中学受験を社会で成功させるためのスタディアップ教材はこちら

中学受験 願書の写真は意外と重要である

中学受験願書の写真

中学受験のために提出する願書に貼る写真にも気を付ける必要があります。写真というものは、書いている字や文よりも一番に目が行く所ですから、特に気を遣う所でもありますし、選考にも影響してきます。

 

単純にどういった所から気を付けたら良いかと言いますと、値段が安い、手軽に出来るという理由でインスタントの証明写真を使用しない方が良いでしょう。インスタントの証明写真は光がうまく調整できないために、写りが暗くなったり、変な影が出来てしまったりします。なので、相手にも暗い印象を与えてしまう恐れがあるのです。

 

では、どうしたら良いかと言いますと、プロの写真家に頼みましょう。プロと言っても街の写真屋や写真館の事で、特別な事ではありません。少し費用は掛かってしまいますが、納得できる写真を撮って貰えます。プロに依頼するメリットとして、綺麗に撮れる事も大きいですが、自分が納得いくまで撮り直しが可能で、カメラマンの腕も信頼できますから、相手に良い印象を与えられる暖かい写真を撮って貰えるでしょう。

 

それにインスタントの証明写真にないネガがありますから、後で再利用したり、焼き増しをしたりと何かと便利になります。写真だけなのに、この二つには大きな違いがありますから、費用や手間を考えてみて、最善の選択をして下さい。

 

また写真の出来以外にも気を付けたい所はありまして、写真を撮る時の髪形や表情や服装になります。特に髪形は相手に与える印象を大きく変えさせますので、髪の毛が顔に掛からないようにして、明るい表情で写真を撮って下さい。

 

一番証明写真でダメなのは、暗い顔になる事なので、意識しておいて下さい。写真を撮る時の服装ですが、濃い色のしたスーツで撮るのが良いでしょう。理由としては、顔とのコントラストをハッキリさせるのに有効だからで、カラーであろうとモノクロであろうと、有効な技術になります。

 

表情の方は、鏡で顔確認するのも良いですし、プロに頼むとそこら辺は上手くやってくれるでしょう。このように中学受験のための願書の写真にも気を遣う必要があります。写真一枚だけの事ですが、これ一枚だけで印象が随分と変わります。少しでも中学受験に合格する確率を上げるためにも写真一枚にこだわる価値はありますし、やっておいた方が良いでしょう。

ABOUT US
『中学受験において社会こそがまず最初に固めるべき教科であり、いかに社会を早めに仕上げることこそが合格につながる戦略か。』その理念のもと、野村恵祐が立ち上げ、代表を務める日本で唯一の中学受験 社会科専門塾。 授業形式のライブ講義や、家庭学習で効率良く社会の成績をアップさせるような講義CD・テキストなどの教材の通販も行っている。現在は創業13年で、その実績はNHKなどのTVや、講談社・小学館などのメディアでも多数紹介されている。