よく書かれる内容は、その学校独特の行事や慣行に着目してそこに魅力を感じたという内容が多いようです。あまりにも外形的な理由を書くことは避けた方が良いでしょう。

つまり、校庭が広く綺麗だとか、校舎の中にエレベーターが設置され昇降に便利だとか、あるいは新校舎が素敵だとか言う内容は避けましょう。これらは、志望動機として進んで書く内容ではありません。やはり、その学校の本分である教育という視点から志望動機を書くべきでしょう。

一方、大学の付属中学などの場合、最終的にその大学に進学したいからという理由を書かれる場合もあります。この場合、ご父兄のご意見が多いようですが、その大学の何が良いのか、なぜその大学を目指すために中学校から進学するのかを明確に書く必要があります。

志望動機の書き方 ステップ4

下書きで志望動機が書けましたら、ご父兄が読んでみるステップです。お子様の書いた内容を今度はご父兄がお子様の立場に立って読んでみることです。

この時には、お子様の思いをくみ取ってあげることや以下の例に示すような否定的な意見を言わないことが大切です。

ありがちなご父兄の否定的な意見例

・「こんな書き方じゃダメだ!もう一度初めから書き直しなさい!」

・「なんで、こんな書き方になるの!?これじゃ合格する訳がないわよ!」

など、受験生でなくとももう書きたく無くなるような意見は特に禁物です。

ご父兄が見てあげるのは、誤字脱字から始まり、表現が間違っていないかや文章の前後関係に整合性がとれているかを見てあげることに重点を置いてみてあげてください。

志望動機の例文1

では、具体的な書き方の例文をいくつか上のステップの内容に即してご紹介しましょう。列挙した魅力的な部分について、全てを見直します。その結果、下記内容が最も気に入った内容だったとしましょう。

  1. 生徒たちに笑顔が多い(説明会の時に見た)
  2. 色々なクラブ活動がある(パンフレットに書いてあった)
  3. 広いグランドで伸び伸びしている(実際に見た)
  4. 高校への進学に優れている(パンフレットに書いてあった)

この場合の志望動機の書き方の一例を以下にご紹介します。

「私(僕)が、この中学校の説明会に参加した時に、在校生の皆さんが楽しそうに朗らかに登校している姿を見ました。私(僕)も先輩の方々と同じように楽しく当校できる中学校に通いたく思い志望しました。挨拶や会釈など、先生方の教えが行き届いている感じがして、爽やかな感じがしました。私(僕)は、サッカーをします。そのため、説明会場の講堂の横に広がる広いグランドを見た時、思いっきりこのグランドを走ってみたいと感じました。そんな、〇〇中学校にぜひ入学したいです。」

ここでのポイント

まず、魅力と感じる項目の取捨選択が必要です。例文を読んでいただければお分かりのように、列挙した要素の②と④について本文には盛り込んでいません。

②は、具体的な志望動機として理解してもらうにはやや難しい内容になります。どのクラブに興味があるのかが分からなくなってしまいます。

④は、あからさまに高校受験への踏み台としか感じていないと捉えられてしまいそうです。

結果、①と③を盛り込んでいます。さらに、難漢字という漢字は使っていません。「挨拶」「会釈」「朗らか」「爽やか」とやや難しい漢字がありますがこの程度であれば問題はありません。

志望動機の例文2

次に、やはり受験生やご家族の方々が本音で考える志望理由があるはずです。それを箇条書きにした例について、どのように書けば良いのかを例文を交えてご紹介します。

  1. 有名難関高校への進学が盛ん(パンフレットに記載)
  2. 大学まで一貫した教育で余裕のある毎日(本音)
  3. 少数精鋭の生徒指導(説明会やパンフレット)

「私(僕)の場合、この中学校に入学し最終的に〇〇大学にまで進学することが夢です。そのためには、どうしてもこの中学校で勉強し、その夢が叶うようにと志望しました。また、入学人数が少数に限られ、少人数の生徒しか1学年に在籍していない学校で、より広く深く各科目の勉強ができると思いました。その成果が進学実績にも表れていると思います。私(僕)の夢の実現のために、精一杯頑張って勉強に励める雰囲気や環境を与えて下さる〇〇中学校に是非入学したいです。」

ここでのポイント

大学進学までの壮大な夢のスタートをこの学校に掛ける思いが切々と感じられると思います。

受験戦争や偏差値競争等の比較的ネガティブな文脈になりそうなテーマですが、ここでは、それを逆手に取った、実感溢れる志望動機として書かれています。多くの受験生の心のどこかには、異口同音に同じような思いがあるはずです。

志望動機の例文3

中学校受験の場合、ご父兄に対してその志望動機を書かせる学校があります。ご父兄のご理解のもと、なぜ子供を受験させ入学させようとしているのかを尋ねる場合です。そのような場合、ご父兄が書かなければならない時の例文を紹介しましょう。

  1. 家から安全に通学できる(説明会の時に確認)
  2. 多くの優秀な人材を輩出している。(パンフレット)
  3. 息子(娘)の性格に合った教育をしてくれそう。(教育方針から)
  4. 行事に参加経験あり(文化祭など)

「私共の息子(娘)〇〇に、貴校の校風や学習方針などに従った中学生活を送らせたく志望いたしました。本人も貴校の催す文化祭や各種学習会などに参加した経験もあり、大変魅力を感じています。また、自宅からも安心して通学させることができ安心しています。さらに、貴校をご卒業になられた著名な方々がそれぞれの道で優秀な実績を収められていると仄聞し、わが子にも明るい将来の礎にもなる貴校での学校生活を希望し志願しました。」

ここでのポイント

やや硬めの表現で例示しました。ここでの例示以外にも、ご親族やお知り合いの方に卒業生や在校生がいたりする場合には、ここで書くことになります。

一方、学校によれば別欄でその旨を書くようなフォーマットになっている願書もあります。

この例文では、やや盛沢山な感じがしますが、短文で父兄の思いを伝えるという面では十分に伝わる内容になっていると思います。また、硬めの文章ですので、漢字もやや難しいものを使いました。

ご父兄が書く場合のワンポイントアドバイス

ご父兄が志望動機を書く場合、その中で頻出する単語についての使用法に対してワンポイントアドバイスを以下にご紹介します。

(1)「御校」と「貴校」

「御校(おんこう)」は話し言葉で使う単語で、志望動機を文章にする時は「貴校(きこう)」と書きましょう。

なお、「貴学(きがく)という表現がありますが、これは大学校を指しますので、中学では使用しません。

(2)「~しております。」と「~しています。」

両者とも使用可能ですが、「~しております。」の方が堅苦しいイメージになり、一般的には「~しています。」が妥当だと思われます。

なお、文章には「だ、である」調と「です、ます」調がありますが、必ず「です、ます」調で書いてください。

(3)「愚息」の表現

自身の子供を謙譲的に「愚息(ぐそく)」という単語を使う方がおられます。

しかし、志望動機欄に書く文章の中に使用する単語としては違和感があります。

一般的には、「息子〇〇は、」とか「娘〇〇は、」というような書き方が一般的です。

(4)下書きを再確認

お子様が書く時と同じく、ご父兄が書く場合でも下書きを再度見直すことをお勧めします。

できれば第三者の方に読んでいただくことが良いと思いますので、通われている学習塾の先生に見てもらうのも一案です。

まとめ

以上、中学受験の願書に書く志望動機の書き方について各ステップに分けてご紹介し、さらに例文を上げました。このほかにも色々な志望動機があり、その内容によって志望動機の書き方も大きく異なってくるかもしれません。

しかし、ここで書きました書き方の流れだけはしっかりと理解しておくだけで、比較的容易に書けるようになります。

「子供が中学受験をする」という親御さんも多くいらっしゃるかと思います。それはやはり、「中学受験を受けることが子供にとって良いことである」という、何らかのメリットを感じているからだと思います。

中学受験は、今後の人生を左右するほどの大きなもので、少なくとも中学校から高校までの6年間の学校生活を大きく左右するものですから、親御さんとしても一生懸命サポートして、中学受験を成功させましょう。

ABOUT US

スタディアップ代表
群馬県生まれ、広島県育ち。愛光高校、慶應義塾大学商学部卒業。中学受験 社会科専門塾「スタディアップ」代表。集団授業の社会ライブ講義や、家庭学習で社会の成績を効率良くアップさせる講義CDなどの教材開発、通販を行い、年間2,000名以上の受験生と関わる。

主な著書に『中学受験は社会で合格が決まる』(講談社)、『中学受験“社会”合格への家庭内戦略 』(小学館) などがある。現在創業13年で、その実績はNHKなどのTVや、プレジデントFamilyなどの雑誌等でも多数紹介されている。