中学受験を社会で成功させるためのスタディアップ教材はこちら

中学受験 理科に出てくる水溶液の性質

中学受験の理科の問題に出てくる水溶液の問題、
水溶液の名前だけではなくその性質までの理解が重要となってきます。

中学受験の理科の科目では10種類の水溶液の性質と名前を
それぞれ把握しておく必要があります。
しかし10種類の水溶液の名前と性質を網羅するのは難しく、
ある程度は暗記しても全て正解するのは難しく、点数が伸び悩む原因になります。

ここではそんな点数で伸び悩んでいる方のために、
中学受験の理科に出てくる水溶液の性質を説明したいと思います。

中学受験では中性、アルカリ性などの「液性」が問われる他、
電気を通すかや臭いの有無がなどの水溶液の性質が問われます。

これらは教科書や参考書を見ただけは暗記しづらく、
水溶液に溶けた溶質の名前と水溶液の性質の組み合わせを上手くかみ合わず、
このため問題をすべて正解するのは難しいといえます。

特に水酸化ナトリウムなど子供を悩ますややこしい性質と
名前を持つものがあり、中学受験する生徒の頭を悩ませます。

これらはただ練習問題を多く解けば覚えられるというものではなく、
丸暗記しても応用問題が出た場合、解けない可能性があるため注意しましょう。

10種類の水溶液の性質はそれぞれ語呂合わせや替え歌など自分の好きな物を
関連付けて覚えるといいでしょう。

替え歌や語呂合わせは既存のものを利用してもいいですが自分で作った場合、
歌詞を作るという創造的な思考は脳を活性化し、
過程が印象に残りやすいため自分で作ってみるのもオススメです。

理科の勉強で煮詰まったら、このようにアプローチを変えてみましょう。

ABOUT US

『中学受験において社会こそがまず最初に固めるべき教科であり、いかに社会を早めに仕上げることこそが合格につながる戦略か。』その理念のもと、野村恵祐が代表を務める日本で唯一の中学受験 社会科専門塾。集団授業形式のライブ講義や、家庭学習で効率良く社会の成績をアップさせるような講義CD・テキストなどの教材通販も行い、年間に2,000名以上の受験生と関わっている。

なお、スタディアップの長年の実績に裏付けられた効果的な社会の学習法は、全国の受験生・保護者様から支持され、『中学受験は社会で合格が決まる』(講談社)、『中学受験“社会”合格への家庭内戦略 』(小学館) などの本が出版されたり、NHKなどのテレビや雑誌などのメディアなどにも数多く取り上げられ、注目を集めている。