中学受験を社会で成功させるためのスタディアップ教材はこちら

難関校の中学受験 算数攻略法

出来ればいい中学校に行きたいと思っても、実際に難関校と呼ばれる中学校が
どんなレベルか知っている方は多くありません。

高校や大学に比べて中学受験は受験生の数が少ないため
余り浸透していないと言う方が正解かもしれません。

中学受験算数の難関校のレベルとは、どのようなものか考えてみましょう。

一般に中堅校・難関校といった分類は、高校、大学と同じく
偏差値によって分けられています。

大まかに分ければ超難関校の偏差値は60以上、難関校は偏差値50以上、
トップクラス校が偏差値49以下となっています。

トップクラス校であれば、中学受験算数で平均点を取れれば合格範囲内。
難関校のレベルとは、平均点以上でなければ厳しいレベルと言えます。

中学受験で出てくる問題は基本的なものが多く、ある程度の点数までなら
比較的簡単に取ることができます。
しかし中学受験、特に算数の科目は難関校に成る程、
難易度が高くなる傾向にあり、試験の数問は小学校で習う基本的知識をフルに
活用しないと難しい問題が出題されます。

実際に、そういう問題ほど配点が高くなっており、
この難問が中学受験のふるいになっているとも言えます。

中学受験算数を頑張っても
偏差値が上がらないと悩む人もたくさんいるでしょう。

他の人もそれなりに頑張っていますから、良い成績をおさめても
他の人も良い成績なら偏差値はかわりません。

偏差値は複雑な数値ですが単純に考えて、
偏差値を上げるには人と差をつけなくてはいけません。

そこで重要となるのが上記にあるような難問を如何に攻略するかです。
難問はふるいであるため、簡単には解けず、問題文やグラフ、
図を活用し、更にどの公式を使うかなど判断する能力がなければ解くことができません。

この難問を攻略することで、難易度の高い中学受験算数で
平均点が下がるような時でも、良い点が取れることです。

つまり、難関校レベルの学力とは、
中学受験算数で出題される基礎問題はもちろん
ミスすることなく、多くの人が答えられる問題を落とさない安定性に加え、

さらに難問をどれだけクリアできるかではないでしょうか。

特に算数はケアレスミスが多いため、試験時間を目いっぱい活用し、
見直し時間を確保し、難問に集中できる時間を作らなければいけません。

単純に公式をあてはめるだけではなく、公式をどのような状況で使うか理解し
時間配分を行えるかが、難関校の算数の試験では重要となってきます。

また他の教科の勉強も疎かにしてはいけません。
算数で差が出なかった場合、他の今日の合計点数がものを言うため
一教科にこだわらず全ての教科をまんべんなく勉強しましょう。

ABOUT US

『中学受験において社会こそがまず最初に固めるべき教科であり、いかに社会を早めに仕上げることこそが合格につながる戦略か。』その理念のもと、野村恵祐が代表を務める日本で唯一の中学受験 社会科専門塾。集団授業形式のライブ講義や、家庭学習で効率良く社会の成績をアップさせるような講義CD・テキストなどの教材通販も行い、年間に2,000名以上の受験生と関わっている。

なお、スタディアップの長年の実績に裏付けられた効果的な社会の学習法は、全国の受験生・保護者様から支持され、『中学受験は社会で合格が決まる』(講談社)、『中学受験“社会”合格への家庭内戦略 』(小学館) などの本が出版されたり、NHKなどのテレビや雑誌などのメディアなどにも数多く取り上げられ、注目を集めている。