中学受験の願書・受験票の証明写真、いつどこで撮る?服装や髪型は?

中学受験の願書の写真

中学受験の願書が届くと真っ先に準備していただきたいのは写真です。写真は子供の表情や自信を写す重要な役割を果たします。受験先の学校側からしても写真写りが良い学生に対して好印象を抱きやすいでしょう。

今回の記事では中学受験で使用する証明写真についてポイントや注意点を詳しく解説していきます。

目次

中学受験の願書・受験票用の証明写真はいつ撮る?

結論から申し上げると、受験当日から3ヶ月以内に撮影するのがいいでしょう。しかし学校によって異なるので募集要項を確認してから撮影してください。大半の場合は3ヶ月以内と指定されているので問題ないと思います。

あまりに意気込んで、1年前や半年前から撮影するのはやめましょう。指定サイズもありますし、成長期の子供にとっては容姿に大きな変化があるかもしれません。

証明写真はどこで撮るのが良い?

証明写真をどこで撮影するのか悩んでいる人が多いと思います。写真館、スピード写真、スマートフォンのアプリ色々撮影する方法があると思います。ここではそれぞれのメリット、デメリットについて解説していきます。

近所の写真館

「そこまでかしこまって撮りたくはないけど、なるべく良い写真を用意したい」という人は、近所の写真館がオススメです。

近所の場合だと忙しい受験期のスキマ時間を利用して気軽に行くことができます。また近所付き合いがあれば割引などのサービスをしてくれるかもしれません。

写真館は写真の専門店だけに、どのような角度でどのような表情で撮れば良い写真が出来上がるか熟知しています。その分安心して任せることができます。また撮影した写真をCD-ROMやUSBなどの電子データなどにして渡してくれることがあるので、複数の学校を受験する場合、撮り直す必要がないので便利です。

デメリットとして近所であるが故に、受験することが周りにバレてしまうことがあります。受験することを周囲に伝えている人は問題ありませんが、受験をしていることを周りに知られたくないという子どもや保護者の方も多いと思います。そういった方は近所の写真館はオススメできません。

有名な写真館

基本的には近所の写真館と大きな違いはありませんが、有名な写真館だと中学受験用の証明写真を撮り慣れている場合が多いです。撮り慣れている分色々とアドバイスを貰えたり、受験に合わせた撮影をしてくれるかもしれません。また近所の写真館とは違い、周りに受験がバレることもありません。

「ちゃんとした写真を用意したいし、周りに受験していることがバレたくない」という人は有名な写真館で撮ることをオススメします。

デメリットとしては、気軽にいけない、移動に時間がかかってしまうことぐらいです。

スピード写真

「早く、安く済ませたいし、写真にはあまりこだわりがない」という人はスピード写真で撮影することをオススメします。スピード写真はどこにでもあるので、探す必要もありませんし、買い物ついでや、学校、塾の帰りに手軽に撮ることができます。

スピード写真では背景の色を変えられたり、肌質の補正もできます。また写真データをスマートフォンに保存することもできます。

私自身は中学、高校、大学受験の証明写真は全てスピード写真で撮影しました。特に指摘を受けませんでしたし、周りのほとんどの人達がスピード写真で撮影してたみたいです。

スピード写真で撮影する際は、白いハンカチやノートなどを膝の上に置いて撮影すると、レフ版代わりになって顔の写りが良くなるみたいです。

デメリットとしては、写真館で撮影するよりも綺麗に撮れないということです。プロに撮影してもらうのと、機械に撮影してもらうのではやはり差が出てしまいます。

スマートフォンのアプリ

正直スマートフォンのアプリで撮影するのはあまりオススメできません。どうしても写真を撮りに行ける環境がない場合の最後の手段として考えてください。

スマートフォンのアプリで撮影する場合は、ライティングに気をつけてください。光が当たりすぎても、当たらなさすぎてもダメです。ライトで軽く照らしながら撮影することをオススメします。私自身、アプリで証明写真を撮影したことがありますが、ライティングに苦戦しました。何度も撮影し直すことができるので、便利でしたが、正直アプリで撮影するならスピード写真を利用した方が早かったと思いました。アプリで撮影して、自宅で印刷して、サイズに合わせて切る

手間が非常に面倒くさかったです。

願書用の写真撮影をする時の服装や髪型

高校、大学受験の場合は、学校の制服でいいのですが、中学受験の場合は制服がないことが多いので悩むと思います。男子と女子でも服装や髪型の違いや眼鏡の有無についても悩むと思います。ここではそれぞれのポイントを解説していきます。

女子の場合の服装

もし小学校の制服があるなら、それを着て撮影するので問題はありません。制服がない場合は紺色もしくは黒色のジャケットや白のYシャツがオススメです。とにかく柄物ではなく白、黒、紺色のどれかにするのが良いでしょう。無地の場合はシワが目立つので、シワに注意しましょう。

Yシャツにベストを着るのがオススメです。また撮影の時に使用した上着は受験当時や学校説明会にも来ていけるので、あまり安価のものを買うのはオススメできません。

女子の場合の髪型

基本的にはいつもと同じ髪型で大丈夫です。髪長い子は2つに分けたり、三つ編みにしたりして顔が隠れないようにしてください。輪郭が見える髪型の方が明るい印象を与えるのでオススメです。

前髪は必ず目にかからないようにして、髪を結ぶゴムは黒か紺色を選ぶと自然に見えます。

また写真は当日の本人確認として使われるので、試験当日の髪型の雰囲気からあまりかけ離れない髪型にしてください。

男子の場合の服装

男子の場合も小学校の制服があるなら、それを着て撮影してください。制服がない場合は、女子と同様紺色もしくは黒色のジャケットや白のYシャツがオススメです。男子の場合は無地のポロシャツでもいいと思います。無地の場合はシワが目立つので、シワに注意しましょう。

また男子の場合はネクタイをすると引き締まった雰囲気が出てます。

男子の場合の髪型

男子の場合はあまり注意する点がありません。普段の髪型で撮影すればいいでしょう。ただし前髪が長く目が隠れている場合は切るか、左右のどちらかに髪を流すかして、目が見えるようにしてください。また寝癖や髪の毛のハネなどはきちんと整えて清潔感を出すように心がけてください。

眼鏡をつけている人は眼鏡で撮影

普段から眼鏡をつけている人、受験当日眼鏡をかける予定の人は、撮影する時は必ず眼鏡をつけてください。写真で受験当日、本人確認をするときにトラブルを避けるためです。眼鏡着用の有無で、雰囲気が変わってしまいます。

撮影前後に気をつけたいこと

必要枚数

受験する学校数によっても大きく異なってきますが、受験する学校数プラス3枚くらいは多めに用意しておくことをオススメします。受験票にうまく付かなかったり、切る大きさを間違えてしまったりした時に予備の写真がなかったら大変です。また多めに持っておくことで別の機会に使えるかもしれません。

撮影日付

学校によっては「最近3ヶ月以内に撮影したもの」などの指定があります。ですのであまりに早く撮影しに行くのはやめましょう。学校の募集要項をしっかりと確認してから撮影しに行くようにしてください。

写真のサイズ

写真のサイズは学校によって異なります。ですので志望校の願書の写真サイズを十分に確認してから撮影するようにしてください。

早めに予約する、写真館に要望を明確につたえる

写真館で撮影する場合はできるだけ早めに予約するようにしてください。受験期になると中学受験以外にも高校、大学受験もあります。もしかすると予約が取れない場合が出てくるかもしれません。最低でも1ヶ月前には予約しておくことをオススメします。また予約の時には出来るだけ、要望を明確に伝えるようにしてください。その際に服装や髪型などのアドバイスを貰えるかもしれません。

まとめ

  • 撮影は写真館やスピード写真がオススメ
  • 服装は白、黒、紺色の無地で柄物はNG、シワには注意する
  • 髪型はいつも通りで、顔の輪郭、目が隠れないようにする
  • 眼鏡をつけている人は、眼鏡をつけて撮影する
  • 撮影枚数は多めに
  • 写真サイズや日付は募集要項を確認する

願書の写真を見るのは、受験先の学校関係者です。学校関係者がみて不快に思わなければ、何の問題もありません。写真で合否は決定しませんが、好印象を与えるために写真は非常に有効です。受験当日にベストコンディションを持って来れるように保護者は普段の生活から子供を支えてあげましょう。

最後までご覧頂きありがとうございました。

目次