中学受験を社会で成功させるためのスタディアップ教材はこちら

中学受験における社会の暗記法

社会は用語、年号、人名、地名ととにかく覚える内容が多く存在します。
中学受験では歴史、政治、地理と覚える分野も他の教科に比べて多く、
単純に覚える範囲が多いため効率的な暗記法が重要となってきます。

ただ教科書を読んだり、問題集を解いたりするだけでは効率的とは言えず、
中学受験までの貴重な時間を浪費してしまうことになります。

ここではこれから中学受験を目指している方のために
効率的な社会の暗記法を説明したいと思います。

まず最初に問題集を解いても社会の点数は伸びません。

問題集は応用や記述式の問題もあり、
きちんとした理解をせずに解いても点数には繋がりません。

反面問題集をするとそれだけ努力した気分になり満足して
暗記が捗らなくなるため注意しましょう。

社会を勉強する上で重要なのは効率的な暗記法と言っても
短時間で丸暗記と言う事はできません。

短時間で覚えたことは短期間で記憶から薄れやすく、
肝心のテストの時になると忘れてしまうことが多々あります。

そのような事を防ぐには色々なことを関連づけて覚えると効果的です。
英語が苦手でも音楽が好きならば英語の曲を歌える子がいるように、
社会と言う分野の勉強を子供たちの好きな分野と関連づけて覚えると効率的です。

例えばある学校では社会の地理の授業に全国の「ゆるキャラ」を取り入れた所、
子供達は驚くほど短期間で全国の都道府県の場所と名物を覚えました。

このように子供は自分の興味のあることに対して驚異的な集中力を見せる為、
社会の暗記の際も子供の興味のある事柄を関連付けてみるといいでしょう。

ABOUT US

スタディアップ代表
群馬県生まれ、広島県育ち。愛光高校、慶應義塾大学商学部卒業。中学受験 社会科専門塾「スタディアップ」代表。集団授業の社会ライブ講義や、家庭学習で社会の成績を効率良くアップさせる講義CDなどの教材開発、通販を行い、年間2,000名以上の受験生と関わる。

主な著書に『中学受験は社会で合格が決まる』(講談社)、『中学受験“社会”合格への家庭内戦略 』(小学館) などがある。現在創業13年で、その実績はNHKなどのTVや、プレジデントFamilyなどの雑誌等でも多数紹介されている。