中学受験を社会で成功させるためのスタディアップ教材はこちら

中学受験のための塾で予習するためには

中学受験をする子供にとっては、学校の授業や勉強も大事なものになります。この授業の内容は、中学受験をする人にとっては、もう既に勉強している事が多いですから、ある意味一度習った所の復習にもなっているのです。ですから、一度受験勉強した所が合っているかどうかの御復習いとして、じっくりと確認するためにも学校の授業も大切な時間と言えるでしょう。

 

学習塾に通っている場合は、予習をしておくと、すんなりと頭に入ると思います。多くの所では事前にテキストが用意されていたり、先生が範囲を教えてくれたりと予習がしやすいようにしてくれる場合がほとんどになります。学校の授業と違い、随分と先の事を学ぶ事になりますから、予習するにしても難しい問題も多く、困っている子供が多いのは確かでしょう。そういった時は、素直に塾の先生に聞くのが一番だと思います。

 

もちろん親御さんがアドバイスしてあげるのも良い事だと思います。予習の仕方が分からなければ、頭に入って来ませんし、肝心な勉強時にも混乱してしまう可能性もありますので、分からない所は早めに聞くようにしましょう。

 

そもそも分からない部分も分からないといった事もあります。その場合には、テキストに印を付けたり、コピーしたりして、分からない部分をハッキリとさせておく事が大切で、何事にも工夫をして理解しやすいようにして下さい。

 

分からない時は、全てお任せにするのではなく、ちゃんとテキストを読んで、分からないなりに勉強しておいた方が、その後の理解に繋がっていきます。その方が、これからの学力向上にも繋がって行きますので、予習は、とても大事で必要な事では無いのでしょうか。

 

中学受験のための勉強で、難しい範囲も出題されますが、予習はとても大事です。予習が塾での学習での理解へと繋がり、それを自宅で復習する事で理解を深め、学校の授業で再確認をできますので、しっかりと流れで勉強できます。

 

また予習は、これから勉強するというやる気のスイッチにもなりますので、学習塾に通われている場合は、予習も重視しておきましょう。

ABOUT US

スタディアップ代表
群馬県生まれ、広島県育ち。愛光高校、慶應義塾大学商学部卒業。中学受験 社会科専門塾「スタディアップ」代表。集団授業の社会ライブ講義や、家庭学習で社会の成績を効率良くアップさせる講義CDなどの教材開発、通販を行い、年間2,000名以上の受験生と関わる。

主な著書に『中学受験は社会で合格が決まる』(講談社)、『中学受験“社会”合格への家庭内戦略 』(小学館) などがある。現在創業13年で、その実績はNHKなどのTVや、プレジデントFamilyなどの雑誌等でも多数紹介されている。