中学受験を社会で成功させるためのスタディアップ教材はこちら

帰国子女の中学受験とは?

帰国子女中学受験

帰国子女が日本の中学校に入学する事は珍しい事ではありません。しかし、受け入れ態勢を整えている日本の中学校は少なくて、あまりそういった学校がある事は、知られていません。

 

当然ですけど、一般の公立中学校に入学される事は多々ありますが、受け入れ態勢が整っている訳ではなく、入学する側も受け入れる側もそれなりの苦労がありますので、準備ができる学校の方が望ましいのです。どんな中学校であろうと帰国子女だからといって、断られる事はないですが、日常生活や勉強の事を考えた時に、準備が整った学校の方が良いでしょう。

 

特に公立ですと、一般扱いになるケースがほとんどになります。何故公立中学で一般生徒扱いされるのがダメかと言いますと、勉強の遅れが生じるからです。一部には、熱心に指導してくれる先生や責任感の強い先生がいて、遅れた所を特別に指導したり、補習したりと付き合ってくれる場合もありますが、そういった事例は稀なケースであり、自分だけで勉強するのは大変な事です。勉強についていくだけでも大変なのに、遅れも取り戻す必要がありますので、受け入れ態勢が整っていない学校に入学するのは、厳しいと言えるでしょう。

 

帰国子女と言っても海外生活の長さも関係していまして、すぐに日本に馴染めて、日本語や読み書きも大丈夫でしたら、公立でも問題はありません。しかし、そうでない場合は少し厳しい面がありますので、注意が必要です。授業についていけないと、勉強だけではなく精神状態にも影響してきますから、受け入れ態勢がある学校の方がお薦めになります。

 

勉強の事だけではなく、友達ができるのか、環境に馴染めるのかといった生活面もしっかりとチェックしてあげないといけません。受け入れ態勢がある学校では、たくさんの帰国子女の子供がいますので、特別に目立つ事も無く、自然と生活にも馴染んでいく事は可能です。その方が勉強にも安心して打ち込めますので、リラックスした環境で学校生活を送れる所に入学させてあげる方が良いのではないのでしょうか。公立にするのか、別の所にするのか子供とよく相談して決めて下さい。

ABOUT US

スタディアップ代表
群馬県生まれ、広島県育ち。愛光高校、慶應義塾大学商学部卒業。中学受験 社会科専門塾「スタディアップ」代表。集団授業の社会ライブ講義や、家庭学習で社会の成績を効率良くアップさせる講義CDなどの教材開発、通販を行い、年間2,000名以上の受験生と関わる。

主な著書に『中学受験は社会で合格が決まる』(講談社)、『中学受験“社会”合格への家庭内戦略 』(小学館) などがある。現在創業13年で、その実績はNHKなどのTVや、プレジデントFamilyなどの雑誌等でも多数紹介されている。